home

WINDS CAFE でお会いしましょう

WINDS CAFE とは、1997年1月から、川村龍俊が、音楽を中心に美術演劇映画などさまざまなジャンルの方々に企画していただきながら続けている、イベント+パーティーです。いわゆる「オフ会」ではありません。ご来場にあたって予約は必要ありません。基本的に入場料は無料、出入り自由で、パーティーでの飲食は参加者のみなさまからの差し入れを期待しております。

WINDS CAFE のコンセプトは、「好きなことやものを楽しんでいる人と一緒にいるのはなんて楽しいことだろう」です。出演を依頼するときには、このコンセプトを共有していただけることが条件になっています。

1997年1月にスタートした WINDS CAFE も、2017年には、ついに21年目を迎えることになりました。これも、ご来場いただいた皆様、そして企画してくださった方々のおかげです。吉祥寺・三軒茶屋・下北沢・西荻窪・等々力・四谷・新大久保・原宿等、諸事情によってたびたび会場を変更しておりますが、主旨に変更はございません。2017年も素敵な企画をたくさんご用意してお待ちしておりますので、どうぞお誘い合わせの上、お運びください。

2017.5.25更新

次の WINDS CAFE は……  資料  チャリティー・オークション


次の WINDS CAFE は……

● WINDS CAFE 246 in 原宿 ●


【中川俊郎自作自演ピアノライブ 〜ピアノの窓 Windows around the Piano〜】

中川俊郎(作曲家・ピアニスト)


2017年6月18日(日) 午後2時半開場



カーサ・モーツァルト 東京都渋谷区神宮前1-10-23 3階
地下鉄「明治神宮前」出口5徒歩2分/JR「原宿」徒歩5分
http://casamoz.org/index.html


入場無料(投げ銭方式) 差し入れ大歓迎!(特にお酒や食べ物)

※出入り自由ですが、できるだけ開演時刻に遅れないようご来場ください。

14:30 開場
15:00 開演
17:00 パーティー+オークション




▼プログラム

カワイ音楽教育研究会機関誌「あんさんぶる」付録ピアノ教材より
 作曲家の肖像・ディック・ヒギンズ、マウリシオ・カーゲル(2016)
 光(2011)
 ソナチネ(2013)
ピアノのための19の展開第1集(1゜〜10゜)(2015)
日記帳より(1969!〜2017) 初演
CM曲のリカバリー『黒烏龍茶特茶の歌』(2017)
お茶ノ水女子大学授業用教材「変化の風」(2015〜2017) 初演

その他、ピアニカとピアノを同時演奏したり、聴衆参加型サプライズピアノ曲等、ピアノの音楽をいろいろな切り口で、皆さんと一緒に楽しみたいと思います。




▼川村からひとこと

 まだインターネットはおろか、ケータイさえなかった35年前のお話からはじめます。その頃、日本の現代芸術は、その多くをセゾングループに負っている様相を呈しておりました(笑)。

 時に西暦1982年6月、渋谷の西武劇場にて、24歳の中川俊郎青年と18歳の私がニアミスしていた事実こそが今回の企画に繋がっているだなんて、信じていただけますか?

 故武満徹がセゾングループの力を借りて(あるいは武満が力を貸して、かな?)、年1回のペースで開催していた現代音楽を中心とする催し「MUSIC TODAY 今日の音楽」は、その年10周年を迎え、おりしも同年生誕70周年を迎えるジョン・ケージの来日公演を目玉に、6月1日から6日間の日程で開催されました。

 初日の6月1日は、これまた10周年記念で企画された「今日の音楽・作曲賞」の最終審査本選コンサートにあてられ、そこで第1位を見事受賞したのが誰あろう中川俊郎さんその人。そして6月5日、同じ場所に現れた高校3年生の私は、ジョン・ケージと直接話し、握手をし、サインをもらって有頂天になったのでした(笑)。ちなみに生前のケージと直接会えたのはこの日が最初で最後になりました。

 ケージに賞賛された中川さんと、ケージにサインをもらった私とでは、比べものになりませんが(笑)、その後私がジョン・ケージ・ファンとして生きてきた一方で、中川さんは日本を代表する作曲家・ピアニストになられ、大成功を収めていらっしゃいます。

 また、昨今力を入れておられる双子座三重奏団の他のメンバー、トランペットの曽我部清典氏とバリトンの松平敬君は、それぞれ WINDS CAFE で数回、企画出演をしているというすごいご縁もあります。

 2015年10月18日、WINDS CAFE 226 in 新大久保【日本のヴィオラ音楽傑作集】に、企画の西耕一君が伊藤美香さんのヴィオラに合うピアノの音を求めて中川さんに出演を依頼したことで、私と中川さんは35年の(その時点では33年の)時をこえて、ついにきちんと向き合うことができたのでした。その演奏会(100人入りました!)に心から感服した私が、WINDS CAFE での企画をお願いしたことは当然の成り行きでした。それが実現するのが今回なのです。

 さあ、もうこれでお腹いっぱいでしょう? あとは、来て、聞いてください!




▼中川俊郎さんからの手紙

 皆様、こんにちは。WINDS CAFE でお目にかかることができて大変光栄です。以前から、洞察力のある易きに失しない企画や、出演者の人選等、敬服しておりました。そこへ私が参加などとは! 身が引き締まる思いです。

 川村さんと直接お話できましたのは、音楽シーンで、ものの見事に抜け落ちている大事な音楽史を補填する使命の、WINDS CAFE ではおなじみの音楽学者、西耕一さんが結んで下さった縁ででした。日本黎明期のヴィオラとピアノ作品の復刻コンサートに出演させて頂いたのが、今回の企画につながるきっかけとなりました。こうした縁を、本当にありがたく思います。

 タイトルの「ピアノの窓」についてですが、Window は Winds(風)を取り入れる入り口という意味で、このカフェにも関係がありますし、私のピアノを入り口に、私でなく出口に広がる世界、風のなびく世界の方を、もう一度新たに見なおすきっかけにして下さればと思って、つけました。

 なにはともあれ、純粋にピアノの醸し出すさまざまな音色、旋律線の万華鏡のような(うまくいけば(笑))キラキラした世界から、時には、物憂いモノトーンのような雰囲気までも、広く味わって頂けたらうれしいです。よろしくお願いいたします!




▼プロフィール

●中川俊郎(なかがわ・としお):1958年東京生まれ。作曲家・ピアニスト。桐朋学園大学音楽学部作曲理論学課作曲科卒。作曲を三善晃、ピアノを末光勝世、森安耀子各氏に師事。
70歳になるジョン・ケージを迎えて行われた「MUSIC TODAY 82(武満徹企画構成)」の一環として開催された10周年記念国際作曲コンクールにおいて自作自演で第1位を受賞し、ケージにも高く評価される。1988年、村松賞、1993年、グループ「アール・レスピラン」の一員として第12回中島健蔵音楽賞、2009年、サントリー芸術財団主催で「作曲家の個展2009 中川俊郎」が開催され、その成果に対して、第28回中島健蔵音楽賞を受賞。他にCM業界でも「ACC賞」等受賞多数。
これまでに、歌手・作曲家の木村弓、邦楽囃子笛方の福原徹、演出家の小池博史ともコラボレーションを重ね、中でもTrp.曽我部清典、Bar.松平敬とともに結成した「双子座三重奏団」の活動は重要である。
東芝EMIから、サントリー烏龍茶CM曲シリーズを収録したCD「chai」、ピアノソロアルバムでもある「cocoloni utao」、今年3月には fontec から中川俊郎管弦楽作品選集『沈黙の起源』をリリース、好評発売中。
現在、日本現代音楽協会副会長、日本作曲家協議会常務理事、作曲家団体深新會副代表、お茶の水女子大学非常勤講師。




カーサ・モーツァルト



 もっと音楽のある生活を! もっと気軽に生演奏を! そんな発想で新しくスタートした音楽サロンです。
 ここはかつて大のモーツァルトファンだった父中村眞がモーツァルトを聴くためのプライベートスペースでした。
 1976年より父はヨーロッパ各地のモーツァルトゆかりの地を訪ね歩き、書籍や資料を蒐集して少しずつ持ち帰り、1983年にモーツァルト愛好家たちの集まる場所を作ってカーサ・モーツァルト(モーツァルトの家)と名付けました。
 父亡き後、遺された多くの書籍やレコードを整理しながら、学友たちと何か出来ないものかと話しました。そして我々自身で床掃除、壁のペンキ塗りと少しずつ綺麗にしていき、多くのアーティストたちの一助になればとの思いで、企画運営に乗り出しました。
 ここ新しいカーサ・モーツァルトでは創造を形にする様々なパフォーマンスを行うことができます。小ぢんまりとした空間なので観客との一体感を肌で感じることができます。
(カーサ・モーツァルト代表理事 中村孝)


それでは2017年6月18日(日)に原宿でお目にかかりましょう。


◆予告編◆

2017年07月23日(日)
WINDS CAFE 247 in 原宿【打楽器百花繚乱 IV】
會田瑞樹(パーカッション)

2017年08月20日(日)
WINDS CAFE 248 in 原宿【(タイトル未定)】
上尾直毅(チェンバロ)

2017年09月10日(日)
WINDS CAFE 249 in 原宿【野村誠コンサート】
野村誠(作曲)

2017年10月15日(日)
WINDS CAFE 250 in 原宿【森重靖宗ソロコンサート】
森重靖宗(チェロ)

2017年11月12日(日)
WINDS CAFE 251 in 原宿【アートとギター】
西村正秀(ギター)

2017年12月10日(日)
WINDS CAFE 252 in 原宿【ルドンと音楽】
松本智勇(レクチャー)

pagetop


資料

WINDS CAFE 公式ホームページ……上原敦郎氏のサイト内に創設された WINDS CAFE の公式ホームページ。 WINDS CAFE 前史の「音楽オフ」(1996年)を含め、1997年1月の WINDS CAFE 01 からの全告知文が収蔵されています。

WINDS CAFE 写真集(鬼頭美裕さんのサイト)……WINDS CAFE の記録写真がまとめて見られます。

旧 WINDS CAFE 会場 吉祥寺 WINDS GALLERY (1996.05 - 2006.12)……松本智勇さんの文章と写真で紹介する WINDS GALLERY の様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 三軒茶屋 レンタルスペースSF (2007.01-2008.03 + 2014.11-2015.12)……写真で紹介するレンタルスペースSFの様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 下北沢 MACA GALLERY (2008.04 - 2008.05)……写真で紹介する MACA GALLERY の様子です。

pagetop


チャリティー・オークション

旧会場 WINDS GALLERY は、オーナーの板橋氏のご厚意で、破格の会場費でお借りし続けてきましたが、参加者のみなさまから、あまりにこれでは申し訳ないので、何らかの形で費用を負担できないかという声をいただきました。そのご提案をかなえるべくして考え付いたのがチャリティー・オークションです。

参加者のみなさまから提供された品物を、パーティーの最中に競売にかけ、品物は落札者に、お金は、これまた破格で会場をご提供くださる会場オーナーに、川村の支払う会場費に上乗せしてお渡しします。

  

1998年1月からスタートしたこのオークション、まさか競りがこんなに盛り上がるものだとはやってみるまでわかりませんでした。これまで出品されたものは、ポスター、絵はがき、陶器、にはじまり、画集やプラモデル、そして美術家によるオリジナル作品。これまでの最高値は「衣裳史」手彩色版画(アート遊提供) \19,000、最安値は歴代総理大臣似顔絵夫婦茶碗 \1(笑)。

  

このシステムによって、 WINDS CAFE は、川村個人商店から、投資家のみなさまをお迎えしての株式会社へと発展したことになります。また、当日ご来場いただけないにもかかわらず、出品してくださる方もいらっしゃいます。どうぞ、一度オークションへご参加ください。当日品物をご持参いただくだけで出品いただけます。もちろん競売には、どなたでもご参加いただけます。

pagetop





























text by 川村龍俊 KAWAMURA, Tatsutoshi home pagetop