home up

0003
ジョン・ケージ 2台のプリペアードピアノのための3つのダンスほか


ムジクケラー NO!MAD? 限定盤っぽい \3,000 1999年

01−06 ワルター・フス La Theorie ラ・テオリー
07 フリーインプロヴィゼーション:スーパーバトル・デュオ!!
08−10 ジョン・ケージ Three Dances for Two Prepared Pianos (1945)
11 エリック・サティ Je te vuex??? ジュ・トゥ・ヴ???

中川賢一・稲垣聡(ピアノ、プリペアドピアノ)
1999年4月19日 東京オペラシティリサイタルホールでのライブ

「もともとNOMADという現代音楽のアンサンブルがあって、そこの2人のピアニスト、稲垣聡、中川賢一が2人でのコンサートをしようということになった。これが半年前(98年12月)のことである。プリペアドピアノという、新しいピアノ音楽を生み出したケージ。特に2台のプリペアドピアノによる「3つのダンス」は、どうしても今世紀中にやっておきたかった。でもそうすると2台のふつうのピアノの他に、2台のプリペアドされたピアノが必要になるじゃないか!? 2台のピアノにプリペアドするには、4時間かかるし、だいいち、ピアノにプリペアドさせてくれる所など無い! といった顛末で、我々は2台新たにプリペアド用のピアノを借りることにした。よって4台のピアノを使うことになる。それで場所は…ということで、いつもNOMADをしているオペラシティ・リサイタルホールが良いということになって、電話したら取れてしまった。やはり我らNOMADのホームグラウンド。神が我々に与えてくださったと思った。しかしながら、そのあとのプリペアドに関しては……。いったい我々は何回金物屋に行ったことだろう。ネジも鉄、真鍮、ステンレス、銅…といろいろ種類があって、その素材によってすべて音が違う。そうしているうちにアタマがおかしくなってきて、「お願い、狂わないで」「発狂しないで」ということもあり、音楽の遊牧の民であるNOMADのメンバーであるふたりのこのコンサート、タイトルは「NO!MAD!!」となった。」と、このコンサートの企画者のムジクケラーの渡瀬圭子さんはプログラムに書いていた。

いやあ、もうこれだけで、どんなに準備がたいへんかわかるというもの。1983年に大学で初めてプリペアドピアノをやってみたとき、当時全音楽譜から出版されていたリチャード・バンガー著「ウェル・プリペアド・ピアノ」をひもときながら、金物屋さんとかいろんなところへ出かけてごちゃごちゃやっていたのを思い出す。そのころ渋谷のユーロスペースでは高橋悠治・高橋アキ兄妹や島田璃里+浜田剛爾ペアとかがさかんにレクチャーコンサートを開いていて、よく通ったものだったが、いざ自分たちがプリペアドピアノをやってみる段になってどうしようもなくなり、思い余ってそこで悠治さんに「今度プリペアドピアノをやろうと思っているんですが何かアドバイスをください」とかなんとか聞いてみたのだった。悠治さんは階段上の手すりにもたれて煙草を吸いながら、「すご〜く優しい響きを作るんだよ……」と一言返してくださったのだった。

クラヴィア・ガムランとも鍵盤打楽器とも言われるプリペアドピアノは、得てして攻撃的な音作りや演奏をしたくなる、あるいは求めるものだと思いがちだが、あにはからんや、そうではなかった。それ以来、私はプリペアドピアノはそのような音で鳴らすべきだし、そういう音で聞きたいと信じ込んできた。

ところがどうだ! コンサート会場で私が聞いた、稲垣+中川ペアの演技(?)は、もうハラワタよじれまくりのものすごいイキの良さでぴちぴちしていて、狂暴ともいえる第3楽章においては涙が飛び散るほど腹を抱えてしまった。いっしょに聞いていた幸子はもう稲垣氏の大ファンになってしまい、その動きそのリズムそしてそのフレージングの巧みな流れに家に帰ってからもずっとその話ばかり。

思いさめやらずムジクケラーに連絡して「どうしても録音が欲しい」と伝えたところ、CDにしてみようと思っているのでちょっと待っててくださいとの返事。まつこと8ヶ月、ついに出来上がったCDを手にして、感慨無量、感無量。ライブ録音なので音場が少し遠いけれど、観客席にいるつもりで聞くといい感じ。もちろん、他の収録曲も名演なのだが、とにかく「3つのダンス」につきますな、これは。

この曲にはLP時代からいろいろな録音が出ていたけれど、最も有名なやつはマイケル・ティルソン・トーマスとかフィリップ・グラスが参加していたスティーブ・ライヒの「4台のオルガン」のB面テイク。野蛮というかどかちゃかすちゃらかでたいへん気分がいいのだけれど、笑いを誘発する盛り上がりはなかった。……というわけで、このNO!MAD?版は買い。絶対買い。とにかく買い。

曲についてちょっとだけ。11はアンコールで、サティの「お前が欲しい」をまずノーマルピアノで演奏し、途中で楽譜を持ってプリペアドピアノに走り込んでそれで弾くと、おお、妙なる調べが、という趣向。やはり1983年、大学でのプリペアドピアノのレクチャーコンサート「ピアノの陵辱」をやったとき、終わったあとにプリペアドピアノでラジオ体操第1をやったのを思い出した。背伸びの運動をしながら笑うのは腹筋によくない。

*入手方法 大手レコード店になんとか卸したいということだったが、一番手っ取り早いのは事務所に連絡をして送ってもらうこと。まずはムジクケラーにメールを出そう。在庫はまだあるそうだ。

1999.12.12記

pagetop



text by 川村龍俊 KAWAMURA, Tatsutoshi home