home

WINDS CAFE でお会いしましょう

WINDS CAFE とは、1997年1月から、川村龍俊が、音楽を中心に美術演劇映画などさまざまなジャンルの方々に企画していただきながら続けている、イベント+パーティーです。いわゆる「オフ会」ではありません。ご来場にあたって予約は必要ありません。基本的に入場料は無料、出入り自由で、パーティーでの飲食は参加者のみなさまからの差し入れを期待しております。

WINDS CAFE のコンセプトは、「好きなことやものを楽しんでいる人と一緒にいるのはなんて楽しいことだろう」です。出演を依頼するときには、このコンセプトを共有していただけることが条件になっています。

1997年1月にスタートした WINDS CAFE も、2021年には、ついに25年目を迎えることになりました。これも、ご来場いただいた皆様、そして企画してくださった方々のおかげです。吉祥寺・三軒茶屋・下北沢・西荻窪・等々力・四谷・新大久保・板橋・原宿・池上、そしてコロナ禍に於けるCD送付等、諸事情によってたびたび会場や開催方法を変更しておりますが、主旨に変更はございません。2021年も素敵な企画をたくさんご用意してお待ちしておりますので、どうぞお誘い合わせの上、お運びください。

2021.7.23更新

次の WINDS CAFE は……  資料  チャリティー・オークション



次の WINDS CAFE は……


 2021年8月22日(日)に開催する WINDS CAFE 296【光に向かって、、、林光 生誕90年・没後9年に寄せて】は、東京都の一日の新規感染者数が4桁であることを鑑み、通常の WINDS CAFE 開催時における「出入り自由」「イベント後のパーティー」を中止し、「完全予約制」にして、開催時の室内の人数を限らせていただきます。

 同一内容を入れ替え制で「昼の部(13:00開場)」と「夜の部(16:00開場)」の2回、開催しますので、どちらか一方に、下記をよくお読みになってから、お申し込みください。


【ご予約のお申し込み方法】

1. メールでのみ受け付けます。
  このページの一番下にある「text by 川村龍俊 KAWAMURA, Tatsutoshi」をクリックして、
  タイトルを「WINDS CAFE 296 昼の部申し込み」もしくは「WINDS CAFE 296 夜の部申し込み」とし、
  本文に「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を書いて、
  7月26日(月)午後7時以降に送信してください。
 ※その時刻より早く届いたメールは無効となります。

2. お申し込みは「1メールアドレスにつき、1名のみ」とさせていただきます。
 ※いただいた個人情報は名簿化した上で厳重に保管しますが、万が一の場合は保健所に提出しますのであしからずご了承ください。

3. 各回先着20名様までで締め切らせていただきます。


【ご来場時の注意事項】

1. 各回先着20名のお客様には、メールで、整理番号を明示した入場券を返送いたします(21番目以降のお申し込みメールにも返信します)。

2. 当日は受付で入場券を印刷した紙もしくは携帯端末画面でご提示ください。
  名簿と照合させていただきます。
 ※入場券のご提示がいただけない場合は入場をお断りすることもございます。

3. 当日はマスク着用を必須とさせていただきますのでご用意をお願いいたします。


 ……以上、しかつめらしいことがらを長々と書かせていただきましたが、コロナ禍の東京ではライブ会場をきちんと用意するための儀式って大変なんだなあ、要は飛行機に乗るようなもんだって思えばいいんだよね、と割り切っていただければ幸いです。

(2021年7月23日 WINDS CAFE 主宰 川村龍俊)



● WINDS CAFE 296 in 原宿 ●

【光に向かって、、、林光 生誕90年・没後9年に寄せて】



富塚研二(歌)、伊坪淑子(ピアノ)

2021年8月22日(日) 午後1時昼の部開場/午後4時夜の部開場


カーサ・モーツァルト 東京都渋谷区神宮前1-10-23 3階
地下鉄「明治神宮前」出口5徒歩2分/JR「原宿」徒歩5分
http://casamoz.org/index.html

入場無料(投げ銭方式) 完全事前予約制・各回定員20名

13:00 昼の部開場(13:20よりプレコンサート10分間)
13:40 昼の部開演
14:40 昼の部終了、解散
 |
16:00 夜の部開場(16:20よりプレコンサート10分間)
16:40 夜の部開演
17:40 夜の部終了、解散


▼プログラム

林光
「四つの夕暮れの歌」
「ソング」より


▼川村からひとこと

 富塚研二さんと出会ったのは、1983年の春でした。私が大学1年生のときに作ったグループ "Contemporary Artistic Nation", 略してCANに入会してくださったのです。先輩として時には悪友として、多くのイベントをいっしょに手がけながら、富塚さんから教わったことは数え切れません。

 愛の戦士レインボーマン主題歌4曲(死ね死ね団のテーマ含む)をバンド演奏したときのコーラスとミスターKの台詞(笑)、私が結婚してまもなく我が家(マンション)にチェンバロを運び込んで(!)のバロック歌曲リサイタル、東京都美術館での「第45回日本アンデパンダン展」と「第3世界とわれわれ展」でのパフォーマンス、四谷P3や京都大学でのジョン・ケージ楽曲の演奏と演出と、富塚さんとご一緒した企画はどれも忘れがたいものばかり。

 WINDS CAFE には2003年5月に【ナラシオン 〜 読み 語り 伝える】と題して、ワークショップと暗唱を披露してくださいました。また、震災直前には、私が毎週通っていた福島県須賀川市でリサイタルを2回開いて、満員御礼の大成功を収めていらっしゃいます。昨今は西耕一君企画による伊福部昭や冨田勲や冬木透やチャージマン研(!)のコンサートで、ワンダバコーラスや男声合唱メンバーとしてもステージに立っておられます。

 2019年1月には WINDS CAFE 265【平和への祈りのうた 〜無伴奏独唱による〜】で、無伴奏独唱で20曲という、ちょっとにわかには信じ難い企画を無事に完走、場内は溜息と拍手に包まれました。富塚さんの、取り上げる楽曲や作曲家、作詞家に対する研究の深さには頭が下がるばかりです。

 今回は長年に渡って取り組んでこられた林光のソングを中心にしたプログラムとのこと。昼の部・夜の部は同一内容ですが、プレコンサートは違う歌を用意してくださるそうです。でも、小沢健二風に言えば、何を歌うかはナイショ・な・の・さ〜♪


▼富塚研二さんからの手紙

 林光氏の作品には音楽大学入学以前から触れており、数多くのソングから影響を受けていました。

 また、氏の社会に向けた発言も思い出され、様々な事件や出来事の折々に「光さんだったら、どんな発言をされただろう」と考えておりました。

 今回、自分自身の越し方行く末を考えつつ、林氏の歌曲とソングから構成いたします。


▼プロフィール

●富塚研二(とみづか・けんじ):国立音楽大学卒業。声楽を矢輔和雄、宮永康男、須藤美衣子の各氏に師事。合唱、アンサンブル活動の他、舞踏家・美術家・詩人・俳優など他分野の表現者との共同作業を多数行う。またヴォイス・トレーナーとして声・言葉を扱う職業人を各地で指導。
2008年、2009年の「旭川≪雪の降る街を≫音楽祭」中田喜直記念コンクールにおいて、二年連続第二位金賞・内村直也賞受賞。2010 年奏楽堂日本歌曲コンクール入選。
2008年宮城県仙台市で、また2010年、2011年、福島県郡山市と須賀川市でリサイタル開催。2011年東日本大震災後より、追悼企画、チャリティー演奏に毎年参加。
李達也監督:映画「GALAPAGOS」(2013)
劇団「娯楽天国」:創立30周年記念公演「娯楽天国の『お気に召すまま』」シェイクスピア原作/小倉昌之演出(2018)
劇団石るつ:「犀」イオネスコ作/境野修次演出(2018)、「悪童日記」アゴタ・クリストフ原作/境野修次演出(2019)
新国立劇場:演劇「あの出来事」デヴィッド・グレッグ作/谷岡健彦訳/瀬戸山美咲演出(2019)
西耕一(スリーシェルズ)企画「伊福部昭百年紀」「ヒーローコーラス」ほかのコンサートシリーズへ合唱、アンサンブルとして参加。

●伊坪淑子(いつぼ・よしこ):ピアノを故塚原瑛子、藤井一興、故ジェルメーヌ・ムニエ各氏に、室内楽を野平一郎、菊池真美各氏に、コレペティをダンテ・マッツォーラ氏に師事。フェリス女学院大学音楽学部ディプロマコース修了後、桐朋学園大学音楽学部ディプロマコース修了。その後パリのエコールノルマルに留学。
パリのナポレオンが眠るアンヴァリッドの前の広場においてのコンサートはフランス全土で放映される。ベルリンフィル・クラリネット首席奏者フックス氏をはじめとする、国内外の奏者とも共演を重ねる。
帰国後は主にフランス語の歌曲、オペラ等の演奏に取り組んでいたが、Alberto CUPIDO、Luciana SERRA をはじめとする数々のイタリア人の著名な歌手のマスターコースの伴奏をする機会をきっかけに、特にイタリアオペラにおける詩のリズムや韻律の重要性を強く感じ、2020年2月にはイタリアのシエナにおいてオペラ台本研究者の第一人者である Luca BONOMI 氏の元で学ぶ。また数年前から14233行にも及ぶダンテの『神曲』原文読破にも取り組んでいる。
日本声楽家協会、二期会イタリアオペラ研究会ピアニスト、聖徳大学兼任講師。



カーサ・モーツァルト

 もっと音楽のある生活を! もっと気軽に生演奏を! そんな発想で新しくスタートした音楽サロンです。
 ここはかつて大のモーツァルトファンだった父中村眞がモーツァルトを聴くためのプライベートスペースでした。
 1976年より父はヨーロッパ各地のモーツァルトゆかりの地を訪ね歩き、書籍や資料を蒐集して少しずつ持ち帰り、1983年にモーツァルト愛好家たちの集まる場所を作ってカーサ・モーツァルト(モーツァルトの家)と名付けました。
 父亡き後、遺された多くの書籍やレコードを整理しながら、学友たちと何か出来ないものかと話しました。そして我々自身で床掃除、壁のペンキ塗りと少しずつ綺麗にしていき、多くのアーティストたちの一助になればとの思いで、企画運営に乗り出しました。
 ここ新しいカーサ・モーツァルトでは創造を形にする様々なパフォーマンスを行うことができます。小ぢんまりとした空間なので観客との一体感を肌で感じることができます。
(カーサ・モーツァルト代表理事 中村孝)



それでは2021年8月22日(日)に原宿でお目にかかりましょう。

◆予告編◆

 2021年 9月12日(日)
 WINDS CAFE 297 in 原宿
【100年の17絃と9月の12日】
 中島裕康(十七絃)、山本和智(作曲)

 2021年10月17日(日)
 WINDS CAFE 298 in 原宿
【音の状況を発見するために:アルヴィン・ルシエの作曲作品】
 佐藤実 a.k.a. m/s (芸術家)

 2021年11月14日(日)
 WINDS CAFE 299 in 原宿
【野村誠のアコーディオン、全部やります!(前編・ソロ&デュオ)】
 大田智美(アコーディオン)

 2021年12月12日(日)
 WINDS CAFE 300 in 原宿
【海のシモン】
 松本智勇(レクチャー)

pagetop


資料

WINDS CAFE 記録集……過去の WINDS CAFE の告知文や出演者プロフィール、セットリスト等を保管しています。

WINDS CAFE 初代公式ホームページ……上原敦郎氏のサイト内に創設された WINDS CAFE の初代公式ホームページ。 WINDS CAFE 前史の「音楽オフ」(1996年)を含め、1997年1月の WINDS CAFE 01 から2016年11月の 239 までの全告知文が収蔵されています。

旧 WINDS CAFE 会場 吉祥寺 WINDS GALLERY (1996.05 - 2006.12)……松本智勇さんの文章と写真で紹介する WINDS GALLERY の様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 三軒茶屋 レンタルスペースSF (2007.01-2008.03 + 2014.11-2015.12)……写真で紹介するレンタルスペースSFの様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 下北沢 MACA GALLERY (2008.04 - 2008.05)……写真で紹介する MACA GALLERY の様子です。

pagetop


チャリティー・オークション

旧会場 WINDS GALLERY は、オーナーの板橋氏のご厚意で、破格の会場費でお借りし続けてきましたが、参加者のみなさまから、あまりにこれでは申し訳ないので、何らかの形で費用を負担できないかという声をいただきました。そのご提案をかなえるべくして考え付いたのがチャリティー・オークションです。

参加者のみなさまから提供された品物を、パーティーの最中に競売にかけ、品物は落札者に、お金は、これまた破格で会場をご提供くださる会場オーナーに、川村の支払う会場費に上乗せしてお渡しします。

  

1998年1月からスタートしたこのオークション、まさか競りがこんなに盛り上がるものだとはやってみるまでわかりませんでした。これまで出品されたものは、ポスター、絵はがき、陶器、にはじまり、画集やプラモデル、そして美術家によるオリジナル作品。これまでの最高値は「衣裳史」手彩色版画(アート遊提供) \19,000、最安値は歴代総理大臣似顔絵夫婦茶碗 \1(笑)。

  

このシステムによって、 WINDS CAFE は、川村個人商店から、投資家のみなさまをお迎えしての株式会社へと発展したことになります。また、当日ご来場いただけないにもかかわらず、出品してくださる方もいらっしゃいます。どうぞ、一度オークションへご参加ください。当日品物をご持参いただくだけで出品いただけます。もちろん競売には、どなたでもご参加いただけます。

pagetop






































text by 川村龍俊 KAWAMURA, Tatsutoshi home pagetop