home

WINDS CAFE でお会いしましょう

WINDS CAFE とは、1997年1月から、川村龍俊が、音楽を中心に美術演劇映画などさまざまなジャンルの方々に企画していただきながら続けている、イベント+パーティーです。いわゆる「オフ会」ではありません。ご来場にあたって予約は必要ありません。基本的に入場料は無料、出入り自由で、パーティーでの飲食は参加者のみなさまからの差し入れを期待しております。

WINDS CAFE のコンセプトは、「好きなことやものを楽しんでいる人と一緒にいるのはなんて楽しいことだろう」です。出演を依頼するときには、このコンセプトを共有していただけることが条件になっています。

1997年1月にスタートした WINDS CAFE も、2021年には、ついに25年目を迎えることになりました。これも、ご来場いただいた皆様、そして企画してくださった方々のおかげです。吉祥寺・三軒茶屋・下北沢・西荻窪・等々力・四谷・新大久保・板橋・原宿・池上、そしてコロナ禍に於けるCD送付等、諸事情によってたびたび会場や開催方法を変更しておりますが、主旨に変更はございません。2021年も素敵な企画をたくさんご用意してお待ちしておりますので、どうぞお誘い合わせの上、お運びください。

2021.1.5更新

次の WINDS CAFE は……  資料  チャリティー・オークション



次の WINDS CAFE は……


 2021年1月31日(日)に開催する WINDS CAFE 289【江崎昭汰ピアノリサイタル/日本の作曲家 秘曲探訪 第3回:黛敏郎】は、1月6日に申し込みを開始し、限定20名様でのライブを開催する旨、昨年12月14日に告知しておりましたが、1月7日に政府が1ヶ月余におよぶ緊急事態宣言を発出し、それを受けて東京都がイベント開催に関する制限の要請を行う可能性があることを鑑み、企画者の西君と出演者の江崎君が話し合った結果、お客様を招いてのライブ開催を見送ることといたしました。

 ただし、準備しているすばらしい音楽をなんとしてでも皆様にお届けしようと、関係者一同、知恵を絞っております。

 1月31日には、何らかの形で絶対江崎君にピアノを弾いてもらいます! まだ3週間以上ありますので、その間に皆様に聞いていただくための方法、たとえばCD録音の収録や、生演奏の配信等、を決定し、このホームページでお知らせしますので、よろしかったら数日前にまた覗いてみてください。

(2021年1月5日 WINDS CAFE 主宰 川村龍俊)



● WINDS CAFE 289 in 原宿 ●

【江崎昭汰ピアノリサイタル/日本の作曲家 秘曲探訪 第3回:黛敏郎】



西耕一(企画・司会)、江崎昭汰(ピアノ)

2021年1月31日(日) 午後2時半開場


カーサ・モーツァルト 東京都渋谷区神宮前1-10-23 3階
地下鉄「明治神宮前」出口5徒歩2分/JR「原宿」徒歩5分
http://casamoz.org/index.html

入場無料(投げ銭方式) 完全事前予約制・定員20名

14:30 開場
15:00 開演
16:30 終演予定


▼プログラム

全曲黛敏郎作曲(予定)
・ピアノのための前奏曲より
・マルチピアノのカンパノロジー
・パッサカリア(未完/ピアノ編曲・ 江崎昭汰 )
・ウエディングシンフォニー(ピアノ編曲・江崎昭汰)
・君が代(黛敏郎編曲/ピアノ編曲・ 江崎昭汰)
ほか


▼川村からひとこと

 WINDS CAFE の開催会場が西荻窪のトリアギャラリーだった頃、2011年【箏とヴィオラと・・・】、2012年【それぞれの4分33秒】、2013年【日本の弦楽四重奏を聴く!】、2014年【生誕百年! 伊福部昭を語り、奏でる】の4回、企画(と司会)をしてくれた西耕一君の、底知れない日本の現代音楽作曲家達への愛と知識にほだされた私。

 5回目はついに西君が主催するスリーシェルズとの共催企画という形で、2015年【日本のヴィオラ音楽傑作集】を100人入る会場(スペースDo)を借りて開催しましたら、なんと本当に100人ぴったりご来場いただいたのです! いやー、すごかった(笑)。

 2016年からは、WINDS CAFE 開催会場をカーサ・モーツァルトに移すため、どうやっても50人くらいしか入りようがありません。そこでいったい、西君はどんな企画を持ち込んでくるのか、興味津々で待っていたところ、【日本の団体歌(校歌・社歌など)を集めて -伊福部昭とその門下を中心に-】という、全75曲・演奏時間5時間45分という、想像を絶するコンサートになり(笑)、その後、CDにまで昇華しました。

 2017年、西君7回目の WINDS CAFE 企画は、またまたすごい場所(安養院瑠璃光堂)での【佐藤洋嗣コントラバスリサイタル・日本のコントラバス作品 その可能性】と銘打った、またまた100人入るかな、的なすごい企画でした。

 8回目の2018年【平成30年版・音楽の愉しみ】では、会場をカーサ・モーツァルトに戻し、これまた度肝を抜く企画と出演者によるレクチャーコンサート。ストリート・オルガンに幻の楽器オルガドンの復元等々、もはや何が起きてももういいや、てな心境になりました(笑)。

 9回目の2019年【オーケストラ・トリプティーク・メンバーによるソロ・コンサート/日本人特集】では、4人の楽器奏者が2曲ずつ、日本人作曲家の曲を演奏するという、ある意味オーソドックスな音楽会でしたが、そこで演奏された曲がこれまた秘曲というか名曲というか練りに練っていまして、大盛況の大拍手。

 10回目の2020年【日本の作曲家 秘曲探訪 第2回(スリーシェルズ音楽祭)】は、久々に西君の事務所スリーシェルズとの協同開催で、またまた言語に絶する曲目ばかりのコンサート。昨2019年9月21日に渋谷区文化総合センターで催された「日本の作曲家 秘曲探訪 第1回(スリーシェルズ音楽祭)」に続く第2回を WINDS CAFE 企画として開催してくれました。

 西君企画第11回目の今回は、黛敏郎の秘曲(?)ばかりを演奏するという、かなりとんでもない企画だそうで、それも楽譜コレクターとして名高い江崎昭汰君自ら編曲した曲も多いとのこと、マニアックな西君とマニアックな江崎君がマニアックを連呼するという、期待というより恐れが先に立つ感じがしないでもないピアノリサイタルですが(笑)、ええ、大丈夫、楽しみです。どうぞご期待ください。


▼西耕一君からの手紙

 ピアノのマニアックな楽譜を出版して世界にファンを持つ楽譜会社ミューズプレスの2名の代表のうちの1名である江崎昭汰さん。楽譜マニアとしてその世界では知られた存在。ひょんなことから友人となり、私経由で黛敏郎や松村禎三や芥川也寸志のピアノ楽譜が世界発売されました。

 この「秘曲探訪」シリーズには第1回、第2回と出演してピアノを演奏して頂いたが、どんな無茶振りでも受けて立つ心強いピアニスト。今回ついに、ソロリサイタルとなります。しかも黛敏郎個展!

 未出版の曲や、オーケストラのための作品をピアノに編曲して演奏する試みもあります。私からは「こんな曲もある」と相談して、江崎氏が「やりたい!」と応えてくれた、二人の同意のあった曲でのリサイタルなのです。

「ウエディングシンフォニー」なんて、まさか生演奏で聴けるとは思っていなかった。黛敏郎が、結婚式場のBGM音楽として作曲したもので、業務用CDとして販売されただけで知る人ぞ知る管弦楽曲。江崎氏は、その曲を3管のフルスコアからピアノに編曲をして演奏します。

 同じく、「パッサカリア」も管弦楽曲。黛敏郎の遺作であり未完の構想としてはピアノ協奏曲であった作品。これをピアノソロに編曲して演奏します。

 つまり、このコンサートは黛敏郎の作品番号0番である前奏曲から、遺作までを聴けるのです。

 江崎氏のピアノへかける情熱を、黛敏郎の幅広い作品で味わう。これぞ秘曲探訪の第3回目、WINDS CAFE の令和3年の幕開けに相応しいコンサートになるでしょう。

 こんなマニアックなのに、予約制20人! 皆さん健康に留意され、コンサートでお会いしましょう! 

 超絶マニアックと言って過言でない内容です。川村さんの感想が楽しみなリサイタルでもあります。


▼プロフィール

●西耕一(にし・こういち):日本の作曲家を専門に企画・プロデュース・執筆を行う。これまでに放送局、大学、研究機関の依頼による企画協力や、プロオーケストラのプログラム解説執筆で評価された。
近年の主な仕事として、日本の管弦楽曲100周年、伊福部昭百年紀シリーズ、芥川也寸志生誕90年、渡辺宙明卆寿記念、佐藤勝音楽祭、菊池俊輔音楽祭、渡辺岳夫音楽祭、黛敏郎メモリアルなどをプロデュース。代表的執筆はヤマハ『日本の音楽家を知るシリーズ 芥川也寸志、團伊玖磨、黛敏郎』、CD『松村禎三作品集』(NAXOS)解説など。エンター・ザ・ミュージック、DOMMUNE、ニコニコ動画などに出演する。
Three Shells official https://www.3s-cd.net/

●江崎昭汰(えざきしょうた):1992年福岡県生まれ。大分県立芸術文化短期大学のピアノ専攻を卒業後、ベルギーのリエージュ王立音楽院で学び、学士・修士課程を修了し卒業。
ヨーロッパ各国で演奏活動も行い、ベルギー人作曲家(P.ブスマンス、P.バルトロメー他)などのピアノ作品も取り上げ、作曲家から高い評価を得る。また、あまり取り上げられることない作品の紹介にも積極的に取り組みながら、2016年には兵庫県神戸市にてロナルド・スティーヴンソンの「DSCHによるパッサカリア」の日本初演、2018年にはロン・イェディディアの超大作「ピアノソナタ第5番」の世界初演を果たす。
https://www.youtube.com/c/ShotaEzaki/



カーサ・モーツァルト

 もっと音楽のある生活を! もっと気軽に生演奏を! そんな発想で新しくスタートした音楽サロンです。
 ここはかつて大のモーツァルトファンだった父中村眞がモーツァルトを聴くためのプライベートスペースでした。
 1976年より父はヨーロッパ各地のモーツァルトゆかりの地を訪ね歩き、書籍や資料を蒐集して少しずつ持ち帰り、1983年にモーツァルト愛好家たちの集まる場所を作ってカーサ・モーツァルト(モーツァルトの家)と名付けました。
 父亡き後、遺された多くの書籍やレコードを整理しながら、学友たちと何か出来ないものかと話しました。そして我々自身で床掃除、壁のペンキ塗りと少しずつ綺麗にしていき、多くのアーティストたちの一助になればとの思いで、企画運営に乗り出しました。
 ここ新しいカーサ・モーツァルトでは創造を形にする様々なパフォーマンスを行うことができます。小ぢんまりとした空間なので観客との一体感を肌で感じることができます。
(カーサ・モーツァルト代表理事 中村孝)



それでは2021年2月28日(日)に WINDS CAFE 290 in 原宿【ブラスアンサンブルの響き】でお目にかかれることを祈っております。

◆予告編◆

 2021年 2月28日(日)
 WINDS CAFE 290 in 原宿
【ブラスアンサンブルの響き】
 山本靖之(トロンボーン)

 2021年 3月28日(日)
 WINDS CAFE 291 in 原宿
【(タイトル未定)】
 山中信人(津軽三味線)+山本謙之助(津軽民謡)

 2021年 4月25日(日)
 WINDS CAFE 292 in 原宿
【エレクトリック・ギターのための新しい音楽展】
 山田岳(ギター)

 2021年 5月23日(日)
 WINDS CAFE 293 in 原宿
【松岡麻衣子無伴奏ヴァイオリンコンサート】
 松岡麻衣子(ヴァイオリン)

 2021年 6月20日(日)
 WINDS CAFE 294 in 原宿
【荒井智子×百武恵子デュオリサイタル】
 荒井智子(ヴァイオリン)+百武恵子(ピアノ)

 2021年 7月11日(日)
 WINDS CAFE 295 in 原宿
【打楽器百花繚乱VIII】
 會田瑞樹(打楽器)

 2021年 8月22日(日)
 WINDS CAFE 296 in 原宿
【光に向かって、、、林光 生誕90年・没後9年に寄せて】
 富塚研二(歌)

 2021年 9月12日(日)
 WINDS CAFE 297 in 原宿
【(残念な)山本和智のヴィデオロン論】
 山本和智(作曲)

 2021年10月17日(日)
 WINDS CAFE 298 in 原宿
【音の状況を発見するために:アルヴィン・ルシエの作曲作品】
 佐藤実 -m/s (芸術家)

 2021年11月14日(日)
 WINDS CAFE 299 in 原宿
【野村誠のアコーディオン、全部やります!(前編・ソロ&デュオ)】
 大田智美(アコーディオン)

 2021年12月12日(日)
 WINDS CAFE 300 in 原宿
【海のシモン】
 松本智勇(レクチャー)

pagetop


資料

WINDS CAFE 記録集……過去の WINDS CAFE の告知文や出演者プロフィール、セットリスト等を保管しています。

WINDS CAFE 初代公式ホームページ……上原敦郎氏のサイト内に創設された WINDS CAFE の初代公式ホームページ。 WINDS CAFE 前史の「音楽オフ」(1996年)を含め、1997年1月の WINDS CAFE 01 から2017年2月の 242 までの全告知文が収蔵されています。

WINDS CAFE 写真集(鬼頭美裕さんのサイト)……WINDS CAFE の記録写真がまとめて見られます。

旧 WINDS CAFE 会場 吉祥寺 WINDS GALLERY (1996.05 - 2006.12)……松本智勇さんの文章と写真で紹介する WINDS GALLERY の様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 三軒茶屋 レンタルスペースSF (2007.01-2008.03 + 2014.11-2015.12)……写真で紹介するレンタルスペースSFの様子です。

旧 WINDS CAFE 会場 下北沢 MACA GALLERY (2008.04 - 2008.05)……写真で紹介する MACA GALLERY の様子です。

pagetop


チャリティー・オークション

旧会場 WINDS GALLERY は、オーナーの板橋氏のご厚意で、破格の会場費でお借りし続けてきましたが、参加者のみなさまから、あまりにこれでは申し訳ないので、何らかの形で費用を負担できないかという声をいただきました。そのご提案をかなえるべくして考え付いたのがチャリティー・オークションです。

参加者のみなさまから提供された品物を、パーティーの最中に競売にかけ、品物は落札者に、お金は、これまた破格で会場をご提供くださる会場オーナーに、川村の支払う会場費に上乗せしてお渡しします。

  

1998年1月からスタートしたこのオークション、まさか競りがこんなに盛り上がるものだとはやってみるまでわかりませんでした。これまで出品されたものは、ポスター、絵はがき、陶器、にはじまり、画集やプラモデル、そして美術家によるオリジナル作品。これまでの最高値は「衣裳史」手彩色版画(アート遊提供) \19,000、最安値は歴代総理大臣似顔絵夫婦茶碗 \1(笑)。

  

このシステムによって、 WINDS CAFE は、川村個人商店から、投資家のみなさまをお迎えしての株式会社へと発展したことになります。また、当日ご来場いただけないにもかかわらず、出品してくださる方もいらっしゃいます。どうぞ、一度オークションへご参加ください。当日品物をご持参いただくだけで出品いただけます。もちろん競売には、どなたでもご参加いただけます。

pagetop





































text by 川村龍俊 KAWAMURA, Tatsutoshi home pagetop