home

WINDS CAFE でお会いしましょう

WINDS CAFE とは、1997年1月から、川村龍俊が、音楽を中心に美術演劇映画などさまざまなジャンルの方々に企画していただきながら続けている、イベント+パーティーです。いわゆる「オフ会」ではありません。ご来場にあたって予約は必要ありません。基本的に入場料は無料、出入り自由で、パーティーでの飲食は参加者のみなさまからの差し入れを期待しております。

WINDS CAFE のコンセプトは、「好きなことやものを楽しんでいる人と一緒にいるのはなんて楽しいことだろう」です。出演を依頼するときには、このコンセプトを共有していただけることが条件になっています。

1997年1月にスタートした WINDS CAFE も、2019年には、ついに23年目を迎えることになりました。これも、ご来場いただいた皆様、そして企画してくださった方々のおかげです。吉祥寺・三軒茶屋・下北沢・西荻窪・等々力・四谷・新大久保・板橋・原宿・池上等、諸事情によってたびたび会場を変更しておりますが、主旨に変更はございません。2019年も素敵な企画をたくさんご用意してお待ちしておりますので、どうぞお誘い合わせの上、お運びください。

2019.8.6更新

次の WINDS CAFE は……  資料  チャリティー・オークション


次の WINDS CAFE は……


● WINDS CAFE 272 in 原宿 ●

【野村誠+大田智美デュオ 野村誠作曲作品オンパレード(即興演奏なし!)】

大田智美(アコーディオニスト)
野村誠(作曲家/ピアニスト)

2019年8月25日(日) 午後1時45分開場

カーサ・モーツァルト 東京都渋谷区神宮前1-10-23 3階
地下鉄「明治神宮前」出口5徒歩2分/JR「原宿」徒歩5分
http://casamoz.org/index.html

入場無料(投げ銭方式) 差し入れ大歓迎!(特にお酒や食べ物)

※出入り自由ですが、できるだけ開演時刻に遅れないようご来場ください。

13:45 開場
14:00 開演
17:00 パーティー+オークション


▼プログラム

野村誠:「ウマとの音楽」(2005)

野村誠:「動物の演劇組曲」(2007)
01 オープニング
02 シシオザル
03 ドゥクラングール
04 オランウータン
05 北極グマ
06 インドライオン
07 オオアリクイ
08 ニホンザル
09 ウミネコ
10 オットセイ

野村誠:新潟組曲「水と土のこどもたち」(2018)
01 謎の多い自然
02 チョチョズ
03 愉快な小熊さん
04 蓮の成長
05 福島潟大事件
06 福島潟散歩


▼川村からひとこと

 野村誠君の存在を初めて意識したのは、1994〜95年に水戸芸術館で開催された「ジョン・ケージのローリーホーリーオーバー・サーカス」のボランティアにケージについての講義をしに行ったときでした。担当学芸員の黒沢信さんから、日替わりプログラムの出演候補者一覧を見せてもらって相談を受けている中に、野村君を見つけ、不思議なことをやる人がいるものだ、ぜひ呼んだらいいんじゃないか、と意見を述べたのでしたが、野村君の水戸デビューは、その後野村君が「作曲家」と自称し始める最初の機会になったのだそうです。

 その後、私の敬愛する作曲家平石博一氏のコンサート会場で初めて野村君本人とお目にかかる機会があり、野村君もそれ以来、何度か WINDS CAFE に遊びに来てくれました。お互いの知人・友人が結構だぶっているためか、出演を持ちかけたときも、二つ返事で了解してくれました。ありがとね。

 まず2008年11月に WINDS CAFE 143【Melodica Summit in Tokyo】を大盛況の大成功に導き、次いで2010年6月に WINDS CAFE 162【Melodica Trio Collection 2010 〜鍵盤ハーモニカで綴る現代音楽〜】を開催。更に2013年3月にはWINDS CAFE 195【メロディカ・サミット2013】と、古今東西の作曲家に依頼した鍵盤ハーモニカアンサンブルのための音楽を3回に渡って披露してくれました。

