nifty

▼WINDS CAFE 告知文の記録

 2020年12月13日(日)に開催する WINDS CAFE 288【2.6人のハットーとねずみたち】は、東京都の一日の新規感染者数がまだまだ3桁であることを鑑み、通常の WINDS CAFE 開催時における「出入り自由」「イベント後のパーティー」を中止し、「完全予約制」にして、開催時の室内の人数を限らせていただきます。

 下記をよくお読みになってから、お申し込みください。


【ご予約のお申し込み方法】

1. メールでのみ受け付けます。
  このページの一番下にある「text by 川村龍俊 KAWAMURA, Tatsutoshi」をクリックして、
  タイトルを「WINDS CAFE 288 申し込み」とし、
  本文に「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を書いて、
  12月4日(金)午後7時以降に送信してください。
 ※その時刻より早く届いたメールは無効となります。

2. 万が一の事態を想定した場合の迅速な対応と情報提供のため、
  お申し込みは「1メールアドレスにつき、1名のみ」とさせていただきます。
 ※お名前・郵便番号・住所・電話番号が一項目でも記載されていないメールは無効となります。

3. 先着20名様までで締め切らせていただきます。


【ご来場時の注意事項】

1. 先着20名のお客様には、メールで、整理番号を明示した入場券を返送いたします(21番目以降のお申し込みメールにも返信します)。

2. 当日は受付で入場券を印刷した紙もしくは携帯端末画面でご提示ください。
  名簿と照合させていただきます。
 ※入場券のご提示がいただけない場合は入場をお断りすることもございます。

3. 当日はマスク着用を必須とさせていただきますのでご用意をお願いいたします。


 ……以上、しかつめらしいことがらを長々と書かせていただきましたが、コロナ禍の東京ではライブ会場をきちんと用意するための儀式って大変なんだなあ、要は飛行機に乗るようなもんだって思えばいいんだよね、と割り切っていただければ幸いです。

(2020年12月3日 WINDS CAFE 主宰 川村龍俊)



WINDS CAFE 288 in 原宿

【2.6人のハットーとねずみたち】



松本智勇(洋梨好き)


2020年12月13日(日) 午後2時半開場


カーサ・モーツァルト 東京都渋谷区神宮前1-10-23 3階
地下鉄「明治神宮前」出口5徒歩2分/JR「原宿」徒歩5分
http://casamoz.org/index.html

入場無料(投げ銭方式) 完全事前予約制・定員20名

14:30 開場
15:00 開演
16:00 終演予定


▼プログラム

1. 一人目のハットー〜二人目のハットー
2. 0.6人のハットー
3. セレンディピティーをもたらすねずみ


▼川村からひとこと

 さあ、今年も12月がやってきました。12月の WINDS CAFE は、恒例の、プレゼンテーションの魔術師・松本智勇さんの出番です。松本さんが作るプレゼンテーションは、人がパソコンとどこまで仲良くなれるのか、その限界を教えてくれる域に達しているといっても過言ではありません。

 さて今回のお題は、今年の干支(!)のねずみ???

 とはいえ、好きなものやことをお話しする松本さんがどのくらい愛にあふれたトークを展開するか、期待に胸が膨らむとはこのこと。趣味人の鏡にして粋人の羅針盤たる松本さんが見せ語り聞かせる内容はもちろん濃さ100%。

 ……そして、なんとなんと、今回は24年に及ぶ WINDS CAFE 歴の中でも、初めての方法で開催されます。実は、よんどころない事情により、この日、松本さんは会場へ足を運ぶことができないのです。すわ延期か中止、と思ったのも束の間、松本さんから配信ライブでの開催の是非を問われました。

 12月2日の深夜、遠隔地からの配信実験をカーサ・モーツァルトで行った結果、良好に接続できましたので、当日はこれまで通り、大スクリーンで松本さんの作ったプレゼンテーションを鑑賞できます。

 こうした方法で WINDS CAFE が実現できるのは、パソコンによるスライドという「出し物の形」が単に今どきのコロナ禍におけるライフスタイルにばっちり合っているからというだけではなく、松本さんが今日の通信環境を24年前から先取りしていたかのごとく精進してこられたからこそだと思います。あらためて、ただただその感性に感心するのみです。

 どうぞお楽しみに!


▼松本智勇さんからの手紙

 今年はたいへんな1年になりましたが、昨年末の時点ではそうなることは予想もつかず、呑気に来年の干支などをみていました。

 今年は(もうお忘れかと思いますが)ねずみ年、正月も2週間過ぎるとほぼ忘れ去れれてしまう干支ですが、なぜか気になっていました。

 ねずみでいろいろ調べてみると、そういえば「ハットーとねずみの塔」というドイツの昔話がありました。飢饉のときに民衆に食糧を与えるどころか小屋に閉じ込めて焼き殺してしまった、という極悪非道な司教の話です。

 年賀状の題材には向かないものの、話自体はとても面白く、ついつい深入りして調べていくといろいろ飛んでしまい、といったところを今年の WINDS CAFE ではとりあげたいと思っています。


▼プロフィール

●松本智勇(まつもと・としお):1963年長野県生まれ、川村幸子さんが羨む卯年。長岡技術科学大学大学院修了。医療関係の研究開発を行う。
WINDS CAFE では毎年12月に出演させて頂き、今年で24回目を迎えた。日本セヴラック協会会員。洋梨好き。令和2年度日本無機リン化学会技術賞受賞。



2020.12.14更新

text by 川村龍俊 KAWAMURA, Tatsutoshi home