nifty


▼WINDS CAFE 告知文の記録

● WINDS CAFE 256 in 原宿 ●

【中川俊郎自作自演ピアノライブその2 子供のためのピアノ曲 VS 大人のための(?)ピアノ曲】

中川俊郎(ピアノ)

2018年4月22日(日) 午後1時半開場

カーサ・モーツァルト 東京都渋谷区神宮前1-10-23
3階地下鉄「明治神宮前」出口5徒歩2分/JR「原宿」徒歩5分
http://casamoz.org/index.html

入場無料(投げ銭方式) 差し入れ大歓迎!(特にお酒や食べ物)

※出入り自由ですが、できるだけ開演時刻に遅れないようご来場ください。

13:30 開場
14:00 開演
16:30 パーティー+オークション


▼プログラム

中川俊郎:カワイ音楽教育研究会発行"あんさんぶる"付録曲(2009〜2018)の中から当日抜粋
中川俊郎:カワイ出版「どこでも大発見」から「点」、ソナチネ第2番
中川俊郎:28 (2018 初演)
中川俊郎:Battle - Duo  (2018)
中川俊郎:CM作品から「ハックルベリー・エクスプレス」「toyshop」「cocoloniutao」


▼川村からひとこと

 時に西暦1982年6月、渋谷の西武劇場にて、24歳の中川俊郎青年と18歳の私はニアミスしていました。

 故武満徹が、年1回のペースで開催していた現代音楽を中心とする催し「MUSIC TODAY 今日の音楽」は、その年10周年を迎え、おりしも同年生誕70周年を迎えるジョン・ケージの来日公演を目玉に、6月1日から6日間の日程で開催されました。

 初日の6月1日は、これまた10周年記念で企画された「今日の音楽・作曲賞」の最終審査本選コンサートにあてられ、そこで第1位を見事受賞したのが誰あろう中川俊郎さんその人。そして6月5日、同じ場所に現れた高校3年生の私は、ジョン・ケージと直接話し、握手をし、サインをもらって有頂天になったのでした(笑)。

 ケージに賞賛された中川さんと、ケージにサインをもらった私とでは、比べものになりませんが(笑)、その後私がジョン・ケージ・ファンとして生きてきた一方で、中川さんは日本を代表する作曲家・ピアニストになられ、大成功を収めていらっしゃいます。

 2015年10月18日、WINDS CAFE 226 in 新大久保【日本のヴィオラ音楽傑作集】に、企画の西耕一君が伊藤美香さんのヴィオラに合うピアノの音を求めて中川さんに出演を依頼したことで、私と中川さんは35年の(その時点では33年の)時をこえて、ついにきちんと向き合うことができたのでした。その演奏会に心から感服した私が、WINDS CAFE での企画をお願いしたことは当然の成り行きでした。

 ついに2017年6月18日、WINDS CAFE 246 in 原宿【中川俊郎自作自演ピアノライブ 〜ピアノの窓 Windows around the Piano〜】が開催され、そこでの中川さんのパフォーマンスは、大笑いあり、納得あり、感激ありの、盛りに盛った全15曲! あんまり楽しかったので、その場で次回の約束を取り結んでしまった、それが実現するのが今回なのです。

 さあ、もうこれでお腹いっぱいでしょう? あとは、来て、聞いてください! すごいゲストも登壇予定みたいですよ!


▼中川俊郎さんからの手紙

 WINDS CAFE 256回達成、おめでとうございます!

 なぜおめでたいかと言いますと256=28であることから、記念日と言っても良いくらいではないでしょうか(笑)。

 そこで、主宰の川村さんに、4分16秒(256秒)かかるピアノ曲をプレゼント。川村さんの好きな数字(?)4分33秒には17秒足りませんが、この17というのも面白い数字で、172=289。289−256=33。ここにまた33が出てきます。……と、独りごちておりますが。

 可能ならば当日の参加者の中からも共演者を選定したいと思います (参加不参加は自由)。楽器が弾けても逆に何も弾けなくとも構いません。でも演奏を助けて頂けるとそれはもちろん嬉しいです。また大袈裟に言えば、子供の教育について考える場にもなると良いと思っております。

 凄く真面目であることと無限の遊び心があることとは、両立しない訳ではない……というコンセプトを元に、大人も子供も、大人の中の子供も、子供の中の大人も、楽しめる会にしたいと思います。いらして頂ければ幸いです!

(以下、当日朝に追加)
 皆様、直前ではありますが、本日のゲストと、ちょっと前にリハーサルをいたしましたところ、予定では1曲だけおねがいするつもりでしたが興が乗り、せっかくの機会、私のCM.音楽を3曲追加で(新アレンジで!)演奏してもらうことにしました。 大人でも子供でも分け隔てなく楽しめる音楽、というところでしょうか? 自分の中のサムシング・ニューに(人からパワハラされたのではなく…)少しでも気づく楽しい時を過ごして頂けましたら、ありがたいです。


▼プロフィール

●中川俊郎(なかがわ・としお):1958年東京生まれ。作曲家・ピアニスト。桐朋学園大学作曲科卒業。作曲を三善晃、ピアノを末光勝世、森安耀子各氏に師事。
「Music Today '82」の一環として開催された10周年記念国際作曲コンクールにおいて自作自演で第1位を受賞し、ケージにも高く評価される。1988年村松賞、1993年演奏・作曲家グループ「アール・レスピラン」の一員として第12回中島健蔵音楽賞、2009年サントリー芸術財団主催で「作曲家の個展2009、中川俊郎」が開催され、その成果に対して、第28回中島健蔵音楽賞を受賞。 他にCM音楽界においても「ACC賞」等受賞多数。
これまでに、歌手・作曲家の木村弓、邦楽囃子笛方の福原徹、演出家の小池博史等ともコラボレーションを重ね、2005年にTrp.曽我部清典、Bar.松平敬とともに結成した「双子座三重奏団」の活動も近年注目されている。
東芝EMIから、自作のサントリー「烏龍茶CM曲シリーズ」を収録したCD「chai」、ピアノソロアルバムを兼ねた「cocoloni utao」など、フォンテックからCD管弦楽作品選集「沈黙の起源」をリリース(2017年3月)。またカワイ出版より、こどものためのピアノ曲集「どこでも大発見」(2017年9月)を出版。テレビ朝日「題名のない音楽会」などテレビ出演も多数。
現在、日本現代音楽協会副会長、日本作曲家協議会常務理事、作曲家団体「深新會」副代表、お茶の水女子大学非常勤講師。




▼当日のセットリスト



中川俊郎(ピアノ)、曽我部清典(トランペット)

【前半】

  カワイ音楽教育研究会機関誌「あんさんぶる」付録ピアノ教材より
01  作曲家の肖像:ディック・ヒギンズ、マウリシオ・カーゲル (2016)
02  こどものためのピアノ曲集:旅の絵日記 より「川面に映る夕日」(2012)
03  作曲家の肖像:ジョン・ケージ
04  こどものためのピアノ曲集:旅の絵日記 より「パッサカリア」(2014)
05  芸術家の肖像:アンディ・ウォーホル「9つのマルチカラー・アウグスティン」
06  こどものためのピアノ曲集:旅の絵日記 より「ソナチネ第2番」(2011)

07 平凡なる旋律 (2018・初演) *

08 Battle - Duo (2018) *


【後半】

09 CMのための音楽:TOY SHOP(ソニー「KIDS VIDEO」)*
10 CMのための音楽:ハックルベリー・エクスプレス(JR東海)(1989) *

11 28 (2018・初演) &

  カワイ音楽教育研究会機関誌「あんさんぶる」付録ピアノ教材より
12  体験・創作!形から入ろう より「点」A〜N  Ver.1, Ver.2 *, Ver.3 %
13  こどものためのピアノ曲集:旅の絵日記 より「桜の下で」(2014)

14 「リヨンの酔っ払い歌」による即興曲 *

  カワイ音楽教育研究会機関誌「あんさんぶる」付録ピアノ教材より
15  こどものためのピアノ曲集:旅の絵日記 より「ソナチネ第1番」(2011)

16 鏡の中のトランペット  Ver.1 *, Ver.2 *

17 CMのための音楽:ひまわり(公共広告機構骨髄バンク)(2003・2018改)

  カワイ音楽教育研究会機関誌「あんさんぶる」付録ピアノ教材より
18  揺りかごまたはブランコ


【アンコール】

19 CMのための音楽:Cocoloni utao!(ユナイテッドアローズ')(1998) #



 中川俊郎(ピアノ、声、鍵盤ハーモニカ)
* 曽我部清典(トランペット)と共演
& 川村龍俊(声)と共演
% 新倉壮朗(ピアノ)と共演
# 曽我部清典(トランペット)、川村龍俊(歌)と共演

2018.5.24更新

text by 川村龍俊 KAWAMURA, Tatsutoshi home