home

WINDS CAFE でお会いしましょう

WINDS CAFE とは、1997年1月から、川村龍俊が、音楽を中心に美術演劇映画などさまざまなジャンルの方々に企画していただきながら続けている、イベント+パーティーです。いわゆる「オフ会」ではありません。ご来場にあたって予約は必要ありません。基本的に入場料は無料、出入り自由で、パーティーでの飲食は参加者のみなさまからの差し入れを期待しております。

WINDS CAFE のコンセプトは、「好きなことやものを楽しんでいる人と一緒にいるのはなんて楽しいことだろう」です。出演を依頼するときには、このコンセプトを共有していただけることが条件になっています。

1997年1月にスタートした WINDS CAFE も、2019年には、ついに23年目を迎えることになりました。これも、ご来場いただいた皆様、そして企画してくださった方々のおかげです。吉祥寺・三軒茶屋・下北沢・西荻窪・等々力・四谷・新大久保・板橋・原宿・池上等、諸事情によってたびたび会場を変更しておりますが、主旨に変更はございません。2019年も素敵な企画をたくさんご用意してお待ちしておりますので、どうぞお誘い合わせの上、お運びください。

2019.3.19更新

次の WINDS CAFE は……  資料  チャリティー・オークション


次の WINDS CAFE は……


● WINDS CAFE 268 in 原宿 ●

【木下正道とブラームス】




岩瀬龍太(クラリネット)
川村恵里佳(ピアノ)

2019年4月21日(日) 午後2時半開場

カーサ・モーツァルト 東京都渋谷区神宮前1-10-23 3階
地下鉄「明治神宮前」出口5徒歩2分/JR「原宿」徒歩5分
http://casamoz.org/index.html

入場無料(投げ銭方式) 差し入れ大歓迎!(特にお酒や食べ物)

※出入り自由ですが、できるだけ開演時刻に遅れないようご来場ください。

14:30 開場
15:00 開演
17:00 パーティー+オークション


▼プログラム

木下正道:不可視の絆の中の絆III(2018)
木下正道:間奏曲(委嘱新作)
ヨハネス・ブラームス:クラリネットソナタ第1番ヘ短調 op.120-1(1894)
ヨハネス・ブラームス:クラリネットソナタ第2番変ホ長調 op.120-2(1894)


▼川村からひとこと

 岩瀬龍太君に初めて出会ったのは、2016年11月 WINDS CAFE 239【家庭厳峻不容陸老従真門入・若い演奏家による木下正道作品展】に来場してくれたときでした。

 そのときは、岩瀬君が何者なのか知らなかったのですが、交換した名刺でクラリネット奏者であることがわかり、まもなくウィーンに飛び、ウィーンコンツェルトハウスで演奏した後、年明けに帰国する、という話を聞いてびっくり。

 その後、メール交換を通して WINDS CAFE 出演が決定し、2018年には演奏者6人による、まさかまさかの作曲家自身の出演までプログラムされたゴージャスな企画 WINDS CAFE 254【鈴木治行・室内楽レトロスペクティプ1991-2016】を開催してくれました。

 川村恵里佳さんに初めてお目にかかったのも、2016年の【家庭厳峻不容陸老従真門入・若い演奏家による木下正道作品展】で、木下君が演奏者として招いたときでした。【鈴木治行・室内楽レトロスペクティプ1991-2016】では、驚いたことにまたまた川村さんが登壇。

 そして川村さんに頼んだ企画 WINDS CAFE 261【Phidias Trio】では、岩瀬君もメンバーとして登壇。結局お二人には2018年に2回、 WINDS CAFE に出演していただいたのでした(笑)。

 今回は、その岩瀬君のウィーン仕込みのクラリネットを思い切り聞きたいとの私のリクエストに応えてくれての、なんとブラームス最晩年の作品演奏会です。20年以上 WINDS CAFE をやってきましたが、ブラームスの大作が演奏されるのはひょっとしたら初めてかもしれません(笑)。

 木下正道君に間奏曲の新作を頼むという、合わせ技も見逃せません。ひょっとしたら、とてもエポックメイキングな午後になりますよ、うん。どうぞみなさまお誘い会わせの上、お運びください。

 あ、そうだ。川村恵里佳さんと私は、同じ名字ですが親戚ではありません。あしからずご了承ください(笑)。


▼岩瀬龍太君からの手紙

 作曲家木下正道とヨハネス・ブラームス、時間を超えた2人の対話。

 ブラームス晩年の傑作、2つのクラリネット・ソナタのために、木下正道が間奏曲を書き下ろす。

 新たな世界を発見できる必聴企画!

 普段、現代曲ばかり演奏している、岩瀬龍太と川村恵里佳のブラームスの解釈も必聴!


▼プロフィール

●岩瀬龍太(いわせ・りゅうた):桐朋学園大学、同大学オーケストラアカデミーに学ぶ。修了後ベルギーのアントワープ王立音楽院とモンス王立音楽院にて、ワルター・ブイケンス、ロナルド・ヴァン・スパンドンクの両氏に師事。
これまでに、ピエトロ・アルジェント国際室内楽コンクール第1位。マルコ・フィオリンド国際室内楽コンクール第3位。パドヴァ国際室内楽コンクール第3位。夏期国際音楽アカデミー(ウィーン)においてバルトーク賞を受賞。
2009年より現代音楽専門の Ensemble Platypus Wien, 2016年より Ensemble Exophonie Tokyo, Phidias Trio のクラリネット奏者。ウィーンモデルン現代音楽祭をはじめ数々の音楽祭に招聘される。
http://www.platypus.or.at

●川村恵里佳(かわむら・えりか):東京音楽大学器楽専攻(ピアノ演奏家コース)卒業、同大学院修士課程器楽専攻鍵盤楽器研究領域(伴奏)修了。在学中、レインボウ21・サントリーホールデビューコンサートに出演。
2014年、第11回現代音楽演奏コンクール"競楽XI"(日本現代音楽協会・朝日新聞社主催)にて、審査委員特別奨励賞を受賞。以来、現代音楽の演奏に積極的に取り組み、新曲初演を含む数々のプロジェクトに参加する。
これまでに播本枝未子、石井克典、河内純、土田英介、山洞智、野平一郎の各氏に師事。また、イタマール・ゴラン、高橋アキ各氏のマスタークラスを受講。
https://www.facebook.com/phidias.trio/

●木下正道(きのした・まさみち):1969年、福井県大野市生まれ。吹奏楽とハードロックの経験の後、東京学芸大学で音楽を学ぶ。大学入学後はフリージャズや集団即興、お笑いバンド活動なども行った。2001年度武満徹作曲賞選外佳作(審査員=オリバー・ナッセン)、平成14年度文化庁舞台芸術創作奨励賞、2003年日本現代音楽協会新人賞、などに入選。
現在は、様々な団体や個人からの委嘱や共同企画による作曲、優れた演奏家の協力のもとでの先鋭的な演奏会の企画、通常とは異なる方法で使用する電気機器による即興演奏、の三つの柱で活動を展開する。
武生国際音楽祭で出会った作曲家(徳永崇、渡辺俊哉、星谷丈生)とともに、作曲家グループ「PATH」を結成、定期的に演奏会を開催。武生国際音楽祭「新しい地平」アシスタント。ここ数年は年間15曲程度を作曲、初演。
2018年は6月に、若い演奏家の協力を得て全曲初演の個展を東京オペラシティ・近江楽堂にて開催。また9月に、30分を超えるオーケストラ曲が東京で初演された。2019年は5月にドイツでピアノとエレクトロニクスのための作品が、また10月にホルントリオが初演される予定である。その他にも多くの若手演奏家、作曲家たちによる企画に招聘されている。


カーサ・モーツァルト

 もっと音楽のある生活を! もっと気軽に生演奏を! そんな発想で新しくスタートした音楽サロンです。
 ここはかつて大のモーツァルトファンだった父中村眞がモーツァルトを聴くためのプライベートスペースでした。
 1976年より父はヨーロッパ各地のモーツァルトゆかりの地を訪ね歩き、書籍や資料を蒐集して少しずつ持ち帰り、1983年にモーツァルト愛好家たちの集まる場所を作ってカーサ・モーツァルト(モーツァルトの家)と名付けました。
 父亡き後、遺された多くの書籍やレコードを整理しながら、学友たちと何か出来ないものかと話しました。そして我々自身で床掃除、壁のペンキ塗りと少しずつ綺麗にしていき、多くのアーティストたちの一助になればとの思いで、企画運営に乗り出しました。
 ここ新しいカーサ・モーツァルトでは創造を形にする様々なパフォーマンスを行うことができます。小ぢんまりとした空間なので観客との一体感を肌で感じることができます。
(カーサ・モーツァルト代表理事 中村孝)



それでは2019年4月21日(日)に原宿でお目にかかりましょう。

◆予告編◆

 2019年 5月19日(日)
 WINDS CAFE 269 in 原宿【特集:アルヴィン・ルシエの音楽】
 山田岳(ギター、その他)

 2019年 6月16日(日)
 WINDS CAFE 270 in 原宿【打楽器百花繚乱VI】
 會田瑞樹(打楽器)

 2019年 7月21日(日)
 WINDS CAFE 271 in 原宿【アーチリュートの音楽 〜アレッサンドロ・ピッチニーニの作品を中心に〜】
 佐藤亜紀子(リュート)

 2019年 8月25日(日)
 WINDS CAFE 272 in 原宿【野村誠+大田智美 デュオコンサート】
 野村誠(作曲家、ピアノ)・大田智美(アコーディオン)

 2019年 9月29日(日)
 WINDS CAFE 273 in 原宿【初期チェンバロ音楽の魅力】
 上尾直毅(チェンバロ)

 2019年10月20日(日)
 WINDS CAFE 274 in 原宿【森重靖宗の音世界】
 森重靖宗(チェロ、ピアノ、ヴォーカル)

 2019年11月17日(日)
 WINDS CAFE 275 in 原宿【無伴奏チェロ】
 細井唯(チェロ)

 2019年12月15日(日)
 WINDS CAFE 276 in 原宿【レクチャー】
 松本智勇(レクチャー)

pagetop


資料

WINDS CAFE 記録集……過去の WINDS CAFE の告知文や出演者プロフィール、セットリスト等を保管しています。

WINDS CAFE 初代公式ホームページ……上原敦郎氏のサイト内に創設された WINDS CAFE の初代公式ホームページ。 WINDS CAFE 前史の「音楽オフ」(1996年)を含め、1997年1月の WINDS CAFE 01 から2017年2月の 242 までの全告知文が収蔵されています。

WINDS CAFE 写真集(鬼頭美裕さんのサイト)……WINDS CAFE の記録写真がまとめて見られます。

旧 WINDS CAFE 会場 吉祥寺 WINDS GALLERY (1996.05 - 2006.12)……松本智勇さんの文章と写真で紹介する WINDS GALLERY の様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 三軒茶屋 レンタルスペースSF (2007.01-2008.03 + 2014.11-2015.12)……写真で紹介するレンタルスペースSFの様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 下北沢 MACA GALLERY (2008.04 - 2008.05)……写真で紹介する MACA GALLERY の様子です。

pagetop


チャリティー・オークション

旧会場 WINDS GALLERY は、オーナーの板橋氏のご厚意で、破格の会場費でお借りし続けてきましたが、参加者のみなさまから、あまりにこれでは申し訳ないので、何らかの形で費用を負担できないかという声をいただきました。そのご提案をかなえるべくして考え付いたのがチャリティー・オークションです。

参加者のみなさまから提供された品物を、パーティーの最中に競売にかけ、品物は落札者に、お金は、これまた破格で会場をご提供くださる会場オーナーに、川村の支払う会場費に上乗せしてお渡しします。

  

1998年1月からスタートしたこのオークション、まさか競りがこんなに盛り上がるものだとはやってみるまでわかりませんでした。これまで出品されたものは、ポスター、絵はがき、陶器、にはじまり、画集やプラモデル、そして美術家によるオリジナル作品。これまでの最高値は「衣裳史」手彩色版画(アート遊提供) \19,000、最安値は歴代総理大臣似顔絵夫婦茶碗 \1(笑)。

  

このシステムによって、 WINDS CAFE は、川村個人商店から、投資家のみなさまをお迎えしての株式会社へと発展したことになります。また、当日ご来場いただけないにもかかわらず、出品してくださる方もいらっしゃいます。どうぞ、一度オークションへご参加ください。当日品物をご持参いただくだけで出品いただけます。もちろん競売には、どなたでもご参加いただけます。

pagetop

































text by 川村龍俊 KAWAMURA, Tatsutoshi home pagetop