続々「目から耳へ」
ピアノの朗読 + 詩の演奏
poetry recital / music reading

後 藤 國 彦

川 村 龍 俊


日時:2009年11月23日(月曜日・祝日)午後6時半開場

場所:名曲喫茶ヴィオロン
   東京都杉並区阿佐谷北2-9-5 TEL. 03-3336-6414
   JR阿佐ヶ谷駅北口徒歩5分
   地図:http://www.h7.dion.ne.jp/~sozoro/violin.html

   


料金:1,000円 珈琲付

予約:不要

主催:Music in Motion(後藤)お問い合わせはこちらまで
   tel:046-871-3835 email mkgoto@wing.ocn.ne.jp


【後藤國彦による前口上】
 一昨年昨年に引き続き、川村龍俊が詩を読み、後藤國彦がピアノを弾きますが、その方式が、以下のように、多少通常とは異なる発表形式となっております。
 各々8作品ずつ、交互に朗読と演奏を行います(先後攻は、開始時にステージ上で決めます)。但し、如何なる作品が音になるかは、お客様にも相手の出演者にも、一切秘密であります。
 この方式により何が生じうるか、一昨年・昨年の自らの経験から申し上げますと、「必然と偶然のいわく言い難い混在」ということになるでしょう。
 朗読作品・演奏作品の選定と発表順序は、各出演者があらかじめ厳密に決定しておく(=必然)のですが、その一方で、音になるまで誰も(発表者以外)内容を知らない詩と音楽が交互に発表される(=偶然)ことで、詩と音楽の内容が聴き手(出演者も含む)一人一人の心の中で、不思議な関係を結び始めるのです。
 そして、これをどのようにとらえるかは、各聴き手の自由、とも言えるし、逆にそこに聴き手一人一人の心象が反映される、とも言えます。
 秋の一夜に、混在する必然と偶然(=人生)を一周させることになります。

【時間割】
 18:30 開場 珈琲をお楽しみください
 19:00 前半 ピアノ演奏4曲+詩の朗読4編
 19:40 休憩
 19:55 後半 ピアノ演奏4曲+詩の朗読4編
 20:35 終演

【会場について】
 ヴィオロンは(たとえばここ http://www.b-shoku.jp/tokushu/pickup/31/violon.html を見ていただければお分かりのように)、今では数少なくなった名曲喫茶です。珈琲を飲みながら、真空管アンプ再生のLPレコードによるクラシック音楽に耳を傾けて静かに過ごすところ。マスター寺元健治氏の趣味が全開したシックで落ち着いた内装です。
 毎晩、なんらかのライブが開かれているというのもこのお店の特徴です。
 心して良い夜にするべく、準備します。

【川村龍俊による企画経緯説明】
 ことのおこりは、2006年末に、私の家内が雑誌に「中国茶芸館 Blue-T」の記事を見つけたことに始まります。誰かここでイベントを開かないかなと思い立ち、後藤國彦氏に情報を流したのでした。
 年が明けて3月に届いたメールには「詩の朗読(いわゆる poetry reading)は、実は音楽の朗読(いわゆる recital)と本来同義」とありました。
 ふーん、そうなんだ。書かれた曲を演奏することは、要するに朗読ということですね。英和辞書をひいてみれば、「recite 暗誦する」「recital 暗誦, リサイタル」「recitation 暗誦, 朗読(詩文)」とありますね。
 なるほど。これで、一気に企画が動き出したのでした。それから集め出した詩集は、新潮社の日本詩人全集全34巻をはじめとして100冊をこえ、……後はご想像どおりの展開です。
 おかげさまで2007年11月3日に「Blue-T」で開催した「目から耳へ」は、好評を持って迎えられました。私と後藤氏それぞれが曲と曲順を決定しても、お互いにそれを教えないで本番に突入するというルールでしたので、詩を継ぐ曲の妙、曲を継ぐ詩の妙が、うねって流れていく様を、演奏者も味わえたのです。
 当日は、記譜された古今のピアノ楽曲8曲と、近現代の日本語詩8編の「演奏」を交互に行ないます(ピアノ伴奏による詩の朗読ではありません!)。
 今回の、続々「目から耳へ」でも、お客様には、ただ、中身のみを、何らの心構えもないままに、突然、いきなり、受け取っていただきたいと思います(終演後、演目に関する解説書をおみやげとしてお渡しします)。
 ちなみに、私の詩集や詩関係の本の収集は止まらず、すでに2,000冊を越えております(笑)。


後藤國彦(ごとう・くにひこ):1964年東京生まれ。ピアノを栗田信子、山岸麗子、米マサチューセッツ大学アマースト校にてエステラ・オレヴスキー、ナイジェル・コックスに学び、作曲を田中賢に、英国立シェフィールド大学にてデイヴィッド=ハロルド・コックス、ポール・アーチボールドに、Acanthes 音楽祭(アヴィニョン)等でヘルムート・ラッヘンマンに師事。また、上智大学法学部国際関係法学科にて、国際政治学と政治思想史を学んだ。作品に 'The Hunters in the Snow'(雪中の狩人)for trumpet with slide, electric-guitar & piano (2002)、「森の泉、泉の鹿(Forest, Fountain, Fawn)」for five flutists (2006) などがある。「新しい世代の芸術祭」実行委員。Music in Motion を主宰し、自主企画「鍵盤音楽史」を神奈川と東京にて継続中。


川村龍俊(かわむら・たつとし):1964年東京生まれ。国際基督教大学教養学部人文科学科卒(音楽学、金澤正剛、サウンドスケープ論)、産能大学大学院経営情報学研究科修了(経営情報学、根来龍之、ミッション経営)。平田オリザ主宰の劇団「青年団」旗揚げ公演「海神」に主演[1983]。現代美術コレクターとして東京純心女子大学純心ギャラリーにてコレクション展[1998]。ジョン・ケージ・ファンとして講義(日本サウンドスケープ協会、慶應義塾大学大学院、国際基督教大学)、企画出演(P3 art and environment、京都大学、水戸芸術館、桐朋学園大学短期大学部、慶應義塾大学ノグチルーム、MACA GALLERY、JR可部線ミュージサーカス)。詩のボクシング第2回東京大会出場[2003]。西脇順三郎「失われた時」全編2時間朗読[2005]。月1回 WINDS CAFE を主宰[1997- ]。(株)福島明工社代表取締役社長。
http://tatsutoshi.my.coocan.jp/


以上、心より謹んでご案内申し上げます。

  So, good autumn eves unto you all.
  Give us your hands, if we be friends,
  And Robin shall restore amends.

  2009年 初秋

  後藤國彦・川村龍俊