home

WINDS CAFE でお会いしましょう

WINDS CAFE とは、1997年1月から、川村龍俊が、音楽を中心に美術演劇映画などさまざまなジャンルの方々に企画していただきながら続けている、イベント+パーティーです。いわゆる「オフ会」ではありません。ご来場にあたって予約は必要ありません。基本的に入場料は無料、出入り自由で、パーティーでの飲食は参加者のみなさまからの差し入れを期待しております。

WINDS CAFE のコンセプトは、「好きなことやものを楽しんでいる人と一緒にいるのはなんて楽しいことだろう」です。出演を依頼するときには、このコンセプトを共有していただけることが条件になっています。

1997年1月にスタートした WINDS CAFE も、2020年には、ついに24年目を迎えることになりました。これも、ご来場いただいた皆様、そして企画してくださった方々のおかげです。吉祥寺・三軒茶屋・下北沢・西荻窪・等々力・四谷・新大久保・板橋・原宿・池上等、諸事情によってたびたび会場を変更しておりますが、主旨に変更はございません。2020年も素敵な企画をたくさんご用意してお待ちしておりますので、どうぞお誘い合わせの上、お運びください。

2020.6.30更新

次の WINDS CAFE は……  資料  チャリティー・オークション



次の WINDS CAFE は……

 7月19日(日)に開催する WINDS CAFE 283【ドメニコの喜怒楽の世界 〜スカルラッティ・プログラム〜】は、東京都の「新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ」におけるステップ3のガイドラインに従い、通常開催時における「出入り自由」「イベント後のパーティー」を中止し、「完全予約制」にして、開催時の室内の人数を限らせていただきます。

 下記をよくお読みになってから、お申し込みください。


【ご予約のお申し込み方法】

1. メールで、
  タイトルを「WINDS CAFE 283 申し込み」とし、
  本文に「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を書いて、
  7月3日(金)午後7時以降に
  このページの一番下にある「text by 川村龍俊 KAWAMURA, Tatsutoshi」をクリックして送信してください。
 ※その時刻より早く届いたメールは無効となります。

2. 万が一の事態を想定した場合の迅速な対応と情報提供のため、
  お申し込みは「1メールアドレスにつき、1名のみ」とさせていただきます。
 ※お名前・郵便番号・住所・電話番号が一項目でも記載されていないメールは無効となります。

3. 先着20名様までで締め切らせていただきます。


【ご来場時の注意事項】

1. 先着20名のお客様には、メールで、整理番号を明示した入場券を返送いたします(21番目以降のお申し込みメールにも返信します)。

2. 当日は受付で入場券を「印刷した紙」もしくは「携帯端末画面」でご提示ください
  名簿と照合させていただきます。
 ※入場券のご提示がいただけない場合は入場をお断りすることもございます。

3. 当日はマスク着用を必須とさせていただきますのでご用意をお願いいたします。


 ……以上、しかつめらしいことがらを長々と書かせていただきましたが、コロナ禍の東京では生演奏を聞く機会をきちんと用意するための儀式って大変なんだなあ、要は飛行機に乗るようなもんだって思えばいいんだよね、と割り切っていただければ幸いです。

(2020年6月30日 WINDS CAFE 主宰 川村龍俊)



● WINDS CAFE 283 in 原宿 ●

【ドメニコの喜怒楽の世界 〜スカルラッティ・プログラム〜】



上尾直毅(チェンバロ)

2020年7月19日(日) 午後1時半開場


カーサ・モーツァルト 東京都渋谷区神宮前1-10-23 3階
地下鉄「明治神宮前」出口5徒歩2分/JR「原宿」徒歩5分
http://casamoz.org/index.html

入場無料(投げ銭方式) 完全事前予約制・定員20名

13:30 開場
14:00 開演
16:00 終演予定


▼プログラム

ジュゼッペ・ドメニコ・スカルラッティ Giuseppe Domenico Scarlatti(1685-1757)
 ソナタニ短調  K. 9
 ソナタヘ長調  K. 6
 ソナタ変ロ長調 K. 550
 ソナタイ短調  K. 175
 ソナタニ長調  K. 511
 ソナタニ長調  K. 512
 ソナタニ長調  K. 119
 ソナタト長調  K. 104
 ソナタイ長調  K. 211
 ソナタイ長調  K. 212
 ソナタ嬰ヘ長調 K. 318
 ソナタ嬰ヘ長調 K. 319
 ソナタト長調  K. 337
 ソナタト長調  K. 338
 フーガト短調  K. 30


