home

WINDS CAFE でお会いしましょう

WINDS CAFE とは、1997年1月から、川村龍俊が、音楽を中心に美術演劇映画などさまざまなジャンルの方々に企画していただきながら続けている、イベント+パーティーです。いわゆる「オフ会」ではありません。ご来場にあたって予約は必要ありません。基本的に入場料は無料、出入り自由で、パーティーでの飲食は参加者のみなさまからの差し入れを期待しております。

WINDS CAFE のコンセプトは、「好きなことやものを楽しんでいる人と一緒にいるのはなんて楽しいことだろう」です。出演を依頼するときには、このコンセプトを共有していただけることが条件になっています。

1997年1月にスタートした WINDS CAFE も、2024年には、ついに28年目を迎えることになりました。これも、ご来場いただいた皆様、そして企画してくださった方々のおかげです。吉祥寺・三軒茶屋・下北沢・西荻窪・等々力・四谷・南麻布・新大久保・板橋・原宿・池上、そしてコロナ禍に於けるCD送付等、諸事情によってたびたび会場や開催方法を変更しておりますが、主旨に変更はございません。2024年も素敵な企画をたくさんご用意してお待ちしておりますので、どうぞお誘い合わせの上、お運びください。


次の WINDS CAFE は……  資料  チャリティー・オークション



次の WINDS CAFE は……



 2024年4月21日(日)に開催する WINDS CAFE 328【ミニマルの本分 〜テリー・ライリー×久石譲〜】は、コロナやインフルエンザの流行状況を鑑み、通常の WINDS CAFE 開催時における「出入り自由」「イベント後のパーティー」を中止し、「完全予約制」とします。人数制限はいたしません(が、会場の定員は50人ですので、それを超えそうな場合は申し込みをお断りする可能性があることをご理解いただけますと幸いです)。


【ご予約のお申し込み方法】

 メールでのみ受け付けます。
 tatsutoshi.kawamura★nifty.ne.jp 宛に(★を@に替えてください)
 タイトルを「WINDS CAFE 328 申し込み」とし、
 本文に「お名前・メールアドレス」を書いて送信してください。

 1つのメールで何人分かまとめてお申し込みいただいてもかまいませんが、お一人ごとに「お名前・メールアドレス」を書いてください。

 ただし、お子様(静かに聞いていられない恐れがある場合はご遠慮ください)やご年配の方等、個人メールアドレスをお持ちでない方とご一緒されたい場合は、その旨お知らせください。

 お申し込みの締め切りは当日(4月21日)午前9時とさせていただきます。


【ご来場時の注意事項】

 お申し込みいただいた方々には、メールで整理番号を返送いたします。

 当日は受付で整理番号もしくはお名前をお知らせください。

 当日はマスクのご用意をお願いいたします。


 ……以上、しかつめらしいことがらを長々と書かせていただきましたが、要は飛行機に乗るようなもんだって思えばいいんだよね、と割り切っていただければ幸いです。

(2024年4月1日 WINDS CAFE 主宰 川村龍俊)


● WINDS CAFE 328 in 原宿 ●

【ミニマルの本分 〜テリー・ライリー×久石譲〜】




迫田圭(第1ヴァイオリン)、加藤美菜子(第2ヴァイオリン)、
亀井庸州(ヴィオラ)、北嶋愛季(チェロ)

2024年4月21日(日) 13時30分開場開場



カーサ・モーツァルト 東京都渋谷区神宮前1-10-23 外階段で3階へ
地下鉄「明治神宮前」出口5徒歩2分/JR「原宿」徒歩5分
https://casamoz.org/

入場無料(投げ銭方式) 完全事前予約制

13:30 開場
14:00 開演
16:00 終了予定


▼プログラム

プッチーニ:弦楽四重奏曲「菊」
ハイドン:弦楽四重奏曲変ホ長調 作品76-6
テリー・ライリー:G SONG
久石譲:弦楽四重奏曲第1番


▼川村からひとこと

 2022年9月の WINDS CAFE 309【JOHN CAGE 弦楽四重奏曲作品を全て聴け!!】で、ケージの弦楽四重奏曲全4曲に挑戦してくれた、あの弦楽四重奏団が再びWINDS CAFE で演奏します。

 迫田圭君に頼んで結成となったこの4人組は、真摯に作品に取り組む姿勢はもちろんのこと、演奏中の集中力も半端なく、聞く者をして作品世界に没入させる迫力を持っています。

 一人一人がキャリアを誇っていることもあるのでしょうけれど、ともあれ集合体としての力が4倍を超えて何十倍にも膨れ上がっていく様は、聞きごたえとともに見ごたえも十分。

 迫田君の WINDS CAFE 登壇は今回で7回目になりますが、彼に企画をたのむときは、いつもリクエストをしてきました。今回のリクエストはテリー・ライリーの「G Song」、そしてプッチーニの「菊」でした。

 そこへなんと久石譲とハイドンをぶち込んでくるこのセンス(笑)。きっととてつもなくおもしろい演奏会になることでしょう。


▼迫田圭君からの手紙

 WINDS CAFEにてこの弦楽四重奏団での公演は2回目となります。初回はケージの弦楽四重奏作品を全曲演奏しました。そのときに主宰の川村さんより2回目の出演をご依頼いただきました。

 ご依頼いただいたときに川村さんから直々に1曲のリクエストがありました。それがテリー・ライリーの"G SONG"。

 これと何を組み合わせようか? とカルテットの皆と相談していたときに、ちょうどライリー×久石譲の対談がNHKで放送されており、観ていた亀井さんの「これをやろう!」の一声でプログラムの方向性が決まりました。

 ミニマルな素材を使い、何が出来上がるか? 様々な国や時代が創る多種多様なミニマル風味を味わえる公演になると思います。


▼プロフィール

●迫田圭(さこだ・けい):東京音楽大学卒業。東京音楽大学大学院に給費奨学金を得て入学、修了。東京音楽大学コンクール入選、第28回市川市新人演奏家コンクール弦楽器部門最優秀賞。プロジェクトQ第10章に参加。2018年に出演した第三回伊左治直個展「南蛮劇場」が第18回佐治敬三賞を受賞。
若手作曲家の新作初演にも数多く携わっており、サントリーサマーフェスティバル内の芥川作曲賞選考演奏会ではソリストを務める等、精力的に活動している。
現在、おーけすとら・ぴとれ座にてコンサートマスターを務めている他、オーケストラトリプティーク、Malus Quintet、Green Room Players にヴァイオリン、ヴィオラ奏者として在籍している。また、町田・大熊バイオリン教室、WE LOVE MUSIC、神奈川県立相模原弥栄高等学校にて講師を務める。

●加藤美菜子(かとう・みなこ):東京音楽大学卒業、同大学院修了。ヴァイオリンを山崎好江、三戸泰雄に、室内楽を横山俊朗、浦川宜也、堀了介、故・鷹栖光昭の各氏に師事する。地元埼玉県では、「まちかど四重奏」「まちかど室内楽団」として演奏会を行う他、ピアノトリオ「浅間山重奏」としても2014年長野県大賀ホールでコンサートを行い、長野県を中心に活動中。Fugato academy festival 2013にて第3位入賞。
オーケストラ・トリプティーク、東京室内管弦楽団ヴァイオリン奏者。

●亀井庸州(かめい・ようしゅう):2000年ごろから主に同世代の作品初演を中心に活動を開始。2005年よりベルギー王立リエージュ音楽院において、欧州の20世紀音楽や即興演奏を学んだ。2007年より帰国後も引き続き同世代の作品初演活動に携わる。個人企画のほか、東京オペラシティ音楽財団、サントリー芸術財団、みなとみらいホール等の主催公演に出演し、内外の作曲家による室内楽、ソロ作品の初演、再演を中心として活動している。これまでに初演した作品は100曲あまり。
また同時に尺八の古典をはじめとした演奏を行なっており、2017年にはcoba氏の新曲を、舘野泉氏とともに初演している。弦楽四重奏として出演した公演において第14回、第18回佐治敬三賞を受賞。

●北嶋愛季(きたじま・あき):チェリスト・保育士・ライフコーチ。2013/14年度アンサンブル・モデルン・アカデミー生、2017年ドイツ国立フランクフルト音楽・舞台芸術大学古楽器科修了。2018年よりバロックとモダン2台のチェロによる独奏演奏会を東京、フランクフルト、ミュンヘンで定期的に開催。
「cresc…現代音楽祭(フランクフルト/ドイツ)」「ガウデアムス音楽週間(ユトレヒト/オランダ)」など国内外の現代音楽祭や演奏会に出演し、同世代作曲家の初演にも多く携わる。
即興デュオOKA-ARUKI、近現代の室内楽曲を探求、発表する「みのりて」、親子向けワークショップや演奏会を行うciel各メンバー。
https://www.instagram.com/vcaki_kitajima/



カーサ・モーツァルト

 もっと音楽のある生活を! もっと気軽に生演奏を! そんな発想で新しくスタートした音楽サロンです。
 ここはかつて大のモーツァルトファンだった父中村眞がモーツァルトを聴くためのプライベートスペースでした。
 1976年より父はヨーロッパ各地のモーツァルトゆかりの地を訪ね歩き、書籍や資料を蒐集して少しずつ持ち帰り、1983年にモーツァルト愛好家たちの集まる場所を作ってカーサ・モーツァルト(モーツァルトの家)と名付けました。
 父亡き後、遺された多くの書籍やレコードを整理しながら、学友たちと何か出来ないものかと話しました。そして我々自身で床掃除、壁のペンキ塗りと少しずつ綺麗にしていき、多くのアーティストたちの一助になればとの思いで、企画運営に乗り出しました。
 ここ新しいカーサ・モーツァルトでは創造を形にする様々なパフォーマンスを行うことができます。小ぢんまりとした空間なので観客との一体感を肌で感じることができます。
(カーサ・モーツァルト代表理事 中村孝)



それでは2024年4月21日(日)に原宿でお目にかかりましょう。

◆予告編◆

 2024年05月19日(日)
 WINDS CAFE 329 in 原宿
【Shogirls meets ◯◯】
 三浦礼美・中村華子(笙)

 2024年06月16日(日)
 WINDS CAFE 330 in 原宿
【プーランク】
 百武恵子(ピアノ)、竹本聖子(チェロ)、田添菜穂子(ナレーション)、佐々木絵理子(ヴァイオリン)

 2024年07月28日(日)
 WINDS CAFE 331 in 原宿
【川島素晴 plays... vol.6.1 "ソロ"】
 川島素晴(作曲)

 2024年08月25日(日)
 WINDS CAFE 332 in 原宿
【(タイトル未定)】
 中島裕康(筝)

 2024年09月29日(日)
 WINDS CAFE 333 in 原宿
【泳げない魚のコーヒータイム】
 工藤あかね(ソプラノ)

 2024年10月27日(日)
 WINDS CAFE 334 in 原宿
【午後の小ピアノリサイタル = 作曲と即興との境界の考察〜音楽史のさまざまな局面から〜ラモーから武満、中川まで】
 中川俊郎(ピアノ)

 2024年11月17日(日)
 WINDS CAFE 335 in 原宿
【続・北原白秋のまざあ・ぐうす】
 會田瑞樹(打楽器)

 2024年12月15日(日)
 WINDS CAFE 336 in 原宿
【レクチャー】
 松本智勇(レクチャー)

pagetop


資料

WINDS CAFE 記録集……過去の WINDS CAFE の告知文や出演者プロフィール、セットリスト等を保管しています。

WINDS CAFE 初代公式ホームページ……上原敦郎氏のサイト内に創設された WINDS CAFE の初代公式ホームページ。 WINDS CAFE 前史の「音楽オフ」(1996年)を含め、1997年1月の WINDS CAFE 01 から2016年11月の 239 までの全告知文が収蔵されています。

旧 WINDS CAFE 会場 吉祥寺 WINDS GALLERY (1996.05 - 2006.12)……松本智勇さんの文章と写真で紹介する WINDS GALLERY の様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 三軒茶屋 レンタルスペースSF (2007.01-2008.03 + 2014.11-2015.12)……写真で紹介するレンタルスペースSFの様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 下北沢 MACA GALLERY (2008.04 - 2008.05)……写真で紹介する MACA GALLERY の様子です。

pagetop


チャリティー・オークション

旧会場 WINDS GALLERY は、オーナーの板橋氏のご厚意で、破格の会場費でお借りし続けてきましたが、参加者のみなさまから、あまりにこれでは申し訳ないので、何らかの形で費用を負担できないかという声をいただきました。そのご提案をかなえるべくして考え付いたのがチャリティー・オークションです。

参加者のみなさまから提供された品物を、パーティーの最中に競売にかけ、品物は落札者に、お金は、これまた破格で会場をご提供くださる会場オーナーに、川村の支払う会場費に上乗せしてお渡しします。

  

1998年1月からスタートしたこのオークション、まさか競りがこんなに盛り上がるものだとはやってみるまでわかりませんでした。これまで出品されたものは、ポスター、絵はがき、陶器、にはじまり、画集やプラモデル、そして美術家によるオリジナル作品。これまでの最高値は「衣裳史」手彩色版画(アート遊提供) \19,000、最安値は歴代総理大臣似顔絵夫婦茶碗 \1(笑)。

  

このシステムによって、 WINDS CAFE は、川村個人商店から、投資家のみなさまをお迎えしての株式会社へと発展したことになります。また、当日ご来場いただけないにもかかわらず、出品してくださる方もいらっしゃいます。どうぞ、一度オークションへご参加ください。当日品物をご持参いただくだけで出品いただけます。もちろん競売には、どなたでもご参加いただけます。

pagetop














































2024.4.1更新

text by 川村龍俊 KAWAMURA, Tatsutoshi home pagetop