home

WINDS CAFE でお会いしましょう

WINDS CAFE とは、1997年1月から、川村龍俊が、音楽を中心に美術演劇映画などさまざまなジャンルの方々に企画していただきながら続けている、イベント+パーティーです。いわゆる「オフ会」ではありません。ご来場にあたって予約は必要ありません。基本的に入場料は無料、出入り自由で、パーティーでの飲食は参加者のみなさまからの差し入れを期待しております。

WINDS CAFE のコンセプトは、「好きなことやものを楽しんでいる人と一緒にいるのはなんて楽しいことだろう」です。出演を依頼するときには、このコンセプトを共有していただけることが条件になっています。

1997年1月にスタートした WINDS CAFE も、2022年には、ついに26年目を迎えることになりました。これも、ご来場いただいた皆様、そして企画してくださった方々のおかげです。吉祥寺・三軒茶屋・下北沢・西荻窪・等々力・四谷・南麻布・新大久保・板橋・原宿・池上、そしてコロナ禍に於けるCD送付等、諸事情によってたびたび会場や開催方法を変更しておりますが、主旨に変更はございません。2022年も素敵な企画をたくさんご用意してお待ちしておりますので、どうぞお誘い合わせの上、お運びください。


「ジョン・ケージの似顔絵」 本田まさゆき a.k.a. 本田静丸(しずまる) 2005年

2022年は、ジョン・ケージ生誕110年+没後30年のメモリアル・イヤーです。WINDS CAFE では、1月から12月までの全12回の企画出演者の方々すべてに、「ケージにちなんだ何か」の上演をお願いしています。

2022.1.7更新

次の WINDS CAFE は……  資料  チャリティー・オークション



次の WINDS CAFE は……


 2022年1月30日(日)に開催する WINDS CAFE 301【打楽器百花繚乱IX】は、東京都の一日の新規感染者数がまた増加していることを鑑み、密を避けるために、通常の WINDS CAFE 開催時における「出入り自由」「イベント後のパーティー」を中止し、「完全予約制」にして、開催時の室内の人数を限らせていただきます。


【ご予約のお申し込み方法】

1. メールでのみ受け付けます
  ここをクリックするとメーラーが立ち上がります。
  タイトルが「WINDS CAFE 301 申し込み」になっているのを確認してから、
  本文に「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を書いて、
  1月11日(火)午後7時以降に送信してください。
 ※その時刻より早く届いたメールは無効となります。

2. お申し込みは「1メールアドレスにつき、1名のみ」とさせていただきます。
 ※いただいた個人情報は名簿化した上で厳重に保管しますが、万が一の場合は保健所に提出しますのであしからずご了承ください。

3. 先着20名様までで締め切らせていただきます。


【ご来場時の注意事項】

1. 先着20名のお客様には、メールで、整理番号を明示した入場券を返送いたします(21番目以降のお申し込みメールにも返信します)。

2. 当日は受付で入場券を印刷した紙もしくは携帯端末画面でご提示ください
  名簿と照合させていただきます。
 ※入場券のご提示がいただけない場合は入場をお断りすることもございます。

3. 当日はマスク着用を必須とさせていただきますのでご用意をお願いいたします。


 ……以上、しかつめらしいことがらを長々と書かせていただきましたが、コロナ禍の東京ではライブ会場をきちんと用意するための儀式って大変なんだなあ、要は飛行機に乗るようなもんだって思えばいいんだよね、と割り切っていただければ幸いです。

(2022年1月7日 WINDS CAFE 主宰 川村龍俊)



● WINDS CAFE 301 in 原宿 ●

【打楽器百花繚乱IX -Roll over cage-】



會田瑞樹(打楽器)

2022年1月30日(日) 午後1時半開場



カーサ・モーツァルト 東京都渋谷区神宮前1-10-23 3階
地下鉄「明治神宮前」出口5徒歩2分/JR「原宿」徒歩5分
http://casamoz.org/index.html

入場無料(投げ銭方式) 完全事前予約制・定員20名

13:30 開場
14:00 開演
16:00 終了予定


▼川村からひとこと

 會田瑞樹君に初めて会ったのは、2011年に西耕一君が企画した WINDS CAFE 178【箏とヴィオラと・・・】で、山本和智君の作品「翦断/歪」を初演した、扇風機演奏家(!)としてでした。2012年も WINDS CAFE 189【それぞれの4分33秒】に出演、翌2013年、ついに WINDS CAFE 203【打楽器、百花繚乱】でソロリサイタル企画を打ち、2014年は WINDS CAFE 207【生誕百年! 伊福部昭を語り、奏でる】に登壇。

 2015年は WINDS CAFE 223【打楽器百花繚乱 II】でソロリサイタル。2016年は WINDS CAFE 237【打楽器百花繚乱 III -陰翳礼賛-】で全曲ヴィブラフォンのソロ、そして WINDS CAFE 239【家庭厳峻不容陸老従真門入・若い演奏家による木下正道作品展】でも全6曲中4曲の演奏に参加。

 2017年は WINDS CAFE 247【打楽器百花繚乱 IV 〜狂想変容〜】、2018年は WINDSCAFE 262【打楽器百花繚乱 V 〜旅するヴィブラフォンへの序曲〜】、2019年は WINDS CAFE 270【打楽器百花繚乱 VI 〜ここからはじまる未来〜】と、WINDS CAFE 出演も10回を数えた會田君に、「次はヴィブラフォンなしでやってみて」と頼み、彼の得意技(?)を封じた企画が2020年6月。

 まさかのコロナ禍でひどく辛かった會田君の脳裏に閃いたのが、4〜5月に行った温故知新の《Portraits in Rhythm》全50曲演奏YouTube配信で、その50曲をぶっ通しで演奏するという WINDS CAFE でなければおそらくできない企画が WINDS CAFE282【打楽器百花繚乱VII 〜A.J.Cirone作曲《Portraits in Rhythm》全50曲連続演奏会〜】でした。

 その後もコロナ禍が続いていますが、會田君は新しいCD「いつか聞いたうた」を完成させ、2020年11月3日に発売、2021年7月の WINDS CAFE 295【打楽器百花繚乱VIII 〜いつか聞いたうた 全曲演奏会〜】で、CD収録曲順全曲演奏2時間を披露してくれました。そして同CDは2021年の暮れに「レコード芸術」誌のレコード・アカデミー賞を受賞しました! おめでとう!

 このように12回もの WINDS CAFE 出演を果たした會田君に更なる期待をこめて、本年のジョン・ケージ・メモリアルイヤーのトップバッターをお願いしていたのですが、下記の會田君からの手紙にあるとおり、やむを得ない事情により、当日まで曲目を伏せたままで本番を迎えることになりました。

 打楽器奏者として功成り名遂げ、ヴィブラフォン奏者として栄華を極め、新曲委嘱数300を越え、自作曲のみのリサイタルを開催する作曲家としても名声を高めつつある會田君にとって、ケージは仲間ではなく、別の道を行く人なのでしょうか?

 會田君にとって、おそらく今回は音楽家人生初めてのミステリー・ツアーの開催になるのでしょう。でも、考えようによっては、行くかどうかを曲で選ぶことの多いクラシックのコンサートのスタイルではなく、出演者で選ぶクラシック以外の音楽ジャンルのライブ、つまり「會田瑞樹推し」のイベントであるとみなせることに思い至りました。

 思えば私は40年以上もの間、ケージ本人の書いた絵や本や録音したレコードはもちろん、ケージの曲を演奏しているCDやケージに言及している本にいたるまで「ケージ」とあれば見境なくコレクションしてきましたので、今回の企画は、(會田君にとっては青天の霹靂でしょうけれど)体を張って自らを推しの対象に据えることで、そんな私の「ケージ推し」の人生に「ちなんで」くれているのかもしれませんね(笑)。

 どうぞみなさま、何がその日聞こえてくるのか、耳をすましにおいでください。


▼會田瑞樹君からの手紙

 2022年の幕開けとなる WINDS CAFE でありながら、演目についての手紙をしたためるにあたって、まだ演目をお客様と共有できる段階にないというのは初めてのことで、心からお詫び申し上げます。

 これもケージのお導きでしょうか。

 ケージの打楽器作品は多数ありますが、僕の中で引っかかることが多すぎて取り上げる気持ちには至りませんでした。

 そのような僕が、どのようなことができるのか、もう少し考えてみたいと思います。

 どうぞよろしくお願いいたします。


▼プロフィール

會田瑞樹(あいた・みずき):打楽器/ヴィブラフォン奏者、作曲家。1988年12月24日、宮城県仙台市生まれ。
2010年、日本現代音楽協会主催「競楽IX」第二位入賞と同時にデビュー以降、これまでに300作品以上の新作初演を手がけ「初演魔」の異名をとる。2019年第10回JFC作曲賞入選、2021年リトアニア聖クリストファー国際作曲コンクールLMIC特別賞を受賞するなど作曲家としても広範に活動。
最新アルバム「いつか聞いたうた ヴィブラフォンで奏でる日本の叙情」は年間最優秀ディスクとなる第59回レコードアカデミー賞を獲得。そのほかサライ推薦はじめ各紙より絶賛を受けた。
現代作品の魅力を多彩に紹介した成果により令和2年度大阪文化祭奨励賞、令和3年度宮城県芸術選奨新人賞受賞。かなっくホールレジデントアーティスト。
https://mizukiaita.tabigeinin.com/



カーサ・モーツァルト

 もっと音楽のある生活を! もっと気軽に生演奏を! そんな発想で新しくスタートした音楽サロンです。
 ここはかつて大のモーツァルトファンだった父中村眞がモーツァルトを聴くためのプライベートスペースでした。
 1976年より父はヨーロッパ各地のモーツァルトゆかりの地を訪ね歩き、書籍や資料を蒐集して少しずつ持ち帰り、1983年にモーツァルト愛好家たちの集まる場所を作ってカーサ・モーツァルト(モーツァルトの家)と名付けました。
 父亡き後、遺された多くの書籍やレコードを整理しながら、学友たちと何か出来ないものかと話しました。そして我々自身で床掃除、壁のペンキ塗りと少しずつ綺麗にしていき、多くのアーティストたちの一助になればとの思いで、企画運営に乗り出しました。
 ここ新しいカーサ・モーツァルトでは創造を形にする様々なパフォーマンスを行うことができます。小ぢんまりとした空間なので観客との一体感を肌で感じることができます。
(カーサ・モーツァルト代表理事 中村孝)



それでは2022年1月30日(日)に原宿でお目にかかりましょう。

◆予告編◆

★2022年はジョン・ケージ生誕110年・没後30年のメモリアルイヤーです★

 2022年02月20日(日)
 WINDS CAFE 302 in 原宿
【110年目の啓示(ジョン・ケージ生誕110年を記念して)】
 松平敬(バリトン)

 2022年03月13日(日)
 WINDS CAFE 303 in 原宿
【時間のケージ】
 村田厚生(トロンボーン)、中村和枝(ピアノ)

 2022年04月24日(日)
 WINDS CAFE 304 in 原宿
【30、110、ジョンケージ メモリアルワーク・イン・プログレス (ケージの作品を中心に)】
 中川俊郎(作曲・ピアノ)

 2022年05月29日(日)
 WINDS CAFE 305 in 原宿
【ケージと群集】
 亀井庸州(ヴァイオリン・尺八)

 2022年06月26日(日)
 WINDS CAFE 306 in 原宿
【「Two3〜笙と法螺貝のための」全曲版120分連続演奏を聴く】
 田島和枝(笙)+川島素晴(法螺貝)

 2022年07月24日(日)
 WINDS CAFE 307 in 原宿
【CAGE IN】
 川島素晴(作曲)

 2022年08月21日(日)
 WINDS CAFE 308 in 原宿
【一期一会 - ケージと東洋 - 】
 薬師寺典子(ソプラノ)

 2022年09月11日(日)
 WINDS CAFE 309 in 原宿
【ジョン・ケージ弦楽四重奏作品全曲演奏会】
 迫田圭(ヴァイオリン)

 2022年10月16日(日)
 WINDS CAFE 310 in 原宿
【John cage / canvas of time】
 冷泉淳(企画・立案、パフォーマー)feat. 村井啓哲(指導、ライブ・エレクトロニクス)

 2022年11月13日(日)
 WINDS CAFE 311 in 原宿
【MOZART MIX】
 川村龍俊(WINDS CAFE 主宰)feat. 井部治(OMEGA POINT 主宰)

 2022年12月11日(日)
 WINDS CAFE 312 in 原宿
【ケージを何か】
 松本智勇(レクチャー)


pagetop


資料

WINDS CAFE 記録集……過去の WINDS CAFE の告知文や出演者プロフィール、セットリスト等を保管しています。

WINDS CAFE 初代公式ホームページ……上原敦郎氏のサイト内に創設された WINDS CAFE の初代公式ホームページ。 WINDS CAFE 前史の「音楽オフ」(1996年)を含め、1997年1月の WINDS CAFE 01 から2016年11月の 239 までの全告知文が収蔵されています。

旧 WINDS CAFE 会場 吉祥寺 WINDS GALLERY (1996.05 - 2006.12)……松本智勇さんの文章と写真で紹介する WINDS GALLERY の様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 三軒茶屋 レンタルスペースSF (2007.01-2008.03 + 2014.11-2015.12)……写真で紹介するレンタルスペースSFの様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 下北沢 MACA GALLERY (2008.04 - 2008.05)……写真で紹介する MACA GALLERY の様子です。

pagetop


チャリティー・オークション

旧会場 WINDS GALLERY は、オーナーの板橋氏のご厚意で、破格の会場費でお借りし続けてきましたが、参加者のみなさまから、あまりにこれでは申し訳ないので、何らかの形で費用を負担できないかという声をいただきました。そのご提案をかなえるべくして考え付いたのがチャリティー・オークションです。

参加者のみなさまから提供された品物を、パーティーの最中に競売にかけ、品物は落札者に、お金は、これまた破格で会場をご提供くださる会場オーナーに、川村の支払う会場費に上乗せしてお渡しします。

  

1998年1月からスタートしたこのオークション、まさか競りがこんなに盛り上がるものだとはやってみるまでわかりませんでした。これまで出品されたものは、ポスター、絵はがき、陶器、にはじまり、画集やプラモデル、そして美術家によるオリジナル作品。これまでの最高値は「衣裳史」手彩色版画(アート遊提供) \19,000、最安値は歴代総理大臣似顔絵夫婦茶碗 \1(笑)。

  

このシステムによって、 WINDS CAFE は、川村個人商店から、投資家のみなさまをお迎えしての株式会社へと発展したことになります。また、当日ご来場いただけないにもかかわらず、出品してくださる方もいらっしゃいます。どうぞ、一度オークションへご参加ください。当日品物をご持参いただくだけで出品いただけます。もちろん競売には、どなたでもご参加いただけます。

pagetop







































text by 川村龍俊 KAWAMURA, Tatsutoshi home pagetop