▼川村からひとこと

 上尾直毅さんには、2009年 WINDS CAFE 146 in 四谷【古楽バグパイプの愉しみ】で、近藤治夫さん率いるザ・ブリューゲル・バンドのバグパイプ奏者として初めてお目にかかりました。ある意味、上尾さんの演奏にバグパイプで出会ったというのは特殊なことかもしれません。そして、上尾さんのお話のおもしろいことといったら! この話術、もはや地球を紳士的に対話によってわがものにしようとした、かのメフィラス星人に匹敵すると思います(笑)。

 ご本人のすばらしい話しぶり(笑)に魅了され、企画をお願いしてかなったのが、2010年 WINDS CAFE 157【クラヴィコードによるC.P.E. バッハ・プログラム】、ついで2011年 WINDS CAFE 172【クラヴィコードによるスペイン黄金時代、そしてバッハへ】、更に2014年 WINDS CAFE 206【UEO×OOI モーツァルトの四手ソナタ】では、鍵盤の大魔神、大井浩明君のたっての希望により上尾さんとのクラヴィコード連弾が実現。そして2015年 WINDS CAFE 222【JJJJJJ「ドイツバロック、6人のヨハンたち」JJJJJJ(クラヴィコード編)】における天上の音楽の媚薬の魅惑の……。

 2016年 WINDS CAFE 236【イタリア初期バロック音楽とミーントーンと】では、なんと注文してできたてのチェンバロで演奏会をやろうという、これまた上尾さんらしいチャレンジングにしてすさまじい選曲。そしてチェンバロは塗装が間に合わず白木のまま(!)という、前代未聞のビジュアルなコンサートになりました(笑)。

 翌2017年 WINDS CAFE 248【「女王さまの命令」 〜ルネサンス期イギリス鍵盤音楽〜】では、無事に塗装が完成したチェンバロを搬入してのコンサート。やっぱりこうでなくちゃね、という安堵感とともに、前年のビジュアルを懐かしむ声もあったとかなかったとか(笑)。

 2019年 WINDS CAFE 273【プレリュードはお好き!?】では、バロックといえばこの人、ヨハン・ゼバスチャン・バッハの作品と彼に多大な影響を与えた作曲家によるプレリュードやトッカータなどをチェンバロソロでたっぷり2時間。

 今回はドメニコ・スカルラッティ一色という、またまたチャレンジングなプログラム。今回も長丁場をものともせずに弾きまくり語りまくる2時間になることでしょう。

 このコンサートは、元々4月19日の WINDS CAFE 280 になるはずの企画でした。今回は、コロナ禍による緊急事態宣言の発令によって中止になってしまったその回のリベンジです。完全予約制での開催が主宰としては残念ですが、ぜひお聞き逃しなく!

 最後に一首:コロナ禍の自粛要請下に見て上をなお聞けスカルラッティ


▼上尾直毅さんからの手紙

 自粛要請のあった数ヶ月の間に幾つもの公演が中止や延期となり、私の演奏活動はしばらくお休みとなりました。

 暇になるかと思いきや、オンラインでの授業やレッスンなどの準備が必要になり何かと忙しい日々を過ごしていました。

 ただ、レッスンや音楽などライブでのやりとりをオンラインツールを使って行うことはほぼ不可能だということも今回の自粛で学んだ大きな事柄の一つでした。

 インターネット回線が今の何倍も速くなり、それが皆に行き届いたサービスになれば、オンラインでの音質は今の何倍も良くなるのだろうなぁと想像する反面、どんなに向上してもライブで目の前で鳴っている音には勝てないよね〜、という思いを再認識いたしました。

