home

WINDS CAFE でお会いしましょう

WINDS CAFE とは、1997年1月から、川村龍俊が、音楽を中心に美術演劇映画などさまざまなジャンルの方々に企画していただきながら続けている、イベント+パーティーです。いわゆる「オフ会」ではありません。ご来場にあたって予約は必要ありません。基本的に入場料は無料、出入り自由で、パーティーでの飲食は参加者のみなさまからの差し入れを期待しております。

WINDS CAFE のコンセプトは、「好きなことやものを楽しんでいる人と一緒にいるのはなんて楽しいことだろう」です。出演を依頼するときには、このコンセプトを共有していただけることが条件になっています。

1997年1月にスタートした WINDS CAFE も、2022年には、ついに26年目を迎えることになりました。これも、ご来場いただいた皆様、そして企画してくださった方々のおかげです。吉祥寺・三軒茶屋・下北沢・西荻窪・等々力・四谷・南麻布・新大久保・板橋・原宿・池上、そしてコロナ禍に於けるCD送付等、諸事情によってたびたび会場や開催方法を変更しておりますが、主旨に変更はございません。2022年も素敵な企画をたくさんご用意してお待ちしておりますので、どうぞお誘い合わせの上、お運びください。


「ジョン・ケージの似顔絵」 本田まさゆき a.k.a. 本田静丸(しずまる) 2005年

2022年は、ジョン・ケージ生誕110年+没後30年のメモリアル・イヤーです。WINDS CAFE では、1月から12月までの全12回の企画出演者の方々すべてに、「ケージにちなんだ何か」の上演をお願いしています。

2022.8.3更新

次の WINDS CAFE は……  資料  チャリティー・オークション



次の WINDS CAFE は……

 2022年8月21日(日)に開催する WINDS CAFE 308【CAGE on the corner】は、東京都の一日の新規感染者数が5桁であることを鑑み、密を避けるために、通常の WINDS CAFE 開催時における「出入り自由」「イベント後のパーティー」を中止し、「完全予約制」にして、開催時の室内の人数を限らせていただきます。

【ご予約のお申し込み方法】

1. メールでのみ受け付けます。
  tatsutoshi.kawamura★nifty.ne.jp 宛に(★を@に替えてください)
  タイトルを「WINDS CAFE 308 申し込み」とし、
  本文に「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を書いて、
  8月5日(金)午後7時以降に送信してください。
 ※その時刻より早く届いたメールは無効となります。

2. お申し込みは「1メールアドレスにつき、1名のみ」とさせていただきます。
 ※いただいた個人情報は名簿化した上で厳重に保管しますが、万が一の場合は保健所に提出しますのであしからずご了承ください。

3. 先着20名様までで締め切らせていただきます。


【ご来場時の注意事項】

1. 先着20名のお客様には、メールで、整理番号を明示した入場券を返送いたします(21番目以降のお申し込みメールにも返信します)。

2. 当日は受付で入場券を印刷した紙もしくは携帯端末画面でご提示ください。
  名簿と照合させていただきます。
 ※入場券のご提示がいただけない場合は入場をお断りすることもございます。

3. 当日はマスク着用を必須とさせていただきますのでご用意をお願いいたします。


 ……以上、しかつめらしいことがらを長々と書かせていただきましたが、コロナ禍の東京ではライブ会場をきちんと用意するための儀式って大変なんだなあ、要は飛行機に乗るようなもんだって思えばいいんだよね、と割り切っていただければ幸いです。

(2022年8月3日 WINDS CAFE 主宰 川村龍俊)


● WINDS CAFE 308 in 原宿 ●

【CAGE on the corner】




工藤あかね(ソプラノ)・廻由美子(ピアノ)

2022年8月21日(日) 13時半開場



カーサ・モーツァルト 東京都渋谷区神宮前1-10-23 3階
地下鉄「明治神宮前」出口5徒歩2分/JR「原宿」徒歩5分
http://casamoz.org/index.html

入場無料(投げ銭方式) 完全事前予約制・定員20名

13:30 開場
14:00 開演
16:00 終了予定


▼プログラム

ケージ:初期の3つの歌曲 (1932-33)
ケージ:SONNEKUS2 (1985)
サティ:3部からなる交響的ドラマ「ソクラテス」より第3楽章 (1918)
ケージ:アリア (1958)
中山晋平:砂山 〜ヘンリー・カウエルへのオマージュ〜 編曲:廻由美子 (1922/2022・初演)
シェーンベルク:月に憑かれたピエロ (1912)(第一部)※

※「月に憑かれたピエロ」は第一部のみ演奏します。全曲をお聴きになりたい方は、MClassics から 秋にリリース予定のCDをぜひお求めください。エルヴィン・シュタイン編曲による声とピアノ一台版は、おそらく世界初録音。Vocalは工藤あかね、超絶技巧の壮絶なピアノパートは廻由美子さんです。


