home

WINDS CAFE でお会いしましょう

WINDS CAFE とは、1997年1月から、川村龍俊が、音楽を中心に美術演劇映画などさまざまなジャンルの方々に企画していただきながら続けている、イベント+パーティーです。いわゆる「オフ会」ではありません。ご来場にあたって予約は必要ありません。基本的に入場料は無料、出入り自由で、パーティーでの飲食は参加者のみなさまからの差し入れを期待しております。

WINDS CAFE のコンセプトは、「好きなことやものを楽しんでいる人と一緒にいるのはなんて楽しいことだろう」です。出演を依頼するときには、このコンセプトを共有していただけることが条件になっています。

1997年1月にスタートした WINDS CAFE も、2022年には、ついに26年目を迎えることになりました。これも、ご来場いただいた皆様、そして企画してくださった方々のおかげです。吉祥寺・三軒茶屋・下北沢・西荻窪・等々力・四谷・南麻布・新大久保・板橋・原宿・池上、そしてコロナ禍に於けるCD送付等、諸事情によってたびたび会場や開催方法を変更しておりますが、主旨に変更はございません。2022年も素敵な企画をたくさんご用意してお待ちしておりますので、どうぞお誘い合わせの上、お運びください。


「ジョン・ケージの似顔絵」 本田まさゆき a.k.a. 本田静丸(しずまる) 2005年

2022年は、ジョン・ケージ生誕110年+没後30年のメモリアル・イヤーです。WINDS CAFE では、1月から12月までの全12回の企画出演者の方々すべてに、「ケージにちなんだ何か」の上演をお願いしています。

2022.11.18更新

次の WINDS CAFE は……  資料  チャリティー・オークション



次の WINDS CAFE は……

 2022年12月11日(日)に開催する WINDS CAFE 312【きのこ通信】は、東京の一日の新規コロナ感染者数が4桁から5桁である状況を鑑み、密を避けるために、通常の WINDS CAFE 開催時における「出入り自由」「イベント後のパーティー」を中止し、「完全予約制」にして、開催時の室内の人数を限らせていただきます。

【ご予約のお申し込み方法】

1. メールでのみ受け付けます。
  tatsutoshi.kawamura★nifty.ne.jp 宛に(★を@に替えてください)
  タイトルを「WINDS CAFE 312 申し込み」とし、
  本文に「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を書いて、
  11月19日(土)午後7時以降に送信してください。
 ※その時刻より早く届いたメールは無効となります。

2. お申し込みは「1メールアドレスにつき、1名のみ」とさせていただきます。
 ※いただいた個人情報は名簿化した上で厳重に保管しますが、万が一の場合は保健所に提出しますのであしからずご了承ください。

3. 先着20名様までで締め切らせていただきます。満席になりましたら、当ホームページにてお知らせします。


【ご来場時の注意事項】

1. 先着20名のお客様には、メールで、整理番号を明示した入場券を返送いたします(21番目以降のお申し込みメールにも返信します)。

2. 当日は受付で入場券を印刷した紙もしくは携帯端末画面でご提示ください。
  名簿と照合させていただきます。
 ※入場券のご提示がいただけない場合は入場をお断りすることもございます。

3. 当日はマスク着用を必須とさせていただきますのでご用意をお願いいたします。


 ……以上、しかつめらしいことがらを長々と書かせていただきましたが、コロナ禍の東京ではライブ会場をきちんと用意するための儀式って大変なんだなあ、要は飛行機に乗るようなもんだって思えばいいんだよね、と割り切っていただければ幸いです。

(2022年11月18日 WINDS CAFE 主宰 川村龍俊)


● WINDS CAFE 312 in 原宿 ●

【きのこ通信】


John Cage at Stony Point, New York, 1967. Photo William Gedney.

松本智勇(洋梨好き)・茸・菌類(もしかしたら他1名)

2022年12月11日(日) 13時半開場



カーサ・モーツァルト 東京都渋谷区神宮前1-10-23 3階
地下鉄「明治神宮前」出口5徒歩2分/JR「原宿」徒歩5分
http://casamoz.org/index.html

入場無料(投げ銭方式) 完全事前予約制・定員20名

13:30 開場
14:00 開演
15:25 終了予定


▼プログラム

現代のきのこをめぐるさまざまなテキスト


▼川村からひとこと

 さあ、今年も12月がやってきました。12月の WINDS CAFE は、恒例の、プレゼンテーションの魔術師・松本智勇さんの出番です。松本さんが作るプレゼンテーションは、人がパソコンとどこまで仲良くなれるのか、その限界を教えてくれる域に達しているといっても過言ではありません。

 好きなものやことをお話しする松本さんがどのくらい愛にあふれたトークを展開するか、期待に胸が膨らむとはこのこと。趣味人の鏡にして粋人の羅針盤たる松本さんが見せ語り聞かせる内容はもちろん濃さ100%。

 ……そして、今年のジョン・ケージ・メモリアルイヤーの締めくくりに松本さんが選んだテーマは、なんとなんと、きのこ! 2002年12月のメモリアルイヤーでの松本さんのケージちなみは WINDS CAFE 72【ミューレンブルクの雪姫(アニメ『ちっちゃな雪使いシュガー』より)】で究極のプリペアド・ピアノを、2012年12月は WINDS CAFE 192【宇宙の音楽1.433】で龍安寺の石庭をそれぞれ取り上げてくださいましたが、そうですか、今回はきのこ!

 もう、いまからうずうずしてしまいます。どうぞお楽しみに。

 参考までに、ケージときのこの関わりに関して、白石美雪氏がまとめた文章を次に紹介します。

 音楽とキノコ:
 二つの言葉はたいていの辞書で隣り合っている。(ジョン・ケージ、1969)
 Music and mushrooms:
 two words next to one another in many dictionaries.

 ケージのキノコ好きは広く知られている。「キノコのない食事なんて、雨の降らない一日のようなものだ」などと書いているが、お金のなかった若い頃にはよくキノコ狩りをして飢えをしのいだという。ひどく体調を崩して、1977年ごろからニューヨークの山本静子のもとでマクロビオティックのダイエットを始めたあとも、キノコをわずかなゴマ油で炒めて食事に取り入れている。さらにキノコの形をした灰皿やキノコ柄のネクタイといったグッズにも目がなかったし、毒キノコにあたった経験から、専門家に森へ同行してもらってキノコ狩りを極め、菌類に関する本を300冊も収集して読みあさった。芭蕉の「まつ茸やしらぬ木の葉のへばりつく」を「日記」そのほかで引用したかと思えば、イタリアのテレビ番組でキノコに関するクイズにみごと全問正解して、賞金をもらったりしている。その知識は専門家はだしで、1961年にキノコ好きの仲間たちと、現在まで続くニューヨーク菌類学会の創設に携わっている。(*)

* 白石美雪『すべての音に祝福を ジョン・ケージ50の言葉』, アルテスパブリッシング, pp.116-117, 2019.


▼松本智勇さんからの手紙

 なんと、3度目のケージの WINDS CAFE メモリアル・イヤーを迎えました。前の11回のプログラムをみると、各月それぞれのケージを企画した、素晴らしい内容だと思います。

 一方演奏家でも何でも研究者でもない場合はどうするのか、コンセプトは過去2回と変わらず、11回のフルコース続きのあとのデザートと思っています。今回のデザートは、きのこ(残念ながらケージと洋梨の接点はサティくらいしかないようです)に関係したものです。

 ケージときのこの関係については知られすぎるくらい知られています。ところでケージが提言した「現代のきのこが直面する問題」”the problems confronting the contemporary mushroom” は今どうなっているのか? 短いテキストを中心に緩い繋がりのなかに構成したいと考えています。


▼プロフィール

●松本智勇(まつもと・としお):1963年長野県生まれ、川村幸子さんが羨む卯年。長岡技術科学大学大学院修了。医療関係の研究開発を行う。WINDS CAFE では毎年12月に出演させて頂き、今年で26回目を迎えた。日本セヴラック協会会員。洋梨好き。



カーサ・モーツァルト

 もっと音楽のある生活を! もっと気軽に生演奏を! そんな発想で新しくスタートした音楽サロンです。
 ここはかつて大のモーツァルトファンだった父中村眞がモーツァルトを聴くためのプライベートスペースでした。
 1976年より父はヨーロッパ各地のモーツァルトゆかりの地を訪ね歩き、書籍や資料を蒐集して少しずつ持ち帰り、1983年にモーツァルト愛好家たちの集まる場所を作ってカーサ・モーツァルト(モーツァルトの家)と名付けました。
 父亡き後、遺された多くの書籍やレコードを整理しながら、学友たちと何か出来ないものかと話しました。そして我々自身で床掃除、壁のペンキ塗りと少しずつ綺麗にしていき、多くのアーティストたちの一助になればとの思いで、企画運営に乗り出しました。
 ここ新しいカーサ・モーツァルトでは創造を形にする様々なパフォーマンスを行うことができます。小ぢんまりとした空間なので観客との一体感を肌で感じることができます。
(カーサ・モーツァルト代表理事 中村孝)



それでは2022年12月11日(日)に原宿でお目にかかりましょう。

◆予告編◆

 2023年01月22日(日)
 WINDS CAFE 313 in 原宿
【中島裕康、箏の部屋】
 中島裕康(筝)

 2023年02月19日(日)
 WINDS CAFE 314 in 原宿
【(タイトル未定)】
 西耕一(企画)

 2023年03月26日(日)
 WINDS CAFE 315 in 原宿
【横山博ピアノリサイタル】
 横山博(ピアノ)

 2023年04月23日(日)
 WINDS CAFE 316 in 原宿
【(タイトル未定)】
 山中信人(津軽三味線)・山本謙之助(津軽民謡)

 2023年05月28日(日)
 WINDS CAFE 317 in 原宿
【大公トリオ】
 百武恵子(ピアノ)・荒井智子(ヴァイオリン)・竹本聖子(チェロ)

 2023年06月25日(日)
 WINDS CAFE 318 in 原宿
【野村誠のアコーディオン、全部やります!(Vol.2/アンサンブル)】
 大田智美(アコーディオン))・野村誠(ピアノ・解説)・竹澤悦子(箏)・亀井庸州(ヴァイオリン)・北嶋愛季(チェロ)

 2023年07月30日(日)
 WINDS CAFE 319 in 原宿
【尺八・箏による邦楽ライブ】
 本間豊堂(尺八)、松浪千紫(箏)

 2023年08月20日(日)
 WINDS CAFE 320 in 原宿
【古楽器コンサート】
 上尾直毅(チェンバロ)

 2023年09月10日(日)
 WINDS CAFE 321 in 原宿
【打楽器百花繚乱X 作編曲家白藤淳一氏を迎えて】
 會田瑞樹(打楽器)

 2023年10月15日(日)
 WINDS CAFE 322 in 原宿
【音の状況を発見するために その2:アルヴィン・ルシエによる展示される作曲作品】
 佐藤実(レクチャー)

 2023年11月19日(日)
 WINDS CAFE 323 in 原宿
【(タイトル未定)】
 伊坪淑子(ピアノ)・谷裕美(ヴァイオリン)

 2023年12月17日(日)
 WINDS CAFE 324 in 原宿
【天使の歌】
 松本智勇(レクチャー)

pagetop


資料

WINDS CAFE 記録集……過去の WINDS CAFE の告知文や出演者プロフィール、セットリスト等を保管しています。

WINDS CAFE 初代公式ホームページ……上原敦郎氏のサイト内に創設された WINDS CAFE の初代公式ホームページ。 WINDS CAFE 前史の「音楽オフ」(1996年)を含め、1997年1月の WINDS CAFE 01 から2016年11月の 239 までの全告知文が収蔵されています。

旧 WINDS CAFE 会場 吉祥寺 WINDS GALLERY (1996.05 - 2006.12)……松本智勇さんの文章と写真で紹介する WINDS GALLERY の様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 三軒茶屋 レンタルスペースSF (2007.01-2008.03 + 2014.11-2015.12)……写真で紹介するレンタルスペースSFの様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 下北沢 MACA GALLERY (2008.04 - 2008.05)……写真で紹介する MACA GALLERY の様子です。

pagetop


チャリティー・オークション

旧会場 WINDS GALLERY は、オーナーの板橋氏のご厚意で、破格の会場費でお借りし続けてきましたが、参加者のみなさまから、あまりにこれでは申し訳ないので、何らかの形で費用を負担できないかという声をいただきました。そのご提案をかなえるべくして考え付いたのがチャリティー・オークションです。

参加者のみなさまから提供された品物を、パーティーの最中に競売にかけ、品物は落札者に、お金は、これまた破格で会場をご提供くださる会場オーナーに、川村の支払う会場費に上乗せしてお渡しします。

  

1998年1月からスタートしたこのオークション、まさか競りがこんなに盛り上がるものだとはやってみるまでわかりませんでした。これまで出品されたものは、ポスター、絵はがき、陶器、にはじまり、画集やプラモデル、そして美術家によるオリジナル作品。これまでの最高値は「衣裳史」手彩色版画(アート遊提供) \19,000、最安値は歴代総理大臣似顔絵夫婦茶碗 \1(笑)。

  

このシステムによって、 WINDS CAFE は、川村個人商店から、投資家のみなさまをお迎えしての株式会社へと発展したことになります。また、当日ご来場いただけないにもかかわらず、出品してくださる方もいらっしゃいます。どうぞ、一度オークションへご参加ください。当日品物をご持参いただくだけで出品いただけます。もちろん競売には、どなたでもご参加いただけます。

pagetop










































text by 川村龍俊 KAWAMURA, Tatsutoshi home pagetop