 今回の「WINDS CAFE in 原宿」は私にとって自粛期間後、はじめてのコンサートになります。

 自粛で中止になった4月19日のプログラムをそのまま今回演奏させていただくことにしました。

 J.S.バッハと同じ年にナポリで生まれたスカルラッティの鍵盤作品を様々な角度から楽しんで頂けるようなプログラムになっております。

 たまたま同じ年に生まれただけで、頻繁に比較されるバッハ、ヘンデル、スカルラッティ。この3名の中でも知名度はおそらく銅賞だと思われるスカルラッティですが、オペラの大家であった父アレッサンドロの影響を受け、早くから優れた音楽的才能を発揮させていたようです。しかしながら彼の生涯についての細かな部分はあまり分かっていません。

 ナポリ生まれのドメニコはヴェネツィアやローマなどで仕事の実績を積み、34歳頃、ポルトガルの王室礼拝堂の音楽監督に就任し、当時8歳のポルトガル王女、マリア・マグダレーナ・バルバラの音楽教師も兼任することになりました。この王女がスペイン王家に嫁いだ際、スカルラッティもマドリードに同行し、この地で生涯を閉じることになります。現在知られている555曲の単一楽章のソナタはこの王女(後のスペイン王妃)のために書かれた作品で、彼女が相当な鍵盤の名手であったことがうかがえます。

 作品には、ナポリ仕込みの美しい歌謡を感じさせる部分や、マドリードの酒場でかき鳴らされるギター、踊り子のカスタネットの響きなど、宮廷の外で鳴っていた様々な印象深い響きが組み込まれています。

 演奏技術の面でも高い水準が求められており、同じ音を繰り返し反復したり、手の交差があったりと見ていても楽しいと思います。

 お楽しみ頂けたら幸いです。


▼プロフィール

●上尾直毅(うえお・なおき)東京藝術大学器楽科ピアノ専攻卒業。在学時ピアノを辛島輝治氏、チェンバロを山田貢、鈴木雅明、渡邊順生の各氏に師事。1992年第6回古楽コンクールで「通奏低音特別賞」を受賞する。藝大卒業後オランダに渡り、チェンバロをG・レオンハルト、A・アウテンボッシュの両師に師事、フォルテピアノをS・ホーホランド氏に師事しそれぞれソリストディプロマを得て卒業。
オランダではデン・ハーグ王立音楽院古楽器科の伴奏員、オランダ室内管弦楽団のチェンバロ奏者などを勤めた。
鍵盤楽器のみならず18世紀フランス宮廷で大流行した小さなバグパイプ「ミュゼット」を独自に研鑽を積み、数少ないミュゼット奏者の1人として活動すると同時に、その研究をインターネット上に発表している。
「レ・ボレアード」(指揮:寺神戸亮)、「オーケストラ・リベラ・クラシカ」(指揮:鈴木秀美)、声楽アンサンブル「ラ・フォンテヴェルデ」(リーダー:鈴木美登里)などの古楽オーケストラやアンサンブルのメンバーとして活動している。
2017年には上野学園大学が所蔵するオリジナルのタンゲンテンフリューゲル(タンジェントピアノ)を用い、鈴木秀美率いるオーケストラ・リベラ・クラシカと共にモーツァルトのピアノ協奏曲第9番「ジェノミ」を演奏し、この公演の模様はNHK「クラシック音楽館」で放映され好評を博した。
2012年より雑司ヶ谷「拝鈍亭」(はいどんてい)にてハイドンの鍵盤作品全曲演奏会のシリーズをクラヴィコードとフォルテピアノなどの歴史的鍵盤楽器を使用し鋭意進行中。
桐朋学園大学音楽学部講師。
http://cembalo.g1.xrea.com



