旧 WINDS CAFE 会場 吉祥寺 WINDS GALLERY (1996.05 - 2006.12)

以下は WINDS CAFE の前史「音楽オフ」の第5回(1996年5月)から、WINDS CAFE 01(1997年1月)を経て、2006年12月の WINDS CAFE 120 まで、10年7ヶ月、全127回に渡って会場として使用してきた、板橋廣美氏の私邸である、東京吉祥寺の空中庭園 WINDS GALLERY の写真と地図、案内文書です。



 
左:このビルの最上階が WINDS GALLERY    右:内部 (写真は WINDS CAFE 36 の会場設定)

 
富士に沈む夕日が開場の合図



WINDS GALLERY とは、井の頭通り沿いにある、7階建てのオフィスビル風のコンクリートうちっぱなしのモダンな建物そのものの名前です。吉祥寺駅から徒歩約8分、ファミリーマートの次の角を越えたところです(地図でよくわからない方は、駅で「スーパーマーケットの紀ノ国屋」を尋ねてください。紀ノ国屋の一つ手前の信号の少し手前の左側になります)。ビルの1階はショーウインドー風のガラス張りになっていて、木工家具製品を扱う「THE NEST SHOP」というお店が入っています。その左が入り口です。ガラスの自動ドアになっていますので、それを入って、エレベーターで7階(最上階)まで上がってください。ドアが開くとそこが会場です。道路と建物入口に掲示を出します。


2006.12.13更新


以下は WINDS CAFE の12月レギュラー担当者、松本智勇さんによる、旧 WINDS CAFE 会場WINDS GALLERY の紹介です。写真も文章もすべて松本さんの手になるものです。


WINDS CAFE の会場は吉祥寺、井の頭通りにある Winds Gallery の7階、2001年までは270度の景観を見渡せる絶好のロケーションであったがすぐ隣にマンションが建ったためかなり損なわれてしまった。それでも天候に恵まれれば富士山をみることができる。特に11〜1月の日没と富士山が重なる光景は素晴らしい。ここで1996年5月から毎月(WINDS CAFE という名称になったのは1997年1月から)様々なイヴェントを開催してきた。ビルの設計者でもあるオーナーが陶芸家の板橋廣美氏なので彼の陶芸教室の作品展も開かれている。


エレベーターを昇って入口から入る。北側は井の頭通りに面している。脚が折り畳めるテーブル(6+1)、椅子(背もたれ有り約20脚、背もたれなし50ほど)をイヴェントにあわせて自由に配置させることができる。天井は構造材がむき出しになっているせいか音の反響を複雑にしている。もともと展示ギャラリーにできるよう設計されていて、天井にパネルやライトを固定するレールがあるので、壁面構成や照明をイヴェントに合わせてレイアウトすることが可能。右端に下の階へ行くドアがあり、6階はオーナーのペントハウスとなっているが、お手洗いや食べ物を用意する部屋として使ってもよいことになっている。着替えなども6階でできる。AV機器も一通り揃っている(WINDS CAFE 主宰の私物を置かせてもらっている)。イヴェントに必要で特殊なもの(16mm映写機や鍵盤楽器など)は出演者に準備してもらうことが多い。


やや北よりの西向き面は一面ガラス張りでかつては素晴らしい夕陽が射し込んでいた。シルエットは主宰する川村さん。中央やや左側がベランダになっていて富士山はそこから見える。天井にエアコンが設置されている。コンサートホールに対応した静音型ではないので季節がよければ音楽の演奏中は切ることがある。12月の経験からフロア全体を暖めるにはやや力不足で、冬は床の冷えが心配なところである。


開場前の一シーン


1999年12月(WINDS CAFE 36)の日没

2003.05.09記(松本智勇)

WINDS CAFE 開催場所変更のお知らせ

WINDS CAFE は、ご存じの通り、陶芸家の板橋廣美先生の私邸 WINDS GALLERY をお借りして、1997年1月から毎月1回、10年間休まず開催してまいりましたので、本年12月で第120回を数えました(その前史『音楽オフ』の第5回から数えると127回で、奇しくも最初の WINDS GALLERY 使用イベントと第120回は、松本智勇さんの案内でオペラを見る回でした)。

板橋先生のご厚意により、破格の値段と、自由な時間設定に加え、階下(6階)の備品や部屋までお借りしていました関係で、どんな企画であっても、これまで大きな瑕疵なく無事に運営することができました。これまで支えてきてくださった皆様には、あらためて御礼申し上げます。

さて、WINDS GALLERY は、本年(2006年)12月中旬より、事務所として恒久的にある方に貸し出されることが決定しました。

これも世の定め、いつかは終わる時が来ます。私は、WINDS CAFE は、あの吉祥寺の空中庭園あってこそと思っておりましたので、一時はこの12月をもって終了することも検討していました。しかし、場は人が育てるものとも言いますし、この機会にまたはじめから立ち上げてみようかと思い直しました。

私なりにいろいろ場所をしらべてみましたが、ご縁あって、建築家の藤村貞夫氏の私邸である「レンタルスペースSF」にて、来年(2007年)以降の開催が可能になりました。

吉祥寺から三軒茶屋へと場所が移っても、主宰や開催意図に変更はありません。

レンタルスペースSF
東京都世田谷区太子堂2-12-10


レンタルスペースSFは、東急田園都市線三軒茶屋駅北出口を右階段で出て、徒歩4分というすばらしいアクセスを誇ります。1階にあるため眺望は望めませんが、広さは WINDS GALLERY の約2倍。10m四方のフラットな空間に、謎のインナーガーデン付(実は屋上が庭園なのです)。天井はそれほど高くありませんが、これからオーナーの藤村氏と話し合いながら、おいおいに備品を揃えていきます。

2006.12.13記

text by 川村龍俊 KAWAMURA, Tatsutoshi