▼川村からひとこと

 工藤あかねさんは、御夫君の松平敬君の出演する WINDS CAFE には、毎回、松平君から頼まれて(笑)、パーティー用に差し入れを持ってきてくださっていました。あ、もちろん、御夫君の企画ではない WINDS CAFE(笑)にも、お客様としてご来場いただいています。おそらくお知り合いになってから15年以上経ちますけれど、工藤さんの歌手としての本番に接する機会は逃したままでした。

 そんなある日、工藤さんからいただいた WINDS CAFE 感想メールの末尾に、次の文章が添えられていたのでした:『わたしも、ケージ作品は「アリア」「SONNEKUS2」などをはじめ、これまでに何作品も手がけたことがありますので、もし未来の人選にお困りの時には、お声お掛けくだされば幸いです。』……これをうっかり見逃すような私ではありません。

 というわけで、本年のケージ・メモリアルイヤーには、ご夫婦による男声・女声企画が、それぞれ1回ずつ、設けられることになったのでした。振り返れば、松平君が2006年に WINDS CAFE で最初に企画してくれることになったのも、松平君からの立候補の表明に私が諸手を挙げて賛成したからだったのです。夫婦そろってこういうのって、ちょっとすてきじゃない? ぼかぁ、すきだなあ。

 2月の松平君の1時間半ぶっ通しの「Sixty-Two Mesostics re Merce Cunningham」には、未だに脳裏からはがれないほどのインパクトがありましたが、どうしてどうして、工藤さんは、スーパーなピアニスト、廻由美子さんをフィーチャーして、ハイパーなプログラムを作ってくださいました。ここ数年間における工藤あかねコンサートのベスト盤のような濃密さです。ケージもたっぷり。うーん、楽しみ。


▼工藤あかねさんからの手紙

 川村さんにはこれまで、夫のバリトン歌手、松平敬が何度もお世話になっております。このたび、光栄にも WINDS CAFE へジャンプインしてほしい、とのお話を私にもいただきました。

 あわてて家中のケージの楽譜を引っぱりだして、検討開始。ところがケージの譜面をあらためて見てわかったのは、付け焼き刃で対応できるような作品ではないということでした。当然です。

 譜面自体にデザインがあるので見ているとワクワクしますが、時間をかけて準備しないとお客様、とりわけ「ケージといえば川村さん」……のような方の前で演奏するのは厳しい。さて、どうしよう。いきなりピンチです。

 ケージの生誕110年没後30年のメモリアルイヤーですから、2022年の WINDS CAFE では、彼の作品を必ず入れるとのこと。(川村註:ケージに「ちなんで」ください、とお願いしたつもりだったのですが……。嬉しいけどね。)

「SONNEKUS2」と「アリア」は演奏することにしたものの、クローズド・ピアノ作品で、あのベヒシュタインの蓋を叩いていいのかなぁとか、会場であるカーサ・モーツァルトの美しい猫足の椅子の上に立ったりするのはさすがに畏れ多くてできないなぁ、などと考えているうちに時が過ぎてしまいます。

 そもそも川村さんからいただいたメールには、サティ「ソクラテス」や、先日ピアノの廻由美子さんと収録したシェーンベルク「月に憑かれたピエロ」といった作品名が踊っていました。

 廻さんにおずおずとご相談したところ、ご出演くださることに。晴れてそれらの曲や、ケージ「初期の3つの歌曲」も演奏できることになりました。さらに中山晋平「砂山」にヘンリー・カウエル風アレンジを加えてみようか? と、廻さんから驚きのご提案も飛び出しました。

 サティもシェーンベルクもカウエルも、ケージと関わりのある作曲家たちです。さてどんな時間になるのか、わたし自身も波を待つ気分です。


▼プロフィール

●工藤あかね(くどう・あかね):東京藝術大学卒業。先鋭的な作品の解釈をシュトックハウゼン講習会で学ぶ。サントリー芸術財団「サマーフェスティバル」「Tokyo experimental Festival」「Tate a Tate The Opera Festival(ロンドン)」「ダ・ヴィンチ音楽祭in川口」「草津夏期国際音楽祭」などに古楽から新作初演までの作品で出演。「新しい耳」テッセラ音楽祭ではシェーンベルク「グレの歌」などを歌った。第1回一柳慧コンテンポラリー賞。ヒロイン役を演唱したレロイ作曲のオペラ「THE鍵KEY」が第19回佐治敬三賞。
https://twitter.com/akanematsudaira

●廻由美子(めぐり・ゆみこ):桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業の後、渡米。帰国後は多彩な演奏活動を展開。バロックから現代に至る20枚に及ぶCDを国内及びアメリカ、カナダ、ドイツでリリース。世界初演も数多く、ドイツ、イタリア、カナダ、台湾など、世界各国の現代音楽祭に招聘されている。また、ジャンルを超えたアーティストからの信頼も厚く、ジャズ、即興、島唄、演劇、ダンスなどとのコラボレーションなど多数。2007年より年2回主宰する「新しい耳」テッセラ音楽祭は30回を超える。現在、桐朋学園大学教授。
https://www.yumikomeguri.com/



カーサ・モーツァルト

 もっと音楽のある生活を! もっと気軽に生演奏を! そんな発想で新しくスタートした音楽サロンです。
 ここはかつて大のモーツァルトファンだった父中村眞がモーツァルトを聴くためのプライベートスペースでした。
 1976年より父はヨーロッパ各地のモーツァルトゆかりの地を訪ね歩き、書籍や資料を蒐集して少しずつ持ち帰り、1983年にモーツァルト愛好家たちの集まる場所を作ってカーサ・モーツァルト(モーツァルトの家)と名付けました。
 父亡き後、遺された多くの書籍やレコードを整理しながら、学友たちと何か出来ないものかと話しました。そして我々自身で床掃除、壁のペンキ塗りと少しずつ綺麗にしていき、多くのアーティストたちの一助になればとの思いで、企画運営に乗り出しました。
 ここ新しいカーサ・モーツァルトでは創造を形にする様々なパフォーマンスを行うことができます。小ぢんまりとした空間なので観客との一体感を肌で感じることができます。
(カーサ・モーツァルト代表理事 中村孝)



それでは2022年8月21日(日)に原宿でお目にかかりましょう。

◆予告編◆

★2022年はジョン・ケージ生誕110年・没後30年のメモリアルイヤーです★

 2022年09月11日(日)
 WINDS CAFE 309 in 原宿
【ジョン・ケージ弦楽四重奏作品全曲演奏会】
 迫田圭(ヴァイオリン)、亀井庸州・加藤美菜子(ヴァイオリン、ヴィオラ )、北嶋愛季(チェロ)

 2022年10月16日(日)
 WINDS CAFE 310 in 原宿
【John cage / canvas of time】
 冷泉淳(企画・立案、パフォーマー)feat. 村井啓哲(指導、ライブ・エレクトロニクス)

 2022年11月13日(日)
 WINDS CAFE 311 in 原宿
【MOZART MIX】
 川村龍俊(WINDS CAFE 主宰)feat. 井部治(OMEGA POINT 主宰)

 2022年12月11日(日)
 WINDS CAFE 312 in 原宿
【ケージを何か】
 松本智勇(レクチャー)

pagetop


資料

WINDS CAFE 記録集……過去の WINDS CAFE の告知文や出演者プロフィール、セットリスト等を保管しています。

WINDS CAFE 初代公式ホームページ……上原敦郎氏のサイト内に創設された WINDS CAFE の初代公式ホームページ。 WINDS CAFE 前史の「音楽オフ」(1996年)を含め、1997年1月の WINDS CAFE 01 から2016年11月の 239 までの全告知文が収蔵されています。

旧 WINDS CAFE 会場 吉祥寺 WINDS GALLERY (1996.05 - 2006.12)……松本智勇さんの文章と写真で紹介する WINDS GALLERY の様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 三軒茶屋 レンタルスペースSF (2007.01-2008.03 + 2014.11-2015.12)……写真で紹介するレンタルスペースSFの様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 下北沢 MACA GALLERY (2008.04 - 2008.05)……写真で紹介する MACA GALLERY の様子です。

pagetop


チャリティー・オークション

旧会場 WINDS GALLERY は、オーナーの板橋氏のご厚意で、破格の会場費でお借りし続けてきましたが、参加者のみなさまから、あまりにこれでは申し訳ないので、何らかの形で費用を負担できないかという声をいただきました。そのご提案をかなえるべくして考え付いたのがチャリティー・オークションです。

参加者のみなさまから提供された品物を、パーティーの最中に競売にかけ、品物は落札者に、お金は、これまた破格で会場をご提供くださる会場オーナーに、川村の支払う会場費に上乗せしてお渡しします。

  

1998年1月からスタートしたこのオークション、まさか競りがこんなに盛り上がるものだとはやってみるまでわかりませんでした。これまで出品されたものは、ポスター、絵はがき、陶器、にはじまり、画集やプラモデル、そして美術家によるオリジナル作品。これまでの最高値は「衣裳史」手彩色版画(アート遊提供) \19,000、最安値は歴代総理大臣似顔絵夫婦茶碗 \1(笑)。

  

このシステムによって、 WINDS CAFE は、川村個人商店から、投資家のみなさまをお迎えしての株式会社へと発展したことになります。また、当日ご来場いただけないにもかかわらず、出品してくださる方もいらっしゃいます。どうぞ、一度オークションへご参加ください。当日品物をご持参いただくだけで出品いただけます。もちろん競売には、どなたでもご参加いただけます。

pagetop









































text by 川村龍俊 KAWAMURA, Tatsutoshi home pagetop