カーサ・モーツァルト

 もっと音楽のある生活を! もっと気軽に生演奏を! そんな発想で新しくスタートした音楽サロンです。
 ここはかつて大のモーツァルトファンだった父中村眞がモーツァルトを聴くためのプライベートスペースでした。
 1976年より父はヨーロッパ各地のモーツァルトゆかりの地を訪ね歩き、書籍や資料を蒐集して少しずつ持ち帰り、1983年にモーツァルト愛好家たちの集まる場所を作ってカーサ・モーツァルト(モーツァルトの家)と名付けました。
 父亡き後、遺された多くの書籍やレコードを整理しながら、学友たちと何か出来ないものかと話しました。そして我々自身で床掃除、壁のペンキ塗りと少しずつ綺麗にしていき、多くのアーティストたちの一助になればとの思いで、企画運営に乗り出しました。
 ここ新しいカーサ・モーツァルトでは創造を形にする様々なパフォーマンスを行うことができます。小ぢんまりとした空間なので観客との一体感を肌で感じることができます。
(カーサ・モーツァルト代表理事 中村孝)



それでは2020年7月19日(日)に原宿でお目にかかりましょう。

◆予告編◆

 2020年 8月23日(日)
 WINDS CAFE 284 in 原宿【川村恵里佳ソロ】
 川村恵里佳(ピアノ)

 2020年 9月27日(日)
 WINDS CAFE 285 in 原宿【迫田圭リサイタル】
 迫田圭(ヴァイオリン)

 2020年10月18日(日)
 WINDS CAFE 286 in 原宿【日曜日は原宿で箏と琴を聴く】
 木田敦子(箏・琴)

 2020年11月15日(日)
 WINDS CAFE 287 in 原宿【シューベルトと現代歌曲】
 薬師寺典子(歌)

 2020年12月13日(日)
 WINDS CAFE 288 in 原宿【(タイトル未定)】
 松本智勇(レクチャー)

pagetop


資料

WINDS CAFE 記録集……過去の WINDS CAFE の告知文や出演者プロフィール、セットリスト等を保管しています。

WINDS CAFE 初代公式ホームページ……上原敦郎氏のサイト内に創設された WINDS CAFE の初代公式ホームページ。 WINDS CAFE 前史の「音楽オフ」(1996年)を含め、1997年1月の WINDS CAFE 01 から2017年2月の 242 までの全告知文が収蔵されています。

WINDS CAFE 写真集(鬼頭美裕さんのサイト)……WINDS CAFE の記録写真がまとめて見られます。

旧 WINDS CAFE 会場 吉祥寺 WINDS GALLERY (1996.05 - 2006.12)……松本智勇さんの文章と写真で紹介する WINDS GALLERY の様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 三軒茶屋 レンタルスペースSF (2007.01-2008.03 + 2014.11-2015.12)……写真で紹介するレンタルスペースSFの様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 下北沢 MACA GALLERY (2008.04 - 2008.05)……写真で紹介する MACA GALLERY の様子です。

pagetop


チャリティー・オークション

旧会場 WINDS GALLERY は、オーナーの板橋氏のご厚意で、破格の会場費でお借りし続けてきましたが、参加者のみなさまから、あまりにこれでは申し訳ないので、何らかの形で費用を負担できないかという声をいただきました。そのご提案をかなえるべくして考え付いたのがチャリティー・オークションです。

参加者のみなさまから提供された品物を、パーティーの最中に競売にかけ、品物は落札者に、お金は、これまた破格で会場をご提供くださる会場オーナーに、川村の支払う会場費に上乗せしてお渡しします。

  

1998年1月からスタートしたこのオークション、まさか競りがこんなに盛り上がるものだとはやってみるまでわかりませんでした。これまで出品されたものは、ポスター、絵はがき、陶器、にはじまり、画集やプラモデル、そして美術家によるオリジナル作品。これまでの最高値は「衣裳史」手彩色版画(アート遊提供) \19,000、最安値は歴代総理大臣似顔絵夫婦茶碗 \1(笑)。

  

このシステムによって、 WINDS CAFE は、川村個人商店から、投資家のみなさまをお迎えしての株式会社へと発展したことになります。また、当日ご来場いただけないにもかかわらず、出品してくださる方もいらっしゃいます。どうぞ、一度オークションへご参加ください。当日品物をご持参いただくだけで出品いただけます。もちろん競売には、どなたでもご参加いただけます。

pagetop




































text by 川村龍俊 KAWAMURA, Tatsutoshi home pagetop