home

WINDS CAFE でお会いしましょう

WINDS CAFE とは、1997年1月から、川村龍俊が、音楽を中心に美術演劇映画などさまざまなジャンルの方々に企画していただきながら続けている、イベント+パーティーです。いわゆる「オフ会」ではありません。ご来場にあたって予約は必要ありません。基本的に入場料は無料、出入り自由で、パーティーでの飲食は参加者のみなさまからの差し入れを期待しております。

WINDS CAFE のコンセプトは、「好きなことやものを楽しんでいる人と一緒にいるのはなんて楽しいことだろう」です。出演を依頼するときには、このコンセプトを共有していただけることが条件になっています。

1997年1月にスタートした WINDS CAFE も、2020年には、ついに24年目を迎えることになりました。これも、ご来場いただいた皆様、そして企画してくださった方々のおかげです。吉祥寺・三軒茶屋・下北沢・西荻窪・等々力・四谷・新大久保・板橋・原宿・池上等、諸事情によってたびたび会場を変更しておりますが、主旨に変更はございません。2020年も素敵な企画をたくさんご用意してお待ちしておりますので、どうぞお誘い合わせの上、お運びください。

2020.1.29更新

次の WINDS CAFE は……  資料  チャリティー・オークション


次の WINDS CAFE は……


● WINDS CAFE 278 in 原宿 ●

【日本の作曲家 秘曲探訪 第2回(スリーシェルズ音楽祭)】

WINDS CAFE × スリーシェルズ 共催企画



西耕一(企画・司会)
江崎昭汰・萩生哲郎(ピアノ)
知見寺武・荒井智子(ヴァイオリン)・橋奨(ヴィオラ)・竹本聖子(チェロ)

2020年2月16日(日) 午後1時半開場

カーサ・モーツァルト 東京都渋谷区神宮前1-10-23 3階
地下鉄「明治神宮前」出口5徒歩2分/JR「原宿」徒歩5分
http://casamoz.org/index.html

入場無料(投げ銭方式) 差し入れ大歓迎!(特にお酒や食べ物)

※出入り自由ですが、できるだけ開演時刻に遅れないようご来場ください。

13:30 開場
14:00 開演
16:30 パーティー+オークション


▼プログラム

●江崎昭汰による日本のピアノ特集
 平尾貴四男:ピアノのためのソナチネ(1951)
 松村禎三:薄明のプレリュード(1951)
 黛敏郎:バレエ「かぐや姫」より、石の花瓶の踊り、金の枝の踊り、鳳凰の踊り
 黛敏郎:「12の前奏曲」より(1945〜1946)V.Fantasie VI.Pastorale VII.Intermezzo VIII.Sarabande IX.Berceuse
 高木東六:フランス風タンゴ(1927?)
 蒔田尚昊:第2楽章フーガ(「ピアノのためのソナチネ」より)(1955/1957)
 芥川也寸志:<赤穂浪士>テーマ音楽
 芥川也寸志:「祝典序曲 no.3 Marcia in Do」4手連弾版(編曲:江崎昭汰)初演

●トリプティークSQによる日本の弦楽四重奏(オーケストラ・トリプティークメンバー)
 山田耕筰:弦楽四重奏曲 第2番 ト長調(1908)
 芥川也寸志:弦楽四重奏曲(1947)
 矢代秋雄:弦楽四重奏曲(1955)


▼川村からひとこと

 WINDS CAFE の開催会場が西荻窪のトリアギャラリーだった頃、2011年【箏とヴィオラと・・・】、2012年【それぞれの4分33秒】、2013年【日本の弦楽四重奏を聴く!】、2014年【生誕百年! 伊福部昭を語り、奏でる】の4回、企画(と司会)をしてくれた西耕一君の、底知れない日本の現代音楽作曲家達への愛と知識にほだされた私。

 5回目はついに西君が主催するスリーシェルズとの共催企画という形で、2015年【日本のヴィオラ音楽傑作集】を100人入る会場(スペースDo)を借りて開催しましたら、なんと本当に100人ぴったりご来場いただいたのです! いやー、すごかった(笑)。

 2016年からは、WINDS CAFE 開催会場をカーサ・モーツァルトに移すため、どうやっても50人くらいしか入りようがありません。そこでいったい、西君はどんな企画を持ち込んでくるのか、興味津々で待っていたところ、【日本の団体歌(校歌・社歌など)を集めて -伊福部昭とその門下を中心に-】という、全75曲・演奏時間5時間45分という、想像を絶するコンサートになり(笑)、その後、CDにまで昇華しました https://www.3s-cd.net/cd/ifukube-songs/

 2017年、西君7回目の WINDS CAFE 企画は、またまたすごい場所(安養院瑠璃光堂)での【佐藤洋嗣コントラバスリサイタル・日本のコントラバス作品 その可能性】と銘打った、またまた100人入るかな、的なすごい企画でした。

 8回目の2018年【平成30年版・音楽の愉しみ】では、会場をカーサ・モーツァルトに戻し、これまた度肝を抜く企画と出演者によるレクチャーコンサート。ストリート・オルガンに幻の楽器オルガドンの復元等々、もはや何が起きてももういいや、てな心境になりました(笑)。

 9回目の2019年【オーケストラ・トリプティーク・メンバーによるソロ・コンサート/日本人特集】では、4人の楽器奏者が2曲ずつ、日本人作曲家の曲を演奏するという、ある意味オーソドックスな音楽会でしたが、そこで演奏された曲がこれまた秘曲というか名曲というか練りに練っていまして、大盛況の大拍手。

 で、10回目の今回は、久々に西君の事務所スリーシェルズとの協同開催で、またまた言語に絶する曲目ばかりのコンサートです。昨2019年9月21日に渋谷区文化総合センターで催された「日本の作曲家 秘曲探訪 第1回(スリーシェルズ音楽祭)」に続く第2回を WINDS CAFE 企画として西君が持ってきてくれました。

 西君企画ですでに WINDS CAFE にご出演の荒井智子さん(2019年【オーケストラ・トリプティーク・メンバーによるソロ・コンサート/日本人特集】)、竹本聖子さん(2013年【日本の弦楽四重奏を聴く!】)、そして2018年の【「鉄道ピアノ」音楽帳 】で後藤國彦氏とピアノ連弾で自作の「横須賀・総武快速線の音楽」(!)を演奏して大喝采を浴びた萩生哲郎氏をはじめ、元気でたくましい(?)演奏家が結集します。どうぞお楽しみに!


▼西耕一君からの手紙

 「こんな幻の曲があるんです!」と熱弁して大推薦してもなかなか演奏されない。事あるごとに提案して、時には迷惑がられつつ、結果的には自己責任でやるしかないことが殆どなこの世界。

 そこで立ち上げたのが「日本の作曲家 秘曲探訪」シリーズです!

 今回の出演者は、日本の作曲家の秘曲を発見・発掘するために! と入手困難な楽譜の手配とその復活演奏に取り組んでくださいました。

 ミューズプレスで楽譜浄書と出版にも携わっている江崎昭汰が選んだ曲目には圧巻です。

 松村禎三の未出版のピアノ曲や、黛敏郎のバレエ「かぐや姫」より新発見の2曲を含む復活演奏。月刊楽譜の付録にあった高木東六のピアノ曲、大河ドラマの宣伝のためにNHKが配っていた「赤穂浪士」のピアノ版、ウルトラセブンで知られる冬木透の本名で作曲されたピアノソナチネ、大迫力の芥川マーチのアレンジ4手版(共演は水野修孝門下の萩生哲郎)などなど!

 世界レベルのピアノマニア、楽譜マニア 江崎昭汰の人柄にもスポットを当ててみたいです。

 オーケストラ・トリプティークの精鋭メンバーによる弦楽四重奏は山田耕筰、芥川也寸志、矢代秋雄。「名曲」であり、誰もが知る作曲家の傑作なのに「秘曲」となりつつある曲たちです。

 「幻の曲」を生演奏で聴く貴重な期会というだけでない、日本人の名曲をじっくりと味わうコンサートとして構成しました。

  2月16日は「日本の作曲家 秘曲探訪 第2回」!

 名曲の発見・発掘の旅へ出かけよう!


▼プロフィール

●西耕一(にしこういち):日本の作曲家を専門に企画・プロデュース・執筆を行う。これまでに放送局、大学、研究機関の依頼による企画協力や、プロオーケストラのプログラム解説執筆で評価された。
近年の主な仕事として、日本の管弦楽曲100周年、伊福部昭百年紀シリーズ、芥川也寸志生誕90年、渡辺宙明卆寿記念、佐藤勝音楽祭、菊池俊輔音楽祭、渡辺岳夫音楽祭、黛敏郎メモリアルなどをプロデュース。
代表的執筆はヤマハ『日本の音楽家を知るシリーズ 芥川也寸志、團伊玖磨、黛敏郎』、CD『松村禎三作品集』(NAXOS)解説など。
Three Shells official https://www.3s-cd.net/

●江崎昭汰(えざき・しょうた):1992年福岡県生まれ。大分県立芸術文化短期大学のピアノ専攻を卒業後、ベルギーのリエージュ王立音楽院で学び、学士・修士課程を修了し卒業。
ヨーロッパ各国で演奏活動も行い、ベルギー人作曲家(P.ブスマンス、P.バルトロメー他)などのピアノ作品も取り上げ、作曲家から高い評価を得る。また、あまり取り上げられることない作品の紹介にも積極的に取り組みながら、2016年には兵庫県神戸市にてロナルド・スティーヴンソンの「DSCHによるパッサカリア」の日本初演を果たす。

●萩生哲郎(はぎう・てつろう):東京生まれ。6歳よりピアノを始める。音楽関連企業で音楽配信サービスの運営に携わる傍ら、ソロ、アンサンブルでの演奏活動や作曲活動を行う。日本人作曲家の作品演奏に多く取り組み、2019年には水野修孝、近藤浩平各氏ら複数の作曲家の作品を初演した。

●知見寺武(ちけん・じたける):東京音楽大学付属高校、東京音楽大学、同大学院を卒業。在学中から数々の学内演奏会に出演。また学内外の作曲家、木山光、川上統、山本和智らの作品を初演してきた。古典から現代まで幅広いレパートリーを持つが数が少ないのが悩み。
最近はラストサムライを目指しており、冷たい視線を浴びながら髪を伸ばすなど、報われない努力をしている。見た目の割に普通な人だと言われるのが少し嬉しい。コンクールに挑戦してみたいと言いながらいい年になってしまった事を後悔していることにしている。

●荒井智子(あらい・さとこ):東京音楽大学付属高校・同大学を経て同大学院修了。ヴァイオリンを景山誠治、浦川宜也の両氏に、室内楽をD.フェイギン氏に、ヴィオラを百武由紀氏に師事。東京音楽大学付属高等学校非常勤講師。東京音楽大学付属幼稚園助手。東京音楽大学教職課程管弦楽指導助手。

●橋奨(たかはし・すすむ):東京生まれ。東京音楽大学音楽学部ヴィオラ専攻を経て、洗足学園音楽大学大学院修了。これまでにヴィオラを兎束俊之、百武由紀、岡田伸夫、井野邉大輔の各氏に、指揮を上杉隆治氏に師事。
2009年、ゲルハルト・ボッセ指揮ジャパンアカデミーフィルハーモニック参加。2011〜17年、洗足学園ニューフィルハーモニック管弦楽団に所属し、秋山和慶芸術監督の下で研鑽を積む。2012年より、オーケストラ・トリプティークの首席ヴィオラ奏者を務める。
クラシックのみならず、Game Symphony Japan への出演など、幅広い活動を行っている。チャージマン研!ライブシネマコンサートでは指揮を務める。

●竹本聖子(たけもと・せいこ):福岡県出身。東京音楽大学卒業、同大学院修士課程修了。在学中に特待生奨学金を得る。チェロを秋津智承、森純子、堀了介、D.フェイギンの各氏に、室内楽を東彩子、苅田雅治、浦川宜也の各氏に師事。メロス カルテットのマスタークラスを受講。
弦楽四重奏「目黒四重奏団」、現代音楽と江戸文化を取り上げるヴァイオリン、チェロ、三味線、作曲家によるグループ「淡座」メンバー。クラシックからミュージカル、現代音楽まで様々なジャンルの演奏活動を行っている。


カーサ・モーツァルト

 もっと音楽のある生活を! もっと気軽に生演奏を! そんな発想で新しくスタートした音楽サロンです。
 ここはかつて大のモーツァルトファンだった父中村眞がモーツァルトを聴くためのプライベートスペースでした。
 1976年より父はヨーロッパ各地のモーツァルトゆかりの地を訪ね歩き、書籍や資料を蒐集して少しずつ持ち帰り、1983年にモーツァルト愛好家たちの集まる場所を作ってカーサ・モーツァルト(モーツァルトの家)と名付けました。
 父亡き後、遺された多くの書籍やレコードを整理しながら、学友たちと何か出来ないものかと話しました。そして我々自身で床掃除、壁のペンキ塗りと少しずつ綺麗にしていき、多くのアーティストたちの一助になればとの思いで、企画運営に乗り出しました。
 ここ新しいカーサ・モーツァルトでは創造を形にする様々なパフォーマンスを行うことができます。小ぢんまりとした空間なので観客との一体感を肌で感じることができます。
(カーサ・モーツァルト代表理事 中村孝)



それでは2020年2月16日(日)に原宿でお目にかかりましょう。

◆予告編◆

 2020年 3月15日(日)
 WINDS CAFE 279 in 原宿【(タイトル未定)】
 山中信人(津軽三味線)・山本謙之助(津軽民謡)

 2020年 4月19日(日)
 WINDS CAFE 280 in 原宿【耳が求める音】
 松岡麻衣子(ヴァイオリン)

 2020年 5月24日(日)
 WINDS CAFE 281 in 原宿【Violin Sonatas】
 宮阪優奈(ピアノ)

 2020年 6月21日(日)
 WINDS CAFE 282 in 原宿【打楽器百花繚乱VII】
 會田瑞樹(打楽器)

 2020年 7月19日(日)
 WINDS CAFE 283 in 原宿【「無明(?)の音楽」…ピアノソロを中心に】
 中川俊郎(ピアノ)

 2020年 8月23日(日)
 WINDS CAFE 284 in 原宿【川村恵里佳ソロ】
 川村恵里佳(ピアノ)

 2020年 9月27日(日)
 WINDS CAFE 285 in 原宿【迫田圭リサイタル】
 迫田圭(ヴァイオリン)

 2020年10月18日(日)
 WINDS CAFE 286 in 原宿【日曜日は原宿で箏と琴を聴く】
 木田敦子(箏・琴)

 2020年11月15日(日)
 WINDS CAFE 287 in 原宿【シューベルトと現代歌曲】
 薬師寺典子(歌)

 2020年12月13日(日)
 WINDS CAFE 288 in 原宿【(タイトル未定)】
 松本智勇(レクチャー)

pagetop


資料

WINDS CAFE 記録集……過去の WINDS CAFE の告知文や出演者プロフィール、セットリスト等を保管しています。

WINDS CAFE 初代公式ホームページ……上原敦郎氏のサイト内に創設された WINDS CAFE の初代公式ホームページ。 WINDS CAFE 前史の「音楽オフ」(1996年)を含め、1997年1月の WINDS CAFE 01 から2017年2月の 242 までの全告知文が収蔵されています。

WINDS CAFE 写真集(鬼頭美裕さんのサイト)……WINDS CAFE の記録写真がまとめて見られます。

旧 WINDS CAFE 会場 吉祥寺 WINDS GALLERY (1996.05 - 2006.12)……松本智勇さんの文章と写真で紹介する WINDS GALLERY の様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 三軒茶屋 レンタルスペースSF (2007.01-2008.03 + 2014.11-2015.12)……写真で紹介するレンタルスペースSFの様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 下北沢 MACA GALLERY (2008.04 - 2008.05)……写真で紹介する MACA GALLERY の様子です。

pagetop


チャリティー・オークション

旧会場 WINDS GALLERY は、オーナーの板橋氏のご厚意で、破格の会場費でお借りし続けてきましたが、参加者のみなさまから、あまりにこれでは申し訳ないので、何らかの形で費用を負担できないかという声をいただきました。そのご提案をかなえるべくして考え付いたのがチャリティー・オークションです。

参加者のみなさまから提供された品物を、パーティーの最中に競売にかけ、品物は落札者に、お金は、これまた破格で会場をご提供くださる会場オーナーに、川村の支払う会場費に上乗せしてお渡しします。

  

1998年1月からスタートしたこのオークション、まさか競りがこんなに盛り上がるものだとはやってみるまでわかりませんでした。これまで出品されたものは、ポスター、絵はがき、陶器、にはじまり、画集やプラモデル、そして美術家によるオリジナル作品。これまでの最高値は「衣裳史」手彩色版画(アート遊提供) \19,000、最安値は歴代総理大臣似顔絵夫婦茶碗 \1(笑)。

  

このシステムによって、 WINDS CAFE は、川村個人商店から、投資家のみなさまをお迎えしての株式会社へと発展したことになります。また、当日ご来場いただけないにもかかわらず、出品してくださる方もいらっしゃいます。どうぞ、一度オークションへご参加ください。当日品物をご持参いただくだけで出品いただけます。もちろん競売には、どなたでもご参加いただけます。

pagetop



































text by 川村龍俊 KAWAMURA, Tatsutoshi home pagetop