home

WINDS CAFE でお会いしましょう

WINDS CAFE とは、1997年1月から、川村龍俊が、音楽を中心に美術演劇映画などさまざまなジャンルの方々に企画していただきながら続けている、イベント+パーティーです。いわゆる「オフ会」ではありません。ご来場にあたって予約は必要ありません。基本的に入場料は無料、出入り自由で、パーティーでの飲食は参加者のみなさまからの差し入れを期待しております。

WINDS CAFE のコンセプトは、「好きなことやものを楽しんでいる人と一緒にいるのはなんて楽しいことだろう」です。出演を依頼するときには、このコンセプトを共有していただけることが条件になっています。

1997年1月にスタートした WINDS CAFE も、2017年には、ついに21年目を迎えることになりました。これも、ご来場いただいた皆様、そして企画してくださった方々のおかげです。吉祥寺・三軒茶屋・下北沢・西荻窪・等々力・四谷・新大久保・原宿等、諸事情によってたびたび会場を変更しておりますが、主旨に変更はございません。2017年も素敵な企画をたくさんご用意してお待ちしておりますので、どうぞお誘い合わせの上、お運びください。

2017.2.2更新

次の WINDS CAFE は……  資料  チャリティー・オークション


次の WINDS CAFE は……

● WINDS CAFE 242 in 原宿 ●


【巡礼の路 イベリア編 −中世イベリア半島の音楽−】


小坂理江(ハープ/歌)
上田美佐子(フィドル)
立岩潤三(パーカッション)



2017年2月26日(日) 午後1時半開場



カーサ・モーツァルト 東京都渋谷区神宮前1-10-23 3階
地下鉄「明治神宮前」出口5徒歩2分/JR「原宿」徒歩5分
http://casamoz.org/index.html

入場無料(投げ銭方式) 差し入れ大歓迎!(特にお酒や食べ物)

※出入り自由ですが、できるだけ開演時刻に遅れないようご来場ください。

13:30 開場
14:00 開演
15:00 パーティー+オークション



▼プログラム

 ヨーロッパ。敬虔なキリスト教徒が自らの信仰を守り受け継いでいくため、十字軍は聖地エルサレム奪還に向け戦いに、民衆は日々祈りの歌を捧げた。

 その中でも特殊な文化を育んだのがイベリア半島。8世紀からイスラム帝国が支配をはじめ、二つの宗教と文化が入り交じり独特の世界を形成していく。特に民衆や音楽のレベルではお互いの文化を受け入れ、例えばアルフォンソ10世が編纂した歌曲集「聖母マリアのカンティガ集」の挿絵には、それぞれの宗教の音楽家たちが共に演奏する姿が描かれている。

 本公演ではキリスト教の三大巡礼地のひとつであるサンティアゴ・デ・コンポステラにまつわる音楽をはじめ、イベリア半島で歌われた巡礼の歌、宮廷内で演奏された作曲を取り上げ、当時の人々の宗教と生活、音楽を探求する。

演奏曲:モンセラートの朱い本
    カリクスティヌス写本(聖ヤコブの書)
    聖母マリアのカンティガ集より



▼川村からひとこと

 上田美佐子さんに初めてお会いしたのは、17年前の2000年2月 WINDS CAFE 38【巡礼の人/西脇順三郎に捧ぐ】で、リコーダーの中川つよしさん率いる中世音楽団デモソのメンバーとしてでした。

 同じ年の11月、デモソの単独公演で再会した後は、9年後の2009年8月 WINDS CAFE 152【歌物語「オーカッサンとニコレット」】で、バグパイプの近藤治夫さん率いるジョングルール・ボン・ミュジシャンのメンバーとしてまたお目にかかりました。

 この時の演奏が9年前から飛躍的に素晴らしくなっていたのにびっくりして(笑)、企画をお願いしたところ、翌2010年8月 WINDS CAFE 164【モグ・ライブ「夏の思い出」 〜弦楽器で奏でるジャズ&ボサ。オリジナルもあるよ〜】に結実したのでしたが、そのときは小池吾郎君率いる弦楽四重奏団MOGのヴィオラ奏者としてでした。

 それから6年経って、昨秋、突然舞い込んだ一通の手紙。それは、上田さんが「日本中世フィドル協会」をたちあげたという案内だったのでした。

 いくつかコンサートのお知らせも載っていたのですが、その中に、2009年【アジア、ヨ−ロッパ、アラブの狭間で広がってゆく融合音楽】、2011年【ビスメロの触角】、2012年【ケージと打楽器】、2016年【Inventio インヴェンツィオ -発想から深みへ Inventioは歩き続ける-】と WINDS CAFE に4回出演してくれているパーカッショニスト、立岩潤三君とのユニットがあるのを発見し、上田さん、どんどん進化しているぞ、と嬉しくなって、また企画をお願いしたところ、今回のバンマス、小坂理江さんのトリオとして出演が決まったのでした。

 まあ、ともかくはじけまくっちゃっている上田さんの手紙をお読みください。そして、ぜひお出かけくださいね。



▼上田美佐子さんからの手紙

 WINDS CAFE 1回目の出演は、……20年も、たちますか?! たたない?! ……年、とるわけですね(笑)。吉祥寺の眺めの素晴らしいビルで、夕日がめっちゃ綺麗だった初代 WINDS CAFE 会場の WINDS GALLERY。あぁ、お懐かしや。川村さん、あの時朗読して下さいましたね! デモソという……中世音楽するかたわら、ペットボトルで音楽作ったり……オモロイグループで、私はビオラを弾いたかな。

 2回目は西荻窪の TORIA Gallery。ジョングルール・ボン・ミュジシャンで中世フィドル。

 3回目も西荻窪。MOGでビオラ。

 今回4回目、原宿! 結成1年半、気の合う3人組(只今グループ名募集中)で又、中世フィドルを弾きます。

 川村さん、又お声がけ下さり、ありがとうございました。それは〜私が、『日本中世フィドル協会』を立ち上げ、「この素朴な心やすまる音色を、知ってもらいたくて、弾いて貰いたくて」……、そんな事を書いた協会リーフレットに、川村さんが心をとめて下さったんでした。お優しい^^♪

 ウィンズカフェ何度も出演しているパーカッションの立岩潤三さんと、初出演、うた&ハープが抜群に素敵な小坂理江さんと、熱のこもった中世音楽を、お届けしたいと思います。

 どうぞ、どうぞお楽しみに♪



▼プロフィール

●小坂理江(こさか・りえ):吟遊詩人の洗練された旋律やアルス・ノヴァなどの多彩で豊かな響きに出会い、中世・ルネサンス音楽に傾倒する。2009年渡英。ロンドンのトリニティ音楽院古楽科に入学し、中世声楽をべリンダ・サイカス、ルネサンス/バロック声楽をティモシー・ブラウン、発声法をヘイゼル・ウッド各氏に師事。LTCLリサイタルディプロマ(古楽声楽)を得る。
2012年、ギルドホール音楽演劇学校大学院古楽科に入学。同校および野村財団より奨学金を授与される。古楽ハープをアンドリュー・ローレンス=キング氏に、中世音楽解釈をウィリアム・ライアン、ジョン・バンクス各氏に、また古楽声楽をマリー・ローソン女史の下で学ぶ。
2014年秋、修士号取得。主なレパートリーは、中世ルネサンス期の世俗・宗教歌曲、器楽作品からイギリス、フランスなどのリュート歌曲、バロック時代のモノディー歌曲。
http://www.riekosaka.com

●上田美佐子(うえだ・みさこ):武蔵野音楽大学器楽学科(ビオラ)修了。磯良男、ウーリッヒ・コッホ、若松直美、寺神戸亮各氏に師事。モダン・バロックのバイオリン、ビオラ奏者として活動を続ける傍ら、中世フィドル・レベック共に他の中世楽器に合う調弦法を考案、演奏法についても独自の研鑽を積み現在に至る。
「レ・ジョングルール」CDリリース。「コントラポント」「アンサンブル・雲水」「MAT
」「アンサンブル・デュファイ」「ジョングルール・ボン・ミュジシャン」のメンバー。中世からモダンまで、バイオリン、ビオラ、フィドル奏者として様々なアンサンブル活動を展開。「日本中世フィドル協会 https://twitter.com/MedievalFiddle?lang=ja 」代表。
http://misako.hanagasumi.net/page01.html


●立岩潤三(たていわ・じゅんぞう)ダルブッカをスス・パンパニン/セルダール・バグティルに、タブラ・バヤを吉見征樹/プラフーラ・アタリーに師事。グレン・ベレスからフレームドラム、ファルボード・ヤードッラーヒからトンバクのプライベ−トレッスンを受ける。
こういった中近東〜インドの打楽器で実際にその国の古典音楽/トラッドを演奏すると共に、その可能性を探るべくロック、ポップス、ジャズ、古楽、各種ダンスや舞踊、ライブペイントとのコラボレーション等、幅広いジャンルへのアプローチを行っている。またこれらのスキルを活かした中近東/インド向けシンセサイザーのデモの作曲/データ制作、またiOSAppsの音楽制作など行う。
http://tateiwajunzo.wix.com/tateiwajunzo



カーサ・モーツァルト



 もっと音楽のある生活を! もっと気軽に生演奏を! そんな発想で新しくスタートした音楽サロンです。
 ここはかつて大のモーツァルトファンだった父中村眞がモーツァルトを聴くためのプライベートスペースでした。
 1976年より父はヨーロッパ各地のモーツァルトゆかりの地を訪ね歩き、書籍や資料を蒐集して少しずつ持ち帰り、1983年にモーツァルト愛好家たちの集まる場所を作ってカーサ・モーツァルト(モーツァルトの家)と名付けました。
 父亡き後、遺された多くの書籍やレコードを整理しながら、学友たちと何か出来ないものかと話しました。そして我々自身で床掃除、壁のペンキ塗りと少しずつ綺麗にしていき、多くのアーティストたちの一助になればとの思いで、企画運営に乗り出しました。
 ここ新しいカーサ・モーツァルトでは創造を形にする様々なパフォーマンスを行うことができます。小ぢんまりとした空間なので観客との一体感を肌で感じることができます。
(カーサ・モーツァルト代表理事 中村孝)


それでは2017年2月26日(日)に原宿でお目にかかりましょう。


◆予告編◆

2017年03月26日(日)
WINDS CAFE 243 in 上板橋【佐藤洋嗣コントラバス・リサイタル】
西耕一(企画・司会)、佐藤洋嗣(コントラバス)

2017年04月23日(日)
WINDS CAFE 244 in 原宿【リュート de ルネサンス】
佐藤亜紀子(リュート)

2017年05月21日(日)
WINDS CAFE 245 in 原宿【(タイトル未定)】
山中信人(津軽三味線)、山本謙之助(津軽民謡)

2017年06月18日(日)
WINDS CAFE 246 in 原宿【中川俊郎ピアノ曲集自作自演リサイタル】
中川俊郎(作曲、ピアノ)

2017年07月23日(日)
WINDS CAFE 247 in 原宿【打楽器百花繚乱 IV】
會田瑞樹(パーカッション)

2017年08月20日(日)
WINDS CAFE 248 in 原宿【(タイトル未定)】
上尾直毅(チェンバロ)

2017年09月10日(日)
WINDS CAFE 249 in 原宿【野村誠コンサート】
野村誠(作曲)

2017年10月15日(日)
WINDS CAFE 250 in 原宿【森重靖宗ソロコンサート】
森重靖宗(チェロ)

2017年11月12日(日)
WINDS CAFE 251 in 原宿【アートとギター】
西村正秀(ギター)

2017年12月10日(日)
WINDS CAFE 252 in 原宿【ルドンと音楽】
松本智勇(レクチャー)

pagetop


資料

WINDS CAFE 公式ホームページ……上原敦郎氏のサイト内に創設された WINDS CAFE の公式ホームページ。 WINDS CAFE 前史の「音楽オフ」(1996年)を含め、1997年1月の WINDS CAFE 01 からの全告知文が収蔵されています。

WINDS CAFE 写真集(鬼頭美裕さんのサイト)……WINDS CAFE の記録写真がまとめて見られます。

旧 WINDS CAFE 会場 吉祥寺 WINDS GALLERY (1996.05 - 2006.12)……松本智勇さんの文章と写真で紹介する WINDS GALLERY の様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 三軒茶屋 レンタルスペースSF (2007.01-2008.03 + 2014.11-2015.12)……写真で紹介するレンタルスペースSFの様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 下北沢 MACA GALLERY (2008.04 - 2008.05)……写真で紹介する MACA GALLERY の様子です。

pagetop


チャリティー・オークション

旧会場 WINDS GALLERY は、オーナーの板橋氏のご厚意で、破格の会場費でお借りし続けてきましたが、参加者のみなさまから、あまりにこれでは申し訳ないので、何らかの形で費用を負担できないかという声をいただきました。そのご提案をかなえるべくして考え付いたのがチャリティー・オークションです。

参加者のみなさまから提供された品物を、パーティーの最中に競売にかけ、品物は落札者に、お金は、これまた破格で会場をご提供くださる会場オーナーに、川村の支払う会場費に上乗せしてお渡しします。

  

1998年1月からスタートしたこのオークション、まさか競りがこんなに盛り上がるものだとはやってみるまでわかりませんでした。これまで出品されたものは、ポスター、絵はがき、陶器、にはじまり、画集やプラモデル、そして美術家によるオリジナル作品。これまでの最高値は「衣裳史」手彩色版画(アート遊提供) \19,000、最安値は歴代総理大臣似顔絵夫婦茶碗 \1(笑)。

  

このシステムによって、 WINDS CAFE は、川村個人商店から、投資家のみなさまをお迎えしての株式会社へと発展したことになります。また、当日ご来場いただけないにもかかわらず、出品してくださる方もいらっしゃいます。どうぞ、一度オークションへご参加ください。当日品物をご持参いただくだけで出品いただけます。もちろん競売には、どなたでもご参加いただけます。

pagetop




























text by 川村龍俊 KAWAMURA, Tatsutoshi home pagetop