home

WINDS CAFE でお会いしましょう

WINDS CAFE とは、1997年1月から、川村龍俊が、音楽を中心に美術演劇映画などさまざまなジャンルの方々に企画していただきながら続けている、イベント+パーティーです。いわゆる「オフ会」ではありません。ご来場にあたって予約は必要ありません。基本的に入場料は無料、出入り自由で、パーティーでの飲食は参加者のみなさまからの差し入れを期待しております。

WINDS CAFE のコンセプトは、「好きなことやものを楽しんでいる人と一緒にいるのはなんて楽しいことだろう」です。出演を依頼するときには、このコンセプトを共有していただけることが条件になっています。

1997年1月にスタートした WINDS CAFE も、2019年には、ついに23年目を迎えることになりました。これも、ご来場いただいた皆様、そして企画してくださった方々のおかげです。吉祥寺・三軒茶屋・下北沢・西荻窪・等々力・四谷・新大久保・板橋・原宿・池上等、諸事情によってたびたび会場を変更しておりますが、主旨に変更はございません。2019年も素敵な企画をたくさんご用意してお待ちしておりますので、どうぞお誘い合わせの上、お運びください。

2019.1.29更新

次の WINDS CAFE は……  資料  チャリティー・オークション


次の WINDS CAFE は……


● WINDS CAFE 266 in 原宿 ●

【オーケストラ・トリプティーク・メンバーによるソロ・コンサート/日本人特集】




西耕一(企画・司会)
荒井智子(ヴァイオリン)
伊藤美香(ヴィオラ)
佐藤洋嗣(コントラバス)
山本靖之(トロンボーン)
百武恵子(ピアノ)<賛助出演>

2019年2月17日(日) 午後2時開場

カーサ・モーツァルト 東京都渋谷区神宮前1-10-23 3階
地下鉄「明治神宮前」出口5徒歩2分/JR「原宿」徒歩5分
http://casamoz.org/index.html

入場無料(投げ銭方式) 差し入れ大歓迎!(特にお酒や食べ物)

※出入り自由ですが、できるだけ開演時刻に遅れないようご来場ください。

14:00 開場
14:30 開演
16:30 パーティー+オークション


▼プログラム

◆荒井智子(ヴァイオリン)、百武恵子(ピアノ)
 芥川也寸志:ヴァイオリンとピアノの為の譚詩曲
 矢代秋雄:セレナーデ

◆伊藤美香(ヴィオラ)
 西村朗:無伴奏ヴィオラ・ソナタ第3番「キメラ」(2017)
 山本和智:A certain portal I (2018) for Viola solo(新作初演)

◆佐藤洋嗣(コントラバス)
 藤倉大:Bis、es
 川島素晴:パgani蟹

◆山本靖之(トロンボーン)、百武恵子(ピアノ)
 金井喜久子:トロンボーンによる3つの奇想曲
 伊左治直:虹のポポンデッタ


▼川村からひとこと

 WINDS CAFE の開催会場が西荻窪のトリアギャラリーだった頃、2011年【箏とヴィオラと・・・】、2012年【それぞれの4分33秒】、2013年【日本の弦楽四重奏を聴く!】、2014年【生誕百年! 伊福部昭を語り、奏でる】の4回、企画(と司会)をしてくれた西耕一君の、底知れない日本の現代音楽作曲家達への愛と知識にほだされた私。

 5回目はついに西君が主催するスリーシェルズとの共催企画という形で、2015年【日本のヴィオラ音楽傑作集】を100人入る会場(スペースDo)を借りて開催しましたら、なんと本当に100人ぴったりご来場いただいたのです! いやー、すごかった(笑)。

 2016年からは、WINDS CAFE 開催会場をカーサ・モーツァルトに移すため、どうやっても50人くらいしか入りようがありません。そこでいったい、西君はどんな企画を持ち込んでくるのか、興味津々で待っていたところ、【日本の団体歌(校歌・社歌など)を集めて -伊福部昭とその門下を中心に-】という、全75曲・演奏時間5時間45分という、想像を絶するコンサートになり(笑)、その後、CDにまで昇華しました https://www.3s-cd.net/cd/ifukube-songs/

 2017年、西君7回目の WINDS CAFE 企画は、またまたすごい場所(安養院瑠璃光堂)での【佐藤洋嗣コントラバスリサイタル・日本のコントラバス作品 その可能性】と銘打った、またまた100人入るかな、的なすごい企画でした。

 8回目の2018年【平成30年版・音楽の愉しみ】では、会場をカーサ・モーツァルトに戻し、これまた度肝を抜く企画と出演者によるレクチャーコンサート。ストリート・オルガンに幻の楽器オルガドンの復元等々、もはや何が起きてももういいや、てな心境になりました(笑)。

 9回目の今回は、西君企画ですでに3回 WINDS CAFE にご出演の伊藤美香さんに、一人で100人を集客した WINDS CAFE 出演1回の佐藤洋嗣君の他、またまたすごそうな音楽家を集めてのコンサート。西君の本領たる日本の作曲家の名曲が目白押し! どうぞお楽しみに!


▼西耕一君からの手紙

 今回は、川村さんとウインズカフェの「決め台詞」を本歌取りした企画です。

 映像音楽から現代音楽まで幅広く演奏するオーケストラ・トリプティーク。古典から現代まで幅広くソリストとしても活躍する凄腕奏者の集まりなんです。

 そのオーケストラメンバー全員へ、普段はなかなか聴くことのできないソロ演奏で日本の曲をというリクエストのもとに「WINDS CAFE でお会いしましょう!」とお誘いしました。

 各自がこれぞという曲を「持ち寄って」それぞれに入魂のソロを御披露します。山本和智さんも新曲を提供してくださり、世界初演しちゃいます! これはヤバイ!

 日本の作曲家の多様性と才能豊かなソリストたちの腕によりをかけたパフォーマンス! 各奏者とトークも行いながら、ソリスト集団でもあるオーケストラ・トリプティークのもう一つの顔を知って頂けるのではとも考えています。


▼プロフィール

●西耕一(にし・こういち):日本の作曲家を専門に企画・プロデュース・執筆を行う。これまでに放送局、大学、研究機関の依頼による企画協力や、プロオーケストラのプログラム解説執筆で評価された。
近年の主な仕事として、日本の管弦楽曲100周年、伊福部昭百年紀シリーズ、芥川也寸志生誕90年、渡辺宙明卆寿記念、佐藤勝音楽祭、菊池俊輔音楽祭、渡辺岳夫音楽祭、黛敏郎メモリアルなどをプロデュース。代表的執筆はヤマハ『日本の音楽家を知るシリーズ 芥川也寸志、團伊玖磨、黛敏郎』、CD『松村禎三作品集』(NAXOS)解説など。
Three Shells official https://www.3s-cd.net/

●荒井智子(あらい・さとこ)東京音楽大学付属高校・同大学を経て同大学院修了。ヴァイオリンを景山誠治、浦川宜也の両氏に、室内楽をD.フェイギン氏に、ヴィオラを百武由紀氏に師事。
東京音楽大学付属高等学校非常勤講師。東京音楽大学付属幼稚園助手。東京音楽大学教職課程管弦楽指導助手。

●伊藤美香(いとう・はるか):北鎌倉女子学園高等学校音楽科(ヴァイオリン)を卒業。ヴィオラ専攻として東京音楽大学卒業、同大学院修士課程修了。在学中に特待生奨学金を得る。くらしき作陽大学音楽学部研究生修了後、同大学の非常勤講師を勤め、現在、尚美学園大学オーケストラ演奏員、オーケストラ・トリプティーク団長。
第七回日本アンサンブルコンクール室内楽部門にて優秀演奏者賞・全音楽譜出版社賞、第七回大阪国際音楽コンクールアンサンブル部門第三位受賞。
別宮貞雄氏の「ヴィオラ協奏曲」を井上道義氏指揮によるオーケストラ・アンサンブル金沢と共演。また、西村朗氏の「ヴィオラ協奏曲」、水野修孝氏の「ヴィオラ協奏曲」(初演)を水戸博之氏指揮によるオーケストラ・トリプティークと共演。第24回「四人組とその仲間たち」演奏会にて、西村朗氏の無伴奏ヴィオラ・ソナタ第3番〈キメラ〉を初演。
これまでにヴィオラを兎束俊之、室内楽を河合訓子、浦川宜也、ドミトリー・フェイギン、ヴァイオリンを鈴木稔、田尻かをり、大谷康子の各氏に師事。

●佐藤洋嗣(さとう・ようじ):高校時代はエレクトリック・ベースを演奏し、卒業後コントラバスの魅力に触れ、転向。2006年、東京音楽大学卒業。
現在は室内楽、オーケストラ、アルゼンチン・タンゴなどを演奏し、ソロに於いてもコントラバスの新しい可能性を探りながら演奏している。京都・国際音楽学生フェスティバル、PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)、メキシコでのモレリア音楽祭など国内外の音楽祭に参加。
アンサンブル・ノマド、シュテルン・クインテット、オルケスタ・ティピカ・パンパのメンバー。山野楽器講師。2011年度バンドジャーナル誌に於いてワンポイントレッスンを連載。2012年、東京オペラシティ・リサイタルホールでリサイタルを開催。

●山本靖之(やまもと・やすゆき):島根県出雲市出身。尚美学園短期大学卒業。東京芸術大学別科修了。尚美学園短期大学卒業演奏会出演。島根県高文連主催第29回高校音楽コンクール管楽器部門第二位。日墺文化連盟主催フィレッシュコンサート2002出演オーディション合格、出演。コンセールヴィヴァン主催第12回新人オーディション合格。2015年3月にソロリサイタルを開催し、好評を博す。
トロンボーンを井上順平、故岡本繁邦、萩谷克己、喜多原和人、栗田雅勝、古賀慎治、各氏に師事。室内楽を喜多原和人氏に師事。
現在、東邦音楽大学附属高等学校、附属第二高等学校非常勤講師、山梨トロンボーン倶楽部テクニカルアドバイザーを務め、後進の指導にあたる他、東京ウインドシンフォニカ、東京トロンボーンアーティスツ、エレガントトロンボーントリオ各メンバー、K-Sliding主宰として活躍している。

●百武恵子(ひゃくたけ・けいこ):東京音楽大学、大学院を経て、パリ国立高等音楽院にて伴奏科、室内楽科を一等賞を得て修了。2007年文化庁海外派遣芸術家海外研修員。フランス国際コンクール室内楽部門第一位。
在学中よりロンティボー国際コンクール、カザルス音楽祭、などに公式伴奏者として参加。弦楽器クラス伴奏者を度々兼任し、パリ国立管弦楽団、フランス国立管弦楽団などのメンバーと共演。2009年に帰国。2010年文化庁国際交流基金の支援のもとアルジェリアにてリサイタルを行う。
ピアノを三浦捷子、川上昌裕、伴奏法と室内楽をJ.ケルネル、山洞智、C.イバルディの各氏に師事。東京音楽大学非常勤講師(伴奏、室内楽)


カーサ・モーツァルト

 もっと音楽のある生活を! もっと気軽に生演奏を! そんな発想で新しくスタートした音楽サロンです。
 ここはかつて大のモーツァルトファンだった父中村眞がモーツァルトを聴くためのプライベートスペースでした。
 1976年より父はヨーロッパ各地のモーツァルトゆかりの地を訪ね歩き、書籍や資料を蒐集して少しずつ持ち帰り、1983年にモーツァルト愛好家たちの集まる場所を作ってカーサ・モーツァルト(モーツァルトの家)と名付けました。
 父亡き後、遺された多くの書籍やレコードを整理しながら、学友たちと何か出来ないものかと話しました。そして我々自身で床掃除、壁のペンキ塗りと少しずつ綺麗にしていき、多くのアーティストたちの一助になればとの思いで、企画運営に乗り出しました。
 ここ新しいカーサ・モーツァルトでは創造を形にする様々なパフォーマンスを行うことができます。小ぢんまりとした空間なので観客との一体感を肌で感じることができます。
(カーサ・モーツァルト代表理事 中村孝)



それでは2019年2月17日(日)に原宿でお目にかかりましょう。

◆予告編◆

 2019年 3月17日(日)
 WINDS CAFE 267 in 原宿【セファルディの軌跡】
 西村正秀(ギター)

 2019年 4月21日(日)
 WINDS CAFE 268 in 原宿【ブラームスと木下正道】
 岩瀬龍太(クラリネット)・川村恵里佳(ピアノ)

 2019年 5月19日(日)
 WINDS CAFE 269 in 原宿【特集:アルヴィン・ルシエの音楽】
 山田岳(ギター、その他)

 2019年 6月16日(日)
 WINDS CAFE 270 in 原宿【打楽器百花繚乱VI】
 會田瑞樹(打楽器)

 2019年 7月21日(日)
 WINDS CAFE 271 in 原宿【アーチリュートの音楽 〜アレッサンドロ・ピッチニーニの作品を中心に〜】
 佐藤亜紀子(リュート)

 2019年 8月25日(日)
 WINDS CAFE 272 in 原宿【野村誠+大田智美 デュオコンサート】
 野村誠(作曲家、ピアノ)・大田智美(アコーディオン)

 2019年 9月29日(日)
 WINDS CAFE 273 in 原宿【初期チェンバロ音楽の魅力】
 上尾直毅(チェンバロ)

 2019年10月20日(日)
 WINDS CAFE 274 in 原宿【森重靖宗の音世界】
 森重靖宗(チェロ、ピアノ、ヴォーカル)

 2019年11月17日(日)
 WINDS CAFE 275 in 原宿【無伴奏チェロ】
 細井唯(チェロ)

 2019年12月15日(日)
 WINDS CAFE 276 in 原宿【レクチャー】
 松本智勇(レクチャー)

pagetop


資料

WINDS CAFE 記録集……過去の WINDS CAFE の告知文や出演者プロフィール、セットリスト等を保管しています。

WINDS CAFE 初代公式ホームページ……上原敦郎氏のサイト内に創設された WINDS CAFE の初代公式ホームページ。 WINDS CAFE 前史の「音楽オフ」(1996年)を含め、1997年1月の WINDS CAFE 01 から2017年2月の 242 までの全告知文が収蔵されています。

WINDS CAFE 写真集(鬼頭美裕さんのサイト)……WINDS CAFE の記録写真がまとめて見られます。

旧 WINDS CAFE 会場 吉祥寺 WINDS GALLERY (1996.05 - 2006.12)……松本智勇さんの文章と写真で紹介する WINDS GALLERY の様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 三軒茶屋 レンタルスペースSF (2007.01-2008.03 + 2014.11-2015.12)……写真で紹介するレンタルスペースSFの様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 下北沢 MACA GALLERY (2008.04 - 2008.05)……写真で紹介する MACA GALLERY の様子です。

pagetop


チャリティー・オークション

旧会場 WINDS GALLERY は、オーナーの板橋氏のご厚意で、破格の会場費でお借りし続けてきましたが、参加者のみなさまから、あまりにこれでは申し訳ないので、何らかの形で費用を負担できないかという声をいただきました。そのご提案をかなえるべくして考え付いたのがチャリティー・オークションです。

参加者のみなさまから提供された品物を、パーティーの最中に競売にかけ、品物は落札者に、お金は、これまた破格で会場をご提供くださる会場オーナーに、川村の支払う会場費に上乗せしてお渡しします。

  

1998年1月からスタートしたこのオークション、まさか競りがこんなに盛り上がるものだとはやってみるまでわかりませんでした。これまで出品されたものは、ポスター、絵はがき、陶器、にはじまり、画集やプラモデル、そして美術家によるオリジナル作品。これまでの最高値は「衣裳史」手彩色版画(アート遊提供) \19,000、最安値は歴代総理大臣似顔絵夫婦茶碗 \1(笑)。

  

このシステムによって、 WINDS CAFE は、川村個人商店から、投資家のみなさまをお迎えしての株式会社へと発展したことになります。また、当日ご来場いただけないにもかかわらず、出品してくださる方もいらっしゃいます。どうぞ、一度オークションへご参加ください。当日品物をご持参いただくだけで出品いただけます。もちろん競売には、どなたでもご参加いただけます。

pagetop

































text by 川村龍俊 KAWAMURA, Tatsutoshi home pagetop