 2017年9月には、WINDS CAFE 249 【野村誠の駄作集『Cheap Imitations etc.』と即興セッション】と題して、鍵盤ハーモニカの世界から打って変わって、ピアノをメインに、大変な数の楽器・音具のオンパレードに世界初演も7曲という大長編ステージを展開、それはそれはにぎやかで楽しい時間を作ってくれました。

 ですが、当日の最後に行われた2回の即興セッションに、どうも私はついていけなくて(いえ、これでも私、若い頃はずいぶんやったもんなんですが、即興演奏)、後日長いメールのやりとりをさせてもらった結果として、「次回の WINDS CAFE は即興なしで行きます」との決意を固めていただきました。いや、ご心労をおかけしてごめんなさい。

 というわけで、私からの、逆転リクエストによって、今回は即興なしになったのです。共演の大田智美さんはお客様として WINDS CAFE には何回も来ていただいているので、きっと場を読んだ展開が期待できると思います。

 後は野村君からの熱くて詳しい手紙をお読みくださいませ。


▼野村誠君からの手紙

 WINDS CAFE に2年ぶりの登場です。2年前は、野村誠の作曲作品のオンパレード+即興演奏でした。今回は、即興演奏はなしにして、野村誠の作曲作品のオンパレードにしようと思ってプログラムを考えました。

 と言っても、弦楽四重奏の次に、三味線弾き語り、その次が打楽器アンサンブルで、バリガムランとヴァイオリン、などと一曲ごとに編成が変わってしまう企画には、カーサ・モーツァルトは狭いので、一つの編成に限定することにし、アコーディオン+ピアノで、全プログラムを構成することにしました。

 共演していただくのは、ぼくが最も信頼する大田智美さんです。野村誠の作曲したアコーディオン作品を、ほぼ全曲演奏している人で、以前、野村誠アコーディオン独奏曲だけでソロコンサートを構成された方でもあります。

 大田さんとの歴史を少し説明させてください。

 そもそもの出会いは、アコーディオニストの御喜美江さんを通してでした。ぼくは、2001年以来、御喜さんのためにアコーディオン作品を次々に書いていました。そして、御喜さんの教え子である大田さんを紹介されたのは、今から16年前の2003年。野村のアコーディオンデュオ曲「FとI」の演奏者として大田さんが選ばれたのです。

 初対面の印象は鮮烈。20歳そこそこの童顔で初々しい学生さんが、アコーディオンを弾き始めるや否や、音楽を全身で理解し、繊細なニュアンスで表情豊かな音が飛び交い、ただただ、とんでもない才能が出現したと驚くばかりでした。

 2004年、フランスのリールでの野村誠のプロジェクトに3週間も同行してもらい、ステージのみならず、カフェ、バー、メトロの駅、個人宅と、あらゆる環境で演奏してもらいました。

 2005年に、彼女から、ドイツのフォルクヴァンク音楽大学の室内楽コースの卒業試験で演奏するために、アコーディオンとピアノのための新曲の委嘱を受け、その時に作曲したのが、「ウマとの音楽」です。彼女は、最優秀の成績でコースを修了し、ソリストコースに進学します。

 そして、2009年のソリストコースの最終試験でプロのオーケストラと共演するコンチェルトを演奏することになり、そこでも野村に新曲を委嘱してきます。それが、「アコーディオン協奏曲」(2008)で、これまた最優秀の成績で修了されます。

 10年を超えるドイツでの研鑽を終えて、彼女は日本に拠点を移して後も、野村作品を演奏し、新作を初演し続けてくれています。そして、ぼくは彼女の音色に魅了され続けています。

 続いて、アコーディオンという楽器についても、若干説明をさせてください。

 一般に普及しているアコーディオンの多くは、左手がコード、右手がメロディーが演奏できるようになっているのですが、大田さんの演奏されるアコーディオンは、全く違う楽器です。右手、左手ともに、5オクターブの半音階が演奏できるようになっているので、バッハの平均律なんかも一人で演奏することができます。大量なリードが入っているため、総重量15kgもある巨大な楽器で、彼女の弾く楽器は右手も左手も鍵盤ではなく、ボタンになっていて、ボタンばかりのメカニックな機械のようでありながら、非常に有機的な音色を奏でます。

 彼女が留学されたドイツでは、このクラシックアコーディオンが非常に盛んで、バッハなどを演奏したり、ソフィア・グバイドゥーリナほか数多くの現代作曲家がアコーディオンのために作品を書いています。ピアソラのバンドネオンをレコードで初めて聴いた時も衝撃でしたが、クラシックアコーディオンの演奏に初めて出会った時は、心底アコーディオンのために作曲したいと思えた瞬間でした。

 ちなみに、ぼくは、鍵盤ハーモニカという金属のフリーリードの楽器の奏者としても活動をしていますが、二つの楽器は、発音原理が似ているので、アコーディオンの表現と鍵盤ハーモニカの表現は似ている部分も多く、作曲に際しては、楽器を理解しやすい部分もあります。と同時に、アコーディオンの音色は断然豊かですし、様々なストップでリードを重ねることができ、アコーディオンでしかできない表現も多数あります。

 最後に、今回とりあげる作品について。

 「ウマとの音楽」は、映像作品「ウマとの音楽」(野村幸宏+野村誠)がもとになっています。これは、イギリスのバーミンガム郊外の牧場で、野村誠が鍵盤ハーモニカを奏でているのに、ウマが反応して、ウマと音楽で交流していくドキュメンタリー映像です。実際の1時間ほどのセッションを10分程度の映像作品に編集されています。

 つまり、この映像は、1時間の即興演奏を編集して短くダイジェストしたものです。音楽の論理ではなく、映像の論理で音楽が切りはりされ展開します。この映像の論理で展開された音楽の構造をそのまま活かして作曲しようと考えました。

 そこで、映像での鍵盤ハーモニカの演奏をほぼそのままアコーディオンパートとして書き起こし、それに新たにピアノパートを書き加えました。バーミンガム郊外の牧場の空気感を残しつつ、映像の編集を構造を活かしつつ、コンサートピースとして成立させる、という試みにチャレンジしました。

 「動物の演劇組曲」は、振付家の山下残の舞台作品「動物の演劇」のために作曲したものを、演奏会用組曲として、再構成した作品です。この作品は、横浜トリエンナーレ2005で発表された映像作品「ズーラシアの音楽」(野村誠+野村幸宏)を下敷きにしています。

 「ズーラシアの音楽」は、2005年に、よこはま動物園ズーラシアの飼育係の宿直室に宿泊し、園内の動物と実際に音楽セッションを繰り広げ、それをドキュメンタリー映像としてまとめたものです。

 新潟組曲「水と土のこどもたち」は、水と土の芸術祭の委嘱で作曲しました。新潟には、潟がたくさんなり、その中でも様々な自然が残っている福島潟を散策し、音楽をつくる小学生のためのワークショップを開催しました。

 そのワークショップで子どもたちと作った6曲。トーンチャイムで音列をつくった「謎の多い自然」、空間を移動しながら打楽器を演奏した「チョチョズ」、いわゆる歌を作詞・作曲した「愉快な小熊さん」、鉄琴と木琴のみで様々な奏法を試みた「蓮の成長」、箏の柱をランダムに並べてつくった無調の「福島潟大事件」、最後に自由に楽器を演奏した「福島潟散歩」の6曲を題材に、アコーディオンとピアノの作品として再構成しました。

 ということで、みなさんのご来場、心よりお待ちしております。


▼プロフィール

●大田智美(おおた・ともみ):10歳からアコーディオンを江森登氏に師事。国立音楽大学附属音楽高等学校ピアノ科卒業後、渡独。デトモルト音楽大学アコーディオン教育学科、フォルクヴァンク音楽大学芸術家コースを経て、2009年2月同大学ソリストコース・アコーディオン科を首席で卒業、ドイツ国家演奏家資格(Konzertexamen)を取得。御喜美江に師事。またウィーン私立音楽大学でも研鑽を積む。第三回JAA国際アコーディオン・コンクール上級の部、第3位入賞。
2009年夏に帰国後は、ソロや室内楽、新曲初演、オーケストラとの共演等、国内外での演奏活動と共に、楽器についてのワークショップ&コンサートを日本各地の音楽大学で行うなど、特にクラシックや現代音楽の分野でのアコーディオンの普及にも尽力し、この楽器の魅力と可能性を発信している。
近年では、NHK交響楽団、読売日本交響楽団定期公演、東京・春・音楽祭、サントリーサマーフェスティバル、東京文化会館プラチナ・シリーズ、武生国際音楽祭、井上芳雄による舞台「夜と霧」、NHKFMベストオブクラシック等に出演。また国内の現代音楽アンサンブル公演にも多く客演している。CDリリースやレコーディング参加も多く、その確かな技術と音楽性を高く評価されている気鋭のアコーディオン奏者である。
http://www.tomomiota.net/

●野村誠(のむら・まこと):8歳より作曲を始める。京都大学理学部在学中に、作曲サークルLASを結成し、1989年にジョン・ケージ作品10作品を含む40演目による「繋辞鷭」をプロデュース。1990年にヴァイオリン、エレキギター、ホルン、打楽器、ピアノによるバンドpou-fouを結成し、NEW ARTIST AUDITION 91でグランプリとなり、1992年Epic/Sony RecordsよりCDデビュー。
1994-95年にブリティッシュ・カウンシルの招聘で英国ヨーク大学大学院在学し、数々のコンサートやワークショップを行い、The British Journal Music Education(Cambridge University Press)に論文を発表。2004-2010年「Whaletone Opera」をHugh Nanivellと共同作曲/ディレクション。
2012年、老人ホームREMIX#2「復興ダンゴ」発表。2013年、原発をテーマに共同作曲を、インドネシアとタイで行う。「瓦の音楽」プロジェクトを開始。2014年、「千住の1010人」を作曲し、1010人で上演。2018年、香港の福祉施設JCRCの招聘で、3ヶ月のアーティスト・イン・レジデンスをし、路面電車での演奏会などサイトスペシフィックな演奏会を行う。
作曲作品は、Enrico Bertelli、大井浩明、大田智美、尾引浩志、片岡祐介、神谷未穂、神田佳子、Grzegorz Stopa、沢井一恵、清水友美、鈴木理恵子、千住だじゃれ音楽研究会、高田和子、高橋アキ、高橋悠治、竹澤悦子、田中悠美子、通崎睦美、寺嶋陸也、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、中川賢一、日本センチュリー交響楽団、Pーブロッ、藤原道山、藤原真理、Frederic Rzewski、Bochumer Symphoniker、松原勝也、マルガサリ、御喜美江、宮田まゆみ、向井山朋子、元永拓ほか、多数の方々により演奏されている。
1996年、JCC Art Awards、2003年、アサヒビール芸術賞を受賞。現在、日本相撲聞芸術作曲家協議会理事。NPO法人芸術家と子どもたち理事。千住だじゃれ音楽祭ディレクター。日本センチュリー交響楽団コミュニティプログラムディレクター。
www.makotonomura.net


カーサ・モーツァルト

 もっと音楽のある生活を! もっと気軽に生演奏を! そんな発想で新しくスタートした音楽サロンです。
 ここはかつて大のモーツァルトファンだった父中村眞がモーツァルトを聴くためのプライベートスペースでした。
 1976年より父はヨーロッパ各地のモーツァルトゆかりの地を訪ね歩き、書籍や資料を蒐集して少しずつ持ち帰り、1983年にモーツァルト愛好家たちの集まる場所を作ってカーサ・モーツァルト(モーツァルトの家)と名付けました。
 父亡き後、遺された多くの書籍やレコードを整理しながら、学友たちと何か出来ないものかと話しました。そして我々自身で床掃除、壁のペンキ塗りと少しずつ綺麗にしていき、多くのアーティストたちの一助になればとの思いで、企画運営に乗り出しました。
 ここ新しいカーサ・モーツァルトでは創造を形にする様々なパフォーマンスを行うことができます。小ぢんまりとした空間なので観客との一体感を肌で感じることができます。
(カーサ・モーツァルト代表理事 中村孝)



それでは2019年8月25日(日)に原宿でお目にかかりましょう。

◆予告編◆

 2019年 9月29日(日)
 WINDS CAFE 273 in 原宿【初期チェンバロ音楽の魅力】
 上尾直毅(チェンバロ)

 2019年10月20日(日)
 WINDS CAFE 274 in 原宿【森重靖宗の音世界】
 森重靖宗(チェロ、ピアノ、ヴォーカル)

 2019年11月17日(日)
 WINDS CAFE 275 in 原宿【無伴奏チェロ】
 細井唯(チェロ)

 2019年12月15日(日)
 WINDS CAFE 276 in 原宿【レクチャー】
 松本智勇(レクチャー)

pagetop


資料

WINDS CAFE 記録集……過去の WINDS CAFE の告知文や出演者プロフィール、セットリスト等を保管しています。

WINDS CAFE 初代公式ホームページ……上原敦郎氏のサイト内に創設された WINDS CAFE の初代公式ホームページ。 WINDS CAFE 前史の「音楽オフ」(1996年)を含め、1997年1月の WINDS CAFE 01 から2017年2月の 242 までの全告知文が収蔵されています。

WINDS CAFE 写真集(鬼頭美裕さんのサイト)……WINDS CAFE の記録写真がまとめて見られます。

旧 WINDS CAFE 会場 吉祥寺 WINDS GALLERY (1996.05 - 2006.12)……松本智勇さんの文章と写真で紹介する WINDS GALLERY の様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 三軒茶屋 レンタルスペースSF (2007.01-2008.03 + 2014.11-2015.12)……写真で紹介するレンタルスペースSFの様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 下北沢 MACA GALLERY (2008.04 - 2008.05)……写真で紹介する MACA GALLERY の様子です。

pagetop


チャリティー・オークション

旧会場 WINDS GALLERY は、オーナーの板橋氏のご厚意で、破格の会場費でお借りし続けてきましたが、参加者のみなさまから、あまりにこれでは申し訳ないので、何らかの形で費用を負担できないかという声をいただきました。そのご提案をかなえるべくして考え付いたのがチャリティー・オークションです。

参加者のみなさまから提供された品物を、パーティーの最中に競売にかけ、品物は落札者に、お金は、これまた破格で会場をご提供くださる会場オーナーに、川村の支払う会場費に上乗せしてお渡しします。

  

1998年1月からスタートしたこのオークション、まさか競りがこんなに盛り上がるものだとはやってみるまでわかりませんでした。これまで出品されたものは、ポスター、絵はがき、陶器、にはじまり、画集やプラモデル、そして美術家によるオリジナル作品。これまでの最高値は「衣裳史」手彩色版画(アート遊提供) \19,000、最安値は歴代総理大臣似顔絵夫婦茶碗 \1(笑)。

  

このシステムによって、 WINDS CAFE は、川村個人商店から、投資家のみなさまをお迎えしての株式会社へと発展したことになります。また、当日ご来場いただけないにもかかわらず、出品してくださる方もいらっしゃいます。どうぞ、一度オークションへご参加ください。当日品物をご持参いただくだけで出品いただけます。もちろん競売には、どなたでもご参加いただけます。

pagetop


































text by 川村龍俊 KAWAMURA, Tatsutoshi